ニュース
» 2014年02月17日 21時47分 公開

「アニメ不毛の地」の現実 なぜ静岡は「キテレツ」「ONE PIECE」を延々再放送するのか? 編成担当者が語った理由とは編集部通信

ちゃんと理由があったのでした。

[池谷勇人,ねとらぼ]
※本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています

 アニメ不毛の地・静岡でまた新たな伝説が生まれてしまったようです。テレビ静岡は2月14日で、これまで平日夕方に放送していた「ONE PIECE」の再放送をいったん終了、後番組として2月17日から「ONE PIECE」の再放送をスタートしました。な、何を言ってるかわからねーと思うが……(略)。


画像 「ワンピース」再放送についてのお知らせ

 よく分からなかった人のためにもう一度説明しますが、つまり「ONE PIECEが終わったと思ったらまた1話からはじまった」ということです(そのままだった)。「階段を下りたと思ったら登っていた」並に意味不明ですが、残念ながらこれが静岡の現実……! テレビ静岡のサイトによると、放送終了は「放送権利の都合で」とのことですが、なぜそれをまた最初から放送する! ネットでは「なにそのループww」「第2のキテレツか」などのツッコミが相次ぎました。

 ちなみに再放送終了時点で第578話(魚人島編のラスト)まで進んでおり、また1話から放送しなおしたとしたらほぼまる2年は続けられる計算です。なおテレビ静岡では日曜午前にも「ONE PIECE」を放送していますが、こちらは最新話をリアルタイムで放送中。今回新ループに突入したのは、平日夕方の「再放送枠」の方となっています。



なぜまた1話から? 編成担当に聞いてみた

 もともと静岡はテレビ東京系列がなく、深夜アニメがほとんど放送されないことから、ネットでは「アニメ不毛の地」と呼ばれていました。また同じアニメをやたら繰り返し放送することでも有名で、「静岡=アニメはキテレツ大百科のみ」「静岡県民はキテレツに洗脳されている」などとネタにされることもしばしば……。



 それにしても、なぜ静岡では同じアニメばかり延々放送するのか? 筆者も静岡出身なのでよく分かりますが、確かに静岡の「キテレツ」放送率は異常(今はもう終わっちゃったけど)。別のアニメを挟むという選択肢はなかったのか? いろいろ気になったので、テレビ静岡の編成担当者に聞いてみました。

「もともとあそこ(平日夕方)は『夕方のアニメ再放送枠』として昔から続いている枠だったんです。ただ最近はアニメも厳しくなってきていて、あの時間帯のアニメもなかなか視聴率が取れなくなってきた。そうした状況の中で、みなさんに支持されているもの、楽しんでいただけるものをと考えた結果、やっぱり『ONE PIECE』ということになったんです」(テレビ静岡 編成担当者)

 結局のところは「視聴者のニーズに合わせた結果」ということらしい。最近では再放送の効果もあって「平日夕方はONE PIECE」という習慣が子どもたちの間でも定着してきているそう。もちろん別のアニメを望む声があるのも理解はしているものの、「それ以上にONE PIECEのニーズが大きい」というのが最大の理由のようです。

 また、静岡が「アニメ不毛の地」と呼ばれていることについては「知っています(笑)」と担当者。キテレツ大百科についても聞くと「あの頃とは担当が変わってしまっているため推測ですが、視聴者のニーズを第一に考える、というのは昔から変わっていないはずです。キテレツ大百科が多く放送されていたのも、それだけ反応が良かったからなのでしょう」とのことでした。キテレツ、そんなにニーズあったのか……。



アニメはアイデンティティ アニメ枠を守りたいからこそ

 話を聞いていて印象に残ったのは、「(テレビ静岡としては)決してアニメをおろそかにしているわけではありません」という言葉でした。

 もともと静岡はテレビ東京やTOKYO MXといったアニメに強い系列局がなく、アニメ文化が根付きにくい。加えて昨今ではますますアニメが厳しくなってきており、昔は1時間だった「夕方枠」も、今では30分に縮小されてしまいました。そんな中でも、子どもたちに親しまれている「夕方枠」を続けていくには、視聴者のニーズに合わせ、結果を出していくしかない。「ONE PIECE」再放送は、夕方枠を守るための精いっぱいの努力でもあったのでした。

 もちろん「ノイタミナ」などフジテレビ系列のアニメは基本すべて放送する方針。また「カードファイト ヴァンガード」や「たまごっち」「ダンボール戦機」など他系列のアニメでも、子どもたちに人気のあるものはなるべく放送権利を買い取り放送するようにしているそうです。「むしろアニメは(テレビ静岡の)アイデンティティだと思っています」と担当者。

 「アニメ不毛の地」とネットでは揶揄(やゆ)されがちな静岡県ですが、その裏には編成担当の人知れぬ苦労とこだわりがあったのでした。


画像 テレビ静岡の週間番組表。昔の「夕方枠」は1時間でしたが、今では30分に……

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2402/22/news039.jpg 長女と赤ちゃんの夜のルーティンが「可愛いしか言えん」 愛が強すぎな姉から逃げる姿に「嫌いじゃないのねw」「素敵な姉妹」
  2. /nl/articles/2402/22/news147.jpg つんく♂、「僕の大好きな妻」と元モデル妻の貴重ショット公開 「めちゃくちゃお綺麗」と反響
  3. /nl/articles/2402/21/news158.jpg 業務スーパーの“高コスパ”人気冷凍商品に「基準値超え添加物」 約1万5000個販売……自主回収を実施
  4. /nl/articles/2402/22/news030.jpg 夫が妻に「お芋モンブラン」を作ったら放送事故発生 爆笑の結末が940万再生「夫婦そろってギャグセン高すぎ」
  5. /nl/articles/2402/22/news034.jpg 着物警察のハラスメントにプロ着付け師が物申す 「ひどい着方ね」に対するスカッとするアンサーに「よくぞ言ってくださいました」
  6. /nl/articles/2402/21/news017.jpg 庭にアジサイがあるなら知っておくべき!? 春になる前に急いでやりたい“大きな花を咲かせる”お手入れ術に反響続々
  7. /nl/articles/2402/22/news008.jpg 2歳娘、雪遊びででっかいおにぎりを作ってニコニコ→突然の暴挙に「ほんっとに天使すぎる」「豪快w」 ママを笑わせる姿が770万再生
  8. /nl/articles/2402/22/news165.jpg 「BreakingDown」こめお、大会関係者のグラドルとX上で“場外乱闘” 「頭沸いてんのかヤリマンが」「アバズレ」
  9. /nl/articles/2402/22/news035.jpg 歩けないカエルが3年間溜め込んだ“大”の量に爆笑!! 想像絶する規格外サイズに「思っていた10倍」「言葉を失った」
  10. /nl/articles/2402/21/news012.jpg 大好きな兄が2階にいってすねちゃった猫、ママが励ますけれど…… 一歩踏み出せない乙女な姿が「なんでこんなにかわいいの!?」
先週の総合アクセスTOP10
  1. 8歳兄が0歳赤ちゃんを寝かしつけ→2年後の現在は…… 尊く涙が出そうな光景に「可愛すぎる兄妹」「本当に優しい」
  2. 犬が同じ場所で2年間、トイレをし続けた結果…… 笑っちゃうほど様変わりした光景が379万表示「そこだけボッ!ってw」
  3. 宿題する8歳娘と、邪魔しつづける猫を1年記録したら…… 490万再生の愛がつまったやりとりに「最強の名コンビ」
  4. 真田広之の俳優息子、母の手塚理美がエール「彼なりに頑張ってる」 両親ゆずりのルックスに「イケメン」「男前」の声
  5. 野生の鯉を稚魚から育て4年後、判明した事実に飼い主「僕は今まで何を…」 激変した姿に「爆笑してしまいました」
  6. 1歳妹を溺愛する18歳兄、しかし妹のひと言に表情が一変「ちがうなぁ!?」 ママも笑っちゃうオチに「かわいいし天才笑」「何度も見ちゃう」
  7. 食用でもらった車エビ、4歳息子に「育てたい」と懇願され…… 水槽で飼育した貴重な記録に「可愛い姿見せてくれてありがとう」
  8. 2歳娘とパパ、愛と平和しかないやりとりに「100億年分のストレスが消滅した」 涙が出るほど幸せな会話に称賛の声
  9. 3歳双子姉妹、17歳お姉ちゃんを修学旅行で見送ったら…… 寂しくて号泣する様子に「もらい泣きです」「愛されてますね」
  10. 1人遊びに夢中な0歳赤ちゃん、ママの視線に気付いた瞬間…… 100点満点のリアクションにキュン「かわいすぎて鼻血出そう!」
先月の総合アクセスTOP10
  1. 「天までとどけ」長女役、芸能界の「負の連鎖」訴え 主演俳優の“お誘い”拒否し「他の演者やスタッフからも無視」「本当の事なんか誰も話さない」
  2. 田代まさし、南部虎弾さん通夜で“一団”に絡まれる騒動へ……にらみ合いの末に「ちょっと来い」「止めろよお前」
  3. 妊娠中の英俳優、授賞式での“金太郎”ドレスが賛否両論 「半裸の妊婦なんて見てられない」「ホットなママ」
  4. 「変わんないもん俺のと」 所ジョージ、ホンダ軽を超速カスタムで高級外車と“まったく同じ”外見に 「朝から楽しいよ」「完璧!」
  5. 「ごめん母さん。塩20キロ届く」LINEで謝罪 → お母さんからの返信が「最高」「まじで好きw」と話題に
  6. 「意識もうろう」「何も食べられない」 すい臓がんステージ4の森永卓郎、痩せた顔出しで“最悪の時期”告白 息子は「『死ぬ』が冗談に聞こえなかった」
  7. 授業参観の度に「かっこいい」と言われた父親が10年後…… 「時間止まってる?」と驚愕の声がやまない父子の姿が870万再生
  8. 65歳マドンナ、ワールドツアー中のダンスが“おばあちゃん”だと視聴者衝撃 「もうやめなよ」「こんなふうに終わりを迎えるなんて」
  9. 人気ブロガー医師が4年の闘病の末に42歳で逝去 夫が伝える「素敵な女性がいたということを皆様の心に残していただければ」
  10. 能登半島地震により海底が“隆起”→すさまじい様子を収めた写真に「自然の脅威を感じる」