ニュース
» 2013年10月16日 21時04分 公開

Google Earthのおかげで故郷へ 26年前に迷子になった男性の実話をGoogleが紹介

インドに住んでいた5歳の少年が26年前に迷子に。故郷をGoogle Earthで特定し、家族と再開できたそうです。

[ねとらぼ]

 「Google Earthのおかげで故郷へ帰ることができた」――Googleは10月16日(日本時間)、インターネットサービスが可能にした1つのエピソードを公式ブログで公開しました。YouTubeに動画もアップしています。

 1986年のこと、インドに住んでいた5歳の少年(Saroo Munshi Khan)が迷子になりました。彼は物乞いをするために兄と地元駅に来ていたところ、うっかり停止していた列車の中で眠ってしまったのです。目が覚めると全く知らない場所にいた彼は、結局コルカタへたどりつき数週間の路上生活を経て、孤児のための施設で暮らすことになります。

 翌年、オーストラリア人夫妻に引き取られてオーストラリアに移住。新しい家族、国籍、名前(Saroo Brierley)を得て、生活が劇的に変化します。経済面でも成功を果たしました。しかし、故郷のことはずっと忘れられず、ぼんやりとした記憶を頼りに探し続けていたそうです。

 2011年のある日、ついにGoogle Earthによって故郷の特定に成功します。衛星写真から迷子になった“カンドワ駅”を発見したのです。空中から景色を辿れることは「まるでスーパーマンのようだった」とコメントしていました。また、町のFacebookグループに参加することで、現地の情報を得ることができたそうです。

画像 ついに特定

 そして、2012年にオーストラリアから故郷のカンドワへと出発します。このことは、故郷探しを手伝ってくれた現地メンバーに伝えていたため、カンドワに到着すると、母親や生き延びた兄妹たち(一緒に駅にいた兄は列車にひかれて亡くなった)と26年ぶりに再会することができました。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2105/13/news131.jpg 「なんて品の無い番組だろう」 光浦靖子、手作りした作品を笑い飛ばした番組演出にファンから怒りの声
  2. /nl/articles/1607/05/news111.jpg TBS、「行き過ぎた編集」で謝罪 バラエティー番組で出演者の姿を意図的に消すなどしていた問題
  3. /nl/articles/2105/13/news008.jpg 「子猫とは思えない」「前世はゴルゴかな?」 飼い主を起こしに来た子猫の表情が“必殺仕事人”の貫禄
  4. /nl/articles/2105/13/news014.jpg サーバーに魔よけのお札を!? 神頼みのIT企業描くギャグ漫画に「案外ウソでもない」と業界から証言
  5. /nl/articles/2105/12/news162.jpg 「USB 3.0機器はゆっくり差すと2.0、素早く差すと3.0として認識される」って本当? →メーカー「本当です」
  6. /nl/articles/2105/13/news011.jpg 夜にキッチンの窓から見た人影 振り返ってみると恐ろしかった出来事を描いた漫画がゾクッとする
  7. /nl/articles/2104/30/news103.jpg TBS「クレイジージャーニー」“ヤラセ発覚”から1年半ぶりに復活 「めっちゃ嬉しい!」「レギュラー復活を」と喜びの声あがる
  8. /nl/articles/2105/13/news105.jpg 【ぞっとする実話】泥酔したとき友だち面したおじさんに連れていかれそうになるも、介抱してくれた人が放った一言で見事に追い払った
  9. /nl/articles/2105/13/news015.jpg なぜ猫は何年たってもかわいいのか?→“猫に記憶を消されている説” 飽きない理由を描いた漫画に「すげえ納得した」の声
  10. /nl/articles/2105/12/news019.jpg トイレから戻ったら「猫がオンライン会議してた」 真剣な表情で参加するエリート猫ちゃんがかわいい

先週の総合アクセスTOP10