ニュース
» 2014年05月27日 10時30分 公開

東京ディズニーランドの夜が変わる:シンデレラ城を舞台にした3Dプロジェクションマッピング「ワンス・アポン・ア・タイム」5月29日スタート

世界よ、これが本当の3Dプロジェクションマッピングだ。

[ONETOPIディズニー,ねとらぼ]
シンデレラ城が巨大なスクリーンに!

 とうとう東京ディズニーランドが3Dプロジェクションマッピングを取り入れます。シンデレラ城を舞台とし、映像と花火、特殊効果を駆使した新たなエンターテイメント「ワンス・アポン・ア・タイム」が2014年5月29日にスタートします。

 ワンス・アポン・ア・タイムは、東京ディズニーランドのシンボル、シンデレラ城を舞台とした3Dプロジェクションマッピング。誰もが一度は目にしたことがあるあのお城に、ディズニーの映像が効果的に映し出されるショーです。早速ですが、まずは写真をご覧ください。これが、ディズニーが作り出した最高の3Dプロジェクションマッピングショーです!


レーザーと映像で、シンデレラ城が表情を変えます
ビッグベンに変身。ピーター・パンの1シーンへ
「アナと雪の女王」からエルサとオラフも登場します

 シンデレラ城という目の前の大きな「スクリーン」に映し出されるのは、ディズニーの名作「シンデレラ」「不思議の国のアリス」「ピーター・パン」そして「美女と野獣」など。いま話題の「アナと雪の女王」からエルサもちょっとだけ登場します。20台のプロジェクターから投射される映像だけでなく、パイロと呼ばれる特殊な花火をフル活用。映像と音楽とシンクロし、目と耳で楽しめるショーです。

 一足先にプレス向けに公開されたときには、エリア全体からため息が漏れるほどでした。当日はあいにくの雨でしたが、雨に当たるレーザーがとても印象的で、雨の日のほうがきれいかも? と思う内容。写真だけでもスゴさが伝わりますが、やっぱり実際に体験すると印象が変わりますよ。

実はディズニーは3Dプロジェクションマッピングの「老舗」

 3Dプロジェクションマッピングはここ最近、かなりメジャーになりました。古くはアーティストのライブ会場などで使われてきた演出手法で、各地のイベントでも開催されているようです。しかし……そのほとんどが建物を単なる巨大スクリーンとしてしか扱ってないものがほとんど。映像も建物に愛のないものが多く、崩れる、ボコボコとブロックが出たり引っ込んだりする、ぐるぐる回ったりするだけで、3Dプロジェクションマッピングが単なる「目的」になっているものが多かったように思います。

 実はディズニーは、2011年には3Dプロジェクションマッピングを取り入れたショーを行っていました。しかも、ソーシャルメディアを取り込み、その日に撮影された写真を使って毎回異なる映像を映すというもので、3Dプロジェクションマッピングが「手段」として使われていました(参考:あなたの知らないディズニー駄話:シンデレラ城を舞台にしたソーシャルメディアフル活用のショーがすご過ぎる!)。

 それから3年。やっと3Dプロジェクションマッピングが東京にやってきました。東京ディズニーリゾートはこれをあえて「キャッスルプロジェクション」と銘打ってるあたりに、いままでと違うものを見せるという自信が見え隠れします。

こんなシンデレラ城、見たことない!

 このショーでは、光るペンダントやiPhoneケース、光るナノブロックなど関連グッズもたくさんリリースされています。こちらも見逃せません。

シンデレラ城のナノブロックは光ります(3800円)

 東京ディズニーランドの夜に、いままでにないストーリーが1ページ追加されます。開催は5月29日からで、1日1〜2回開催。映像に包まれるようなシンデレラ城前の中央鑑賞エリアは、抽選による座席指定券が必要です。お城の正面、やや遠目から見ると花火やレーザーの演出全体が見えるので、もし抽選に外れたとしても十分楽しめますのでご安心を。

 「もう3Dプロジェクションマッピングは飽きたよ」なんていう方にこそ、このショーはお勧めできます。ワンス・アポン・ア・タイムは思わずため息がもれるような、素晴らしいナイトエンターテイメントでしたよ。

(c)Disney



Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/1808/22/news101.jpg 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. /nl/articles/2008/09/news006.jpg お風呂に入れられ激オコ顔の猫ちゃん しかし…… ギャップのあるリアクションが面白かわいい
  3. /nl/articles/2008/10/news030.jpg 漫画『アクタージュ act-age』週刊少年ジャンプ36・37合併号の掲載をもって打ち切り決定 原作者の逮捕受け週刊少年ジャンプ編集部が発表
  4. /nl/articles/1809/03/news057.jpg 「稟議=りんぎ」「消耗=しょうもう」ではない? 現代人には分からない“漢字の本来の読み方”
  5. /nl/articles/2008/10/news005.jpg 犬「わーい!」→「なんか違った……」 プールに入ったポメラニアンの表情ビフォーアフターがかわいい
  6. /nl/articles/1811/13/news086.jpg 「ババアはいらねぇ」「死んじまえ」 ディズニーランドの“キャラクター出演者”がパワハラ巡り訴訟 原告が「ゲストの夢最優先してきたが限界」と涙の訴え
  7. /nl/articles/2008/10/news010.jpg 友達は数じゃない、年齢や肩書でもない――年齢も立場も全く違うゲーム友達を描いた漫画に「素敵な関係」
  8. /nl/articles/2008/09/news019.jpg ジャンプ編集部、『アクタージュ』原作者逮捕の報道にコメント 「重く受け止めております」
  9. /nl/articles/2008/10/news025.jpg 「紙の呼吸 壱ノ型!」 段ボールで作った『鬼滅の刃』“伊之助の被り物”が「伊之助そのもの」「欲しい」とTwitterで絶賛
  10. /nl/articles/2008/10/news001.jpg 「てめぇフォロワーは何人だ!」街でぶつかった人に斜め上の怒鳴られ方をする「耐え子の日常」ープレッシャー編ー