ニュース
» 2014年02月17日 21時47分 公開

「アニメ不毛の地」の現実 なぜ静岡は「キテレツ」「ONE PIECE」を延々再放送するのか? 編成担当者が語った理由とは編集部通信

ちゃんと理由があったのでした。

[池谷勇人,ねとらぼ]

 アニメ不毛の地・静岡でまた新たな伝説が生まれてしまったようです。テレビ静岡は2月14日で、これまで平日夕方に放送していた「ONE PIECE」の再放送をいったん終了、後番組として2月17日から「ONE PIECE」の再放送をスタートしました。な、何を言ってるかわからねーと思うが……(略)。


画像 「ワンピース」再放送についてのお知らせ

 よく分からなかった人のためにもう一度説明しますが、つまり「ONE PIECEが終わったと思ったらまた1話からはじまった」ということです(そのままだった)。「階段を下りたと思ったら登っていた」並に意味不明ですが、残念ながらこれが静岡の現実……! テレビ静岡のサイトによると、放送終了は「放送権利の都合で」とのことですが、なぜそれをまた最初から放送する! ネットでは「なにそのループww」「第2のキテレツか」などのツッコミが相次ぎました。

 ちなみに再放送終了時点で第578話(魚人島編のラスト)まで進んでおり、また1話から放送しなおしたとしたらほぼまる2年は続けられる計算です。なおテレビ静岡では日曜午前にも「ONE PIECE」を放送していますが、こちらは最新話をリアルタイムで放送中。今回新ループに突入したのは、平日夕方の「再放送枠」の方となっています。



なぜまた1話から? 編成担当に聞いてみた

 もともと静岡はテレビ東京系列がなく、深夜アニメがほとんど放送されないことから、ネットでは「アニメ不毛の地」と呼ばれていました。また同じアニメをやたら繰り返し放送することでも有名で、「静岡=アニメはキテレツ大百科のみ」「静岡県民はキテレツに洗脳されている」などとネタにされることもしばしば……。



 それにしても、なぜ静岡では同じアニメばかり延々放送するのか? 筆者も静岡出身なのでよく分かりますが、確かに静岡の「キテレツ」放送率は異常(今はもう終わっちゃったけど)。別のアニメを挟むという選択肢はなかったのか? いろいろ気になったので、テレビ静岡の編成担当者に聞いてみました。

「もともとあそこ(平日夕方)は『夕方のアニメ再放送枠』として昔から続いている枠だったんです。ただ最近はアニメも厳しくなってきていて、あの時間帯のアニメもなかなか視聴率が取れなくなってきた。そうした状況の中で、みなさんに支持されているもの、楽しんでいただけるものをと考えた結果、やっぱり『ONE PIECE』ということになったんです」(テレビ静岡 編成担当者)

 結局のところは「視聴者のニーズに合わせた結果」ということらしい。最近では再放送の効果もあって「平日夕方はONE PIECE」という習慣が子どもたちの間でも定着してきているそう。もちろん別のアニメを望む声があるのも理解はしているものの、「それ以上にONE PIECEのニーズが大きい」というのが最大の理由のようです。

 また、静岡が「アニメ不毛の地」と呼ばれていることについては「知っています(笑)」と担当者。キテレツ大百科についても聞くと「あの頃とは担当が変わってしまっているため推測ですが、視聴者のニーズを第一に考える、というのは昔から変わっていないはずです。キテレツ大百科が多く放送されていたのも、それだけ反応が良かったからなのでしょう」とのことでした。キテレツ、そんなにニーズあったのか……。



アニメはアイデンティティ アニメ枠を守りたいからこそ

 話を聞いていて印象に残ったのは、「(テレビ静岡としては)決してアニメをおろそかにしているわけではありません」という言葉でした。

 もともと静岡はテレビ東京やTOKYO MXといったアニメに強い系列局がなく、アニメ文化が根付きにくい。加えて昨今ではますますアニメが厳しくなってきており、昔は1時間だった「夕方枠」も、今では30分に縮小されてしまいました。そんな中でも、子どもたちに親しまれている「夕方枠」を続けていくには、視聴者のニーズに合わせ、結果を出していくしかない。「ONE PIECE」再放送は、夕方枠を守るための精いっぱいの努力でもあったのでした。

 もちろん「ノイタミナ」などフジテレビ系列のアニメは基本すべて放送する方針。また「カードファイト ヴァンガード」や「たまごっち」「ダンボール戦機」など他系列のアニメでも、子どもたちに人気のあるものはなるべく放送権利を買い取り放送するようにしているそうです。「むしろアニメは(テレビ静岡の)アイデンティティだと思っています」と担当者。

 「アニメ不毛の地」とネットでは揶揄(やゆ)されがちな静岡県ですが、その裏には編成担当の人知れぬ苦労とこだわりがあったのでした。


画像 テレビ静岡の週間番組表。昔の「夕方枠」は1時間でしたが、今では30分に……

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2207/03/news042.jpg 高木菜那、30歳の誕生日に“イケメン”ショット かき上げ赤リップに「誰だ!? この色男!!」「ヴィジュアル系みたい」
  2. /nl/articles/2207/03/news051.jpg 元キャバ嬢・エンリケ、短期間の6キロ減で「初の救急搬送」 “無理な食事制限”で卒倒 「身体に負担かけてた」
  3. /nl/articles/2206/28/news176.jpg 「別れても好きな人」の歌詞通り渋谷から歩いたらどうなる?→約16キロの過酷な道程が発覚、驚きと笑いを呼ぶ
  4. /nl/articles/2207/02/news083.jpg 木村多江、土屋太鳳からの直筆手紙に喜び 特徴的な“フォント風文字”に「誠実ですね!」「字でわかる」の声
  5. /nl/articles/2207/03/news003.jpg 塀に並んだハスキー型のマスク、よく見てみると…… 本物のハスキーがのぞいている姿に「作った人は天才w」の声【英】
  6. /nl/articles/2207/03/news009.jpg 飼い主のごはんを見たワンコ→「これと交換どうですか?」 食べかけのおやつで物々交換をねだる賢さに称賛の声
  7. /nl/articles/2207/02/news073.jpg 桃井かおり、「GLAY」TAKURO夫婦とLAで遭遇 豪華ショットに「スターがスターにバッタリ」「凄すぎる〜!」
  8. /nl/articles/2206/28/news144.jpg なでなでしていたら突然スズメが豹変して……? “鳥がいかに理不尽かが良くわかる動画”に共感の声
  9. /nl/articles/2207/02/news066.jpg 香取慎吾&草なぎ剛、少しいいとこ住んでそうな“阿佐ヶ谷姉妹風”ショット 「クオリティー高い!」「違和感なさすぎ」
  10. /nl/articles/2207/02/news001.jpg お兄ちゃん猫が、子猫をぎゅっと抱きしめてすやすや 2匹とも幸せそうな寝顔に「幸せ涙が溢れてくる」の声

先週の総合アクセスTOP10

  1. めちゃくちゃ目立ちそう! 元俳優・成宮寛貴、ほぼ変装なしのディズニーシーに現れた姿がオーラだだ漏れ
  2. 尼崎市が全市民情報流出の会見でUSBのパスワード桁数を言ってしまいネット総ツッコミ 「情報セキュリティの教材か?」「やらかし重ねてるの面白かった」
  3. 1匹の子猫を保護すると……草むらから子猫の群れが! 助けを求める様に寄ってくる姿がいじらしい【米】
  4. 入院中の堀ちえみ、クレーム電話連発する“心ない人物”に苦悩 顔も知らない相手に「人生を阻まれてしまいます」
  5. よそ者には厳しい甲斐犬が、家族と認めた子柴犬を…… 全力で守る姿に「深い愛情に泣ける」「誠実さがかわいい」
  6. パパ、10時間ぶりの帰宅でワンコの感情が…… 大爆発!!→体当たりするゴールデンレトリバーがいとおしい
  7. YOSHIKI、母親の四十九日で生まれ故郷へ 喪服姿で悲しみを吐露「I miss my mother」
  8. 「私はどん底に居ました」 小林麻耶、妹・麻央さんの命日に思い吐露「真実を伝えるしかないと死を考えたことも」
  9. ちょっと窓を閉めただけで、ゴールデンレトリバーの表情が…… この世の終わりのようなお顔が抱きしめたくなる
  10. 柴犬が散歩中、ノラの子猫たちに囲まれて…… 迫力におされて全く進めない姿が応援したくなる

先月の総合アクセスTOP10

  1. 有料スペースに乱入、道具を勝手に持ち出し…… 関電工労組の関係者がキャンプ場でモラルを欠く行為、Twitterでユーザーが被害を投稿
  2. 「皆様のご不満を招く原因だった」栗山千明、“百万石まつり”の撮影禁止騒動を謝罪 観客は「感謝しかありません」
  3. ダルビッシュ有&聖子、14歳息子のピッチングがすでに大物 「球速も相当出てる」「アスリート遺伝子スゴい」
  4. 息子を必死で追いかけてきた子猫を保護→1年後…… 美猫に成長したビフォーアフターに「幸せを運んできましたね」の声
  5. 野口五郎、20歳になったピアニストの娘と乾杯 「娘はカシスソーダ! 僕はハイボール!」
  6. 「めっちゃ恥ずかしい」 平嶋夏海、魅惑の「峰不二子スタイル」で橋本梨菜とお色気ツーリング 「すごいコラボやなぁ」の声
  7. ニコール・キッドマン、ネットで酷評された“54歳の女子高生”スタイルの真相を語る 「何考えてたんだろう?」
  8. 坂口杏里さん、夫の鍛え上げた上腕に抱きつくラブラブ2ショット 「旦那は格闘技もやってるから、ムキムキ」
  9. 大家に「何でもしていい」と言われた結果 → 台所が隠れ家バー風に! DIYでリフォームした部屋の変化に驚きの声
  10. 猫にボールを投げた飼い主さん、“1時間全力謝罪”する事態に!? 顔面直撃した猫の表情に「笑っちゃいました」