ニュース
» 2013年11月26日 17時48分 公開

立命館大がネット乞食はじめたぞードドドド 「炎上狙い」でアクセス稼ぐまとめサイトと、まんまとそれに踊らされる人たち編集部通信

おまえら釣られすぎですよ、という話。

[池谷勇人,ねとらぼ]

 立命館大学ゲーム研究センターが古いゲームの寄付を募り「炎上」していた件で、ゲーム研究者の井上明人氏が「立命館大学『ゲーム資料現物寄付』のページは、なぜ炎上してしまったか」という記事をYahoo!ニュースに寄せています。




「こいつら何様」「ただの物乞い」と炎上

 同センターの活動・呼びかけについては別の記事で紹介したとおりですが(関連記事)、一方、2ちゃんねるやまとめサイトではこれを「立命館大学『昔のゲームソフト・本体・攻略本下さい。汚いのやダブリは要らないです。送料は負担ヨロシク』」といった見出しで紹介。これがきっかけとなって、公式サイトのコメント欄にまで、「こいつら何様なんだ?」「ただの物乞い」「とっととつぶれろ」といった非難のコメントが多数寄せられる形となっていました。

 確かに、元のエントリにも説明不足な点はあったかもしれません。井上氏の説明を要約すると、「近ごろ着払いで不要なゲームを送ってれる人がいるんだけど、さすがに無断でいきなり着払いは困る」という事情が背景にあり、今後問題が大きくならないためにも「あらためてしっかり説明しておこう」というのが記事の趣旨だったそうですが、元の文章からでは、このニュアンスはあまり伝わってきません。同センターもこれは認めているようで、現在は「下記の募集要領は、本センターへの現物寄付をお考えいただいている方々に対してのご案内になります」とのコメントを追記しています。


画像 サイトに寄せられたコメントの一部


そもそも立命館大はそんなこと言ってない

 ただ、ネットで叩かれているような「上から目線」「物乞い」といった姿勢が、本当にセンター側にあったかは疑問です。そもそも「上から目線」だと受け取られた一番の原因は、2ちゃんねるやまとめサイトの「立命館大学『昔のゲームソフト・本体・攻略本下さい。汚いのやダブリは要らないです。送料は負担ヨロシク」という見出しではないでしょうか。







 言うまでもなく、この「昔のゲームソフト・本体・攻略本下さい。汚いのやダブリは要らないです。送料は負担ヨロシク」発言は、あくまで元記事の「要約」(それもかなり作為的にねじ曲げられた)であり、立命館大がこれを実際に発言したわけではありません。こういう「実際には言っていないのにあたかも発言したかのように書く」メソッドで読者を釣るのはまとめサイトがよくやる手口ですが、これは言い換えれば「発言のねつ造」であり、悪質な印象操作だとも言えます。

 ついでに補足しておくと、デジタルゲームはその性質上、古いソフトはハードの世代交代とともに次々切り捨てられてしまうため、他のメディア以上に「アーカイブ化」が急務だと言われています。今こうしている間にも、メディアやハードの劣化・故障により古いゲームは“物理的に”遊べなくなっていっており、こうした消えゆくゲームをきちんと保管し、後世に残しておくためにも、同センターのような試みはもっと評価されるべきでしょう。無料で寄付を募っていることに対する批判もありますが、貴重なゲームを個人レベルで保管し続けるには相応のコストがかかりますし、中には自分のゲームがアーカイブの一部として永久に残ることに価値を見出す人もいるはずです。いずれにしても今回の「炎上」は、2ちゃんねるやまとめサイトの「スレタイ」の操作によるところが大きかったのではと思います。

 さて、ところで本当の「ネット乞食」とは誰だったのかな?



Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 上野樹里、“娘”の誕生日に愛情たっぷり手作りオムライス公開 「がんばろうね ママより」と祝福メッセージ
  2. 石橋貴明&鈴木保奈美が離婚報告 今後は“事務所社長と所属俳優”として「新たなパートナーシップ」構築
  3. 元ブルゾンちえみ・藤原史織、最新ショットに反響 「更に痩せた?? 可愛すぎる」「素敵です!! 足細いですね」
  4. 「美容師人生の集大成を見せる」 タンザニアハーフ女子を縮毛矯正したら「美容師ナメてた」「人生変わるレベル」と360万再生
  5. 出勤時、妻にいつになく強く抱きしめられた夫→妻が家に帰ってくると…… 何気ない日常を描いた漫画にツッコミつつもジーンとする
  6. 怒られたシェパード、柴犬の後ろに隠れたけど…… でっかくて丸見えなしょんぼりワンコが応援したくなる
  7. 塚本高史、中2長女&小6長男の背の高さに驚き 「なんじゃこいつらの成長の早さは!」「俺身長抜かれるんか?」
  8. 「声出して笑った」「狂人度高くて好き」 自転車泥棒を防ごうと不吉そうな箱を自作→まさかの結末迎える漫画が話題に
  9. 石橋貴明の娘・穂乃香「お父さん大好き」 幼少期キスショット公開し「愛されてますね〜」「ステキな写真!」と反響
  10. 基地で生まれ育った子猫、兵士が足踏みすると…… まねをして一緒に行進する姿がかわいい

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「産んでくれた親に失礼」「ちょっと我慢できません」 上原浩治、容姿批判のコラム記事に不快感あらわ
  2. ホワイトタイガー「あっ、落としてもうた」 うっかり子どもを落とした母と、落ちてゆく子どもの表情がじわじわくる
  3. がん闘病の大島康徳、肝臓に続いて肺への転移を告白 息苦しさに悩まされるも「大して成長してない」
  4. 「目パッチリです」 宮迫博之、最高難度の美容整形を決行 クスリ疑惑もたれたクマやほうれい線の一掃で“別迫”に
  5. 石橋貴明の娘・穂乃香「お父さん大好き」 幼少期キスショット公開し「愛されてますね〜」「ステキな写真!」と反響
  6. 大島康徳、ステージ4のがん闘病でげっそり顔痩せ 相次ぐ通院に「正直かなりしんどかった」
  7. 山に捨てられていたワンコを保護→2年後…… “すっかり懐いたイッヌ”の表情に「爆笑した」「かっこよすぎ」の声
  8. 「ブス、死ね」 りゅうちぇる、心ない言葉への返答が感銘を呼ぶ 「心もイケメン」「りゅうちぇるのおかげで自己肯定感上がった」
  9. 『はらぺこあおむし』の版元、毎日新聞の風刺漫画を批判 「おそらく絵本を読んでいない」
  10. 小林礼奈、4歳娘を連れて夕食中に客とトラブル 痛烈コメント受けて「私たち親子を悪にしたい人がいる」