ニュース
» 2013年11月07日 17時01分 公開

雨だって楽しい:おいしくてあたたかな「ほんとうのクリスマス」が東京ディズニーリゾートにやってきた (1/2)

クリスマス? 舞浜? そんなの関係ないって人にこそ、クリスマスはやってきます。

[宮田健(ONETOPIディズニー),ねとらぼ]
クリスマスツリーがお出迎え

 2013年11月7日、東京ディズニーリゾートに一足早くクリスマスがやってきました。スペシャルイベントとして東京ディズニーランドでは「クリスマス・ファンタジー」、東京ディズニーシーでは「クリスマス・ウィッシュ」が、クリスマス当日の12月25日まで開催中。その初日に一足お先にクリスマスを体験してきました。

 その前にまず、ちょっとでも東京ディズニーリゾートのクリスマスに興味があったら、朝一番の行動を心掛けるようにしてください。さらに、可能な限り前売り日付指定チケットを手に入れておくことを強く強くおすすめします。東京ディズニーリゾートではオンラインで購入しプリントアウトした紙で入場できる「ディズニーeチケット」もあります。クリスマスの時期は1年で一番混雑するので、土日休日は早々に入場制限が行われる可能性があります。そんなときでも日付指定券なら大丈夫。あらかじめ早めの行動を!


雨でも楽しい東京ディズニーシーのクリスマス

 取材した初日は朝からの雨で、残念ながら当日午前中のショーやパレードはすべて中止となりました。でもご安心を。小雨程度ならパレードやショーの代わりに、ディズニーの仲間たちがごあいさつに来てくれるのです。雨が降っても「むしろレアなミッキーに会える!」と思うのもいいかもしれません。

 東京ディズニーシーでは、朝一番にメディテレーニアンハーバーで「ホリデーグリーティング・フロム・セブンポート」が行われます。雨の場合でも、ミッキーたちが船に乗ってこんなふうにあいさつに来てくれるのです。クリスマスのおなじみの曲に、数多くのディズニーソングのメロディがちりばめられていました。

雨具を着たキャラクターたちがあいさつに来てくれました
ミッキーもノリノリ!

東京ディズニーランドでサンタが主役のパレードを楽しもう

 東京ディズニーランドでは、「ディズニー・サンタヴィレッジ・パレード」が開催されるのですが、雨の時でもこんなににぎやか。ダンサーはいませんが、ミッキーもサンタクロースも登場し、手を振ってあいさつしてくれます。雨でもこんなに豪華なのですね。

パレードの先頭はドナルドとデイジー。世界の子どもたちから手紙が届く郵便局です
サンタさんはパレードの最後に。メリー・クリスマス!

 このパレード、晴れていれば途中3カ所で停止して、みんなで歌ったり踊ったりしますので、もしお気に入りのキャラクターがいたら、お近くのキャストにどこがいいか聞いてみましょう。普段は「ぼくらのクラブのリーダー」なミッキーも、この時期だけはサンタを楽しみに待つ子どものよう。主役のサンタはパレードの最後に登場します。ぜひ、子どものようにメリー・クリスマス! と叫んでみましょう。


夜の東京ディズニーリゾートは、ぜひあなた自身の目で

 東京ディズニーリゾートのクリスマスが素晴らしいのはやっぱり暗くなってから。東京ディズニーシー、メディテレーニアンハーバーでは、高さ15メートルのクリスマスツリーが登場する「カラー・オブ・クリスマス」が開催されるだけでなく、15分おきに音楽と光が連動しながら美しく輝く「カラー・オブ・クリスマス アフターグロウ」が開催されます。東京ディズニーシーは朝から夜までしっとりとしたクリスマスが楽しめるのがいいですね。

 そして東京ディズニーランドの夜といえば「東京ディズニーランド・エレクトリカルパレード・ドリームライツ」。この時期限定でクリスマスバージョンになっており、いつものメロディもクリスマスアレンジされます。


混雑がイヤ? ならばディズニーホテルで優雅なランチはいかが

 東京ディズニーリゾートなんかに行きたくないという方が理由として挙げるのは「混雑」でしょう。確かにハロウィーン期間中は週末になるたびに大混雑で、入場制限がひっきりなしに行われていました。そこで、混雑を避けてディズニーホテルのラウンジ、レストランでおいしい食事を楽しむことをおすすめしたいと思います。今回の取材では、2つのホテルの自信作を楽しんできました。


抹茶クリームのクリスマスツリーを食べよう

 イクスピアリの一番奥、ディズニーアンバサダーホテルのハイピリオン・ラウンジでは、ヨーグルト風味のパンケーキを、クリスマスツリーに見立てた抹茶クリームや、ミッキーマウスをモチーフにしたスノーマンのラング・ド・シャで飾っています。パンケーキは甘すぎず、思わずぺろりと平らげられます。それに目で見ても楽しいのはとてもいいですね。

ハイピリオン・ラウンジの「クリスマスホリデー・パンケーキセット」(2300円/数量限定でオリジナルシルバーウェアレスト付き)

 お話をおうかがいしたところ、ここ最近はホテルのラウンジでゆっくり食事を楽しみ、パークへ遊びに行くという方も増えているそうです。周りを見回すと女性のゲストが多く、皆さんこのパンケーキを写真を撮りながらゆっくりと楽しんでいました。雰囲気も大変いい場所ですので、ホテルステイだけじゃなくラウンジも楽しんじゃいましょう。


女性に大人気、飴細工のクリスマスツリーはお見事!

 東京ディズニーシー・ホテルミラコスタのレストラン「オチェーアノ」では、オマール海老や帆立貝、真鯛をリースのように盛り付けた色鮮やかなメニュー、そして飴細工のツリーを飾ったホワイトチョコレートムースが並ぶランチコースが楽しめます。

オチェーアノの「クリスマス・ウィッシュ ランチコース」(5200円)

 栗のクリームスープはフォアグラが入っており、香りがとても素晴らしいものです。そしてやはり驚きはこのデザート。白いクリスマスツリーに飴細工のカバーがかけられています。このメニューは11月1日から登場しており、すでに女性に大人気というのもよくわかります。

 このほか、東京ディズニーランドホテルでも楽しいランチやディナーが楽しめます。ディズニーホテルの食事は宿泊者だけしか入れないと思っている方も多いかもしれませんが、実はゆったりできて眺めもよい「穴場」。ホテルの雰囲気を楽しみながら、30周年で非常に力の入っているディズニーの「食」を楽しむ――これこそ、オトナの楽しみ方です。

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2006/02/news025.jpg 娘のおもちゃを落として「ごめんごめん」、娘の反応は…… 「親の方が正しいわけじゃない」と気付かされる漫画にドキッとする
  2. /nl/articles/2006/01/news106.jpg バンダイの技術力は化け物か! 最新の初心者向けガンプラが超技術の結晶 しかもお値段770円
  3. /nl/articles/2006/01/news083.jpg 「幸せにしてあげられるよう頑張ります」 Dream Amiに“新しい家族”、E-girls・鷲尾伶菜も「めちゃくちゃ可愛い」と反応
  4. /nl/articles/2006/01/news014.jpg 「泣きました」「愛犬を思い出した」 漫画“ギャルが犬を飼った話”が予想外の展開で目頭があつくなる
  5. /nl/articles/2006/01/news011.jpg 猫「すごくねむいけど下僕になでさせてあげないと……」 飼い主を思いやる猫さまが優しくてかわいい
  6. /nl/articles/2006/02/news095.jpg 怖い動画「もぺもぺ」がYouTubeにより“子ども向け”へ強制的に設定変更され作者困惑 「子ども泣く」「公式エルサゲート」
  7. /nl/articles/2006/02/news021.jpg 3分では作れない「1/1 カップヌードルプラモデル」爆誕 “疎密麺塊構造”や“中間保持機構”まで完全再現!
  8. /nl/articles/2006/02/news083.jpg 違う、そうじゃない セクシー女優・深田えいみ「なんでも教えてあげる」が期待の斜め上を突き抜けてしまう
  9. /nl/articles/1808/22/news101.jpg 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  10. /nl/articles/2005/27/news111.jpg 「永久機関がムリなのはエネルギー保存則が成り立たないから」はちょっとおかしいから、実際に作って考えてみた

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 自分のことを“柴犬”だと思っている猫ちゃん!? 犬猫4きょうだいの息ピッタリな「いただきます」がお見事
  3. 圧倒的疾走感ッ! 深田恭子、ドローン撮影のサーフィン動画が「うわぉ カッコいい!」「水を得た魚のよう」と反響
  4. セーラームーンを自分の絵柄で描く「sailormoonredraw」チャレンジ 漫画家やイラストレーターの美麗なイラストが集まる
  5. 印刷した紙がプリンタから次々消失 → 原因を突き止めた動画に爆笑 「紙隠し」「ピタゴラスイッチだ」
  6. 「イチャイチャ感半端ない」 ヒロミ、妻・松本伊代をヘアカットする動画が130万回再生超えの大反響
  7. 「パワポで作った」 離れると意味が分かる岐阜新聞の「Stay Home」広告が話題、制作したのはデザイン経験のない営業社員
  8. 仕事のLINEに「洗濯たたみましたほめてほめて!」 応募総数8000件の「LINE誤爆」最優秀作品が決定
  9. 「私も撮りたい、貸して!」と言われて娘にカメラを渡したら―― 26万いいねを集めた衝撃写真を御覧ください
  10. 「レターパックプラスがボロボロの状態で郵便受けに入ってた」 受領印必須のサービス、明らかな過失でも補償なし? 日本郵便に聞いた