ニュース
» 2013年05月23日 15時25分 公開

米Amazon、ファンが二次創作を公認で販売できるサービス「Kindle Worlds」発表

「Kindle Worlds」では、Amazonがライセンスを得た作品について、ユーザーが二次創作作品を販売して印税を受け取れる。

[ねとらぼ]

 米Amazon.comは5月22日、ユーザーがファンフィクション(二次創作作品)を出版して印税を受け取れるサービス「Kindle Worlds」を発表した。

Kindle Worlds

 同サービスでは、ユーザーが小説や映画、ドラマなどの世界をベースにした二次創作作品をKindle Storeで0.99〜3.99ドルで販売できる。執筆者と権利者の両方に印税が払われ、1万語以上の作品の場合、執筆者の取り分は売り上げの35%。5000〜1万語の短い作品向けの実験的サービスも提供する予定。こうした短い作品は1ドル未満の価格で販売され、執筆者には売り上げの20%が支払われる。

 Kindle Worldsで販売できるのは、Amazon.comがライセンスを獲得した作品の二次創作作品に限られる。同社はWarner Bros.傘下のAlloy Entertainmentと契約を結んでおり、「Gossip Girl」「Pretty Little Liars」「Vampire Diaries」が対象作品となっている。対象作品は今後追加する予定。

 また二次創作作品の内容に関してはガイドラインがあり、ポルノや過度に暴力的な作品、クロスオーバー(複数の作品の世界をまたぐもの)、法律に違反する作品などは禁止となっている。意図的に誤解させるタイトルなど、読者の体験を損なう作品はAmazonが却下することもある。

 作品の権利については、二次創作作品に執筆者が独自に盛り込んだ要素は執筆者が著作権を持つと規定されている。執筆者はこの独自要素をAmazonに独占的にライセンスすることを認め、Amazonは権利者が独自要素を(執筆者に報酬を払わずに)利用することを認める。

 Kindle Worldsは6月にスタートし、米国向けのサービスとなる。

関連キーワード

Kindle | Amazon | 2次創作


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. Excel上で「ドラクエ3」を再現した勇者に「最大の変態」「控えめに言って天才」と称賛 一体どうやって?
  3. 「降板を言い渡されて……」 小林麻耶、「グッとラック!」でのいじめを“笑顔”で主張 事務所とも突然の契約終了
  4. オンラインクレーンゲーム「トレバ」、景品獲得されそうになると“スタッフが裏操作”していたと発覚 被害者と運営会社を取材
  5. 加藤紗里、カフェ店員の前でパンケーキをたたきつぶす 衝撃動画に「これは笑えない」「何がしたいのか分からない」
  6. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  7. 「落選が内定」と開き直る金爆に「不甲斐ない」とAKB、謝罪する演歌歌手も 紅白出場逃した歌手の嘆き
  8. タイツメーカーのアツギ、「タイツの日」PRイラストで炎上 絵師25人以上とコラボ 「性的搾取」など関連ワードがTwitterトレンド席巻
  9. 「とうとうその日が来た」 AKB48、紅白落選で衝撃 メンバーは“言い訳のできない現実”を受け止める
  10. Koki,&cocomi、若かりし父・木村拓哉とのラブラブショットで48歳バースデーを祝福 「いつまでもカッコイイ父上でいてください」