ニュース
» 2013年05月23日 15時25分 公開

米Amazon、ファンが二次創作を公認で販売できるサービス「Kindle Worlds」発表

「Kindle Worlds」では、Amazonがライセンスを得た作品について、ユーザーが二次創作作品を販売して印税を受け取れる。

[ねとらぼ]

 米Amazon.comは5月22日、ユーザーがファンフィクション(二次創作作品)を出版して印税を受け取れるサービス「Kindle Worlds」を発表した。

Kindle Worlds

 同サービスでは、ユーザーが小説や映画、ドラマなどの世界をベースにした二次創作作品をKindle Storeで0.99〜3.99ドルで販売できる。執筆者と権利者の両方に印税が払われ、1万語以上の作品の場合、執筆者の取り分は売り上げの35%。5000〜1万語の短い作品向けの実験的サービスも提供する予定。こうした短い作品は1ドル未満の価格で販売され、執筆者には売り上げの20%が支払われる。

 Kindle Worldsで販売できるのは、Amazon.comがライセンスを獲得した作品の二次創作作品に限られる。同社はWarner Bros.傘下のAlloy Entertainmentと契約を結んでおり、「Gossip Girl」「Pretty Little Liars」「Vampire Diaries」が対象作品となっている。対象作品は今後追加する予定。

 また二次創作作品の内容に関してはガイドラインがあり、ポルノや過度に暴力的な作品、クロスオーバー(複数の作品の世界をまたぐもの)、法律に違反する作品などは禁止となっている。意図的に誤解させるタイトルなど、読者の体験を損なう作品はAmazonが却下することもある。

 作品の権利については、二次創作作品に執筆者が独自に盛り込んだ要素は執筆者が著作権を持つと規定されている。執筆者はこの独自要素をAmazonに独占的にライセンスすることを認め、Amazonは権利者が独自要素を(執筆者に報酬を払わずに)利用することを認める。

 Kindle Worldsは6月にスタートし、米国向けのサービスとなる。

関連キーワード

Kindle | Amazon | 2次創作


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 「ブス、死ね」 りゅうちぇる、心ない言葉への返答が感銘を呼ぶ 「心もイケメン」「りゅうちぇるのおかげで自己肯定感上がった」
  2. 小林礼奈、4歳娘を連れて夕食中に客とトラブル 痛烈コメント受けて「私たち親子を悪にしたい人がいる」
  3. 熊田曜子、“離婚決意”後初の動画で銀座ホステスに 「極妻」の不用意発言に苦言も
  4. 「お」「ま」「ち」「こ」「う」「ん」の文字が書かれたダイスを振って役を作る神ゲー「んこダイス」登場 → 「ドラクエ」を抜いてSteam売上1位に
  5. 注射前は“無”の表情だったワンコ、帰りの車では…… 無敵になったワンコの表情ビフォーアフターが面白い
  6. めちゃくちゃ煽ってくる「GR スープラ」を捉えた1枚の写真が話題に モニターに映し出される「ようこそ、親の脛かじりさん」イタズラ 仕掛け人は父親
  7. 美術館に侵入する黒猫と警備員の攻防戦、4年の時を経て…… 「また来たニャ」な猫ちゃんと優しいスタッフのやりとりがあたたかい
  8. 子猫「おねがい、おねがい!」 ごはんの前でおねだりをする子猫ちゃんがかわいい!
  9. 山に捨てられていたワンコを保護→2年後…… “すっかり懐いたイッヌ”の表情に「爆笑した」「かっこよすぎ」の声
  10. 「1万曲入りiPodをオークションに出したら飛ぶように売れた」 宮下崇『連続起業家のTHEORY』が物議、会社側は「事実確認中」

先月の総合アクセスTOP10