ニュース
» 2013年12月27日 10時32分 公開

艦これ艦娘“戦歴的”プロフィール「高雄」編バカめといいたい理由はたぶんこれ

きっとたぶんもしかしてひょっとすると鳥海と仲が悪い。

[長浜和也,ねとらぼ]

今度は私が言って、あ・げ・る(はぁと)

 重巡洋艦「高雄」は、高雄型一番艦にして、1932年5月31日横須賀海軍工廠(こうしょう)の生まれ。兵装配置はその前の妙高型とほぼ共通なれど、主砲の仰角が75度までそそり立つため対空射撃も可能と判断し、新造当初の搭載高角砲は単装4基と妙高型の半分となった。

艦隊これくしょんの「高雄」

 高雄型の見た目といえば、なんといっても“大きな艦橋”だ。日本人としては“城郭”のような美しさも外国人が見ると「カバのような姿」となる。妙高型と比べて「容量3倍」となった理由は、砲戦水雷戦各種指揮所を高い位置に集約することと、艦隊旗艦に対応できる規模の司令部付属設備を収容するためとされている……が、そのほかにも艦の重要部分の長さを短くするため、艦橋の下4層分に煙突を組み込んでしまっているのもでかくなった理由の1つだ。

 艦橋の中に煙突があるわけで、夏の南方海域における艦橋の暑さは“気が狂いそう”になるほどで、そういう厳しい状況での演習中に、当時高雄が所属していた第4戦隊旗艦「鳥海」に乗っていた参謀長が自ら隊内無線電話を手に「高雄の艦長バカ、高雄の艦長バカ」と発信するやり取りがあったことを、当時鳥海艦橋でこの場面を目撃していた近藤太氏が手記(「海軍特務士官の記録 4等水兵から大尉までの17年間」)で紹介している。艦これの高雄が「(今度は私が)バカめ、と言って差し上げますわ!」というのは、このエピソードがベースになっている可能性が高い。

 ちなみに、高雄は、同じ高雄型4姉妹と第4戦隊を編成していたが、行動をともにするのは「愛宕」だけで、たまに摩耶と組むときがあったものの、「鳥海」とはほとんど一緒に行動していない。4姉妹の全員が行動をともにした数少ない機会がレイテ沖海戦だったが、出撃翌日に高雄は愛宕と摩耶とともに潜水艦の雷撃を受けて、愛宕と摩耶は沈没、何とか助かった高雄はその後、行動不能のまま終戦まで生き残る。潜水艦の攻撃を免れた鳥海も翌々日に敵の航空攻撃で沈没してしまう。この4姉妹、実は一緒にしないほうが“なにかと”よかったのかもしれない。

 高雄が経験した最も激しい海戦は、やはり愛宕とともに戦った第三次ソロモン海戦第2次戦闘だろう。この戦いで、高雄は愛宕と霧島とともに、敵戦艦「サウスダコタ」「ワシントン」と激しい砲撃戦を繰り広げた。戦闘開始時は右舷反航戦で砲雷撃を行い、霧島が戦闘不能になったあとは、反転して左舷同航戦で、戦艦2隻を撃退した。「右舷の敵艦を叩いて!」の艦これ台詞は、このときの戦闘開始時における右舷反航戦を表しているのかもしれない。

第三次ソロモン海戦第2次戦闘をボードウォーゲーム「アイアンボトムサウンド」(クォーターデッキ/ホビージャパン)で再現した。反航で接近した霧島、愛宕、高雄と敵戦艦が距離6000(メートル)で激しく撃ち合う。わずか10分間の戦闘で霧島とサウスダコタは戦闘不能になった(写真=左)。霧島は沈没寸前、サウスダコタは退却、ワシントンは単独で戦闘を継続し、愛宕と高雄は砲雷撃で反撃。ワシントンを撃退した(写真=右)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2201/24/news081.jpg 「めっちゃ痩せててびっくり」「尊敬しかない」 ガンバレルーヤ、1カ月半で“22キロ減”の別人ショットに反響
  2. /nl/articles/2201/25/news024.jpg 「抱っこされる時のおててが可愛すぎる」 猫ちゃんが両前足をおなかの上でそろえる姿にもだえる人続出
  3. /nl/articles/2201/25/news097.jpg 「かつみ・さゆり」さゆり、美肌極まる“ナチュラルメイク”姿に反響 「本当に奇跡の50代」「めっちゃ綺麗!!」
  4. /nl/articles/2201/25/news036.jpg 【漫画】妻から夫へ「私が100回言っても聞かないのに他人が言うと一発」 夫婦の会話の攻防に「いいね100万回押したい」
  5. /nl/articles/2201/25/news093.jpg 工藤静香、愛犬バブルが腕の中で天国へ 病魔と闘い抜いた家族との別れに「辛過ぎますが愛している証」
  6. /nl/articles/2112/21/news078.jpg 和田アキ子、“美人で有名”なめいっ子と偶然再会 芸能人並の顔立ちにファン沸く「きれい」「かわいい」
  7. /nl/articles/2201/25/news110.jpg トンガに物資を運ぶ自衛隊員の“ステキなアイデア”にジーンとくる…… 「お疲れ様です」「泣けてきました」と称賛の声
  8. /nl/articles/2201/25/news177.jpg 犬の散歩中に野生のコヨーテに遭遇! 米俳優、とっさの行為が「愛犬家の鑑」「スーパーヒーロー」と称賛
  9. /nl/articles/2201/24/news035.jpg 「みんなのパピー時代見せて」 愛犬のかわいい写真を投稿→ぶっこまれたオチが「この破壊力w」と爆笑を巻きおこす
  10. /nl/articles/2201/25/news145.jpg 競泳・池江璃花子、ヘアカットでばっさりショートに 抗がん剤治療後のくるくるヘアにも「可愛い」の声

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「どん兵衛」新CMに星野源が復活も衝撃の新展開 “どんぎつね”吉岡里帆の正体明かされ「完全なホラー案件」「狂気を感じる」
  2. ハラミちゃん、“公称145センチ”も本当の身長にゴチメンバー驚き 「デカイっていわれるのが嫌になっちゃって……」
  3. 西川史子、退院を報告 「生きていて良かったと思っていない」と告白も、力強い現在の心境明かす「私は医師です」
  4. 「もうアヒル口」「美人確定ですね!」 板野友美、生後2カ月娘の“顔出しショット”にみんなメロメロ
  5. 「気ぃ狂いそう」 木下優樹菜、生配信中止で“涙のおわび動画” やらかしたスタッフに「生きてたらミスぐらいする」
  6. 東大王・鈴木光、“お別れの笑顔”で司法試験合格を報告「本当にありがとうございました」 SNS閉鎖に涙のエール続々
  7. 「こんな普通に現れるの?!」「バレそうで心配」 倖田來未、駅のホームに“普通に並ぶ”姿にファン驚き
  8. 母親から届いた「もち」の仕送り方法が秀逸 まさかの梱包アイデアに「この発想は無かった」「どストレートに餅で笑った」と称賛集まる
  9. 第1子妊娠のすみれ、母・松原千明と2年ぶりに涙の再会 「やっとママに会えました」と感動的な親子ショット公開
  10. 渡辺裕之、66歳バースデーで息子と2ショット 合同誕生日会に「すごいお料理とケーキ」「イケメン息子さん」