ニュース
» 2013年11月07日 17時01分 公開

おいしくてあたたかな「ほんとうのクリスマス」が東京ディズニーリゾートにやってきた雨だって楽しい(2/2 ページ)

[宮田健(ONETOPIディズニー),ねとらぼ]
前のページへ 1|2       

パークが寒い? ならば思わずSNSに投げたくなるホットドリンクだ!

 寒くて動きたくないという方も多いでしょう。そんなあなたには、この秋登場した「D's Delights」ホットドリンクシリーズをおすすめします。これは2012年秋からスタートした、東京ディズニーリゾートのオリジナルブランドで、毎年ホット、コールドで趣向を凝らしたドリンクを提供しています。

 この秋登場したホットシリーズのテーマは「Select!」。3つのドリンクそれぞれに、仕上げのフレーバーが2種類選べるあたたかいドリンク。

 今回試してみたのはもなか抹茶ラテ(あずき/ストロベリー)。昨年登場し人気があったドリンクで、今回はあずきだけでなく、ストロベリーも楽しめます。抹茶とストロベリー!? と思いましたが、意外や意外、合ってます。そしてお麩の中にはミッキー型のものも。写真を撮ったらよく混ぜて!

もなか抹茶ラテを楽しみます。スーベニアスリーブ付きで1000円(ドリンクのみは480円)
もなかをくずすと、中からミッキー型のお麩が

 そのほかにも、ドライフルーツがごろっと入った甘ーい「スウィートクリーミー杏仁(マンゴー/ピーチ)」、流行のフランス食材リュバーブを使った「ライチー・リュバーブティー(ホワイトチョコレート/ラズベリーチョコレート)」の全6種類が登場しています。東京ディズニーランド/東京ディズニーシーのどちらでも販売されていますので、まずは入場ゲートで「Today」と書かれたガイドをもらい、どこで売っているのかを確認しておきましょう。

 今回のホットシリーズでは、1つのショップで2種類のホットドリンクを選べます。グループで行ったら俺はこっち私はあっちとバラバラのものを手に入れて、分け合って飲んだり感想を言い合ったりと、話が弾むのが素晴らしいと思っています。そして「思わず写真を撮ってシェアしたくなる」ところがいいですね。特に今回のもなか抹茶ラテなどは、見た瞬間にInstagramに投げたくなりませんか?

 今年のD's Delightsホットシリーズ6種類はどれもいい意味でクセのある、ここでしか飲めないものばかり。パークを歩いてちょっと冷えたなとおもったら、ぜひお試し下さい。


カップル向けじゃない、あたたかなクリスマスがここにはあります

 クリスマスはベッタベタのカップル向けのものと認識されるようになったのはいつからでしょう。その片棒をかついでいた場所こそがここ東京ディズニーリゾートと思われがちですが、実はここで体験できるクリスマスこそ、昔ながらのクリスマスのような気がします。

 最近、東京ディズニーリゾートではカップルや家族だけでなく、同性どうしのグループが大変目立ちます。みんな同じ絵柄のシャツを現地で購入し、みんな同じ格好になって楽しんでいる方が多く、見ているこちらも楽しくなります。別に男同士、女同士を気にしている人はいません。思い切って友達を誘えば、歩いているだけで楽しいのが東京ディズニーリゾートのよいところ。

 ここではカップルだけでなく、家族や友人と楽しむ昔ながらのクリスマスが残っている場所です。ぜひ、ここでクリスマスを体験してみてはいかがでしょうか。


ところで「東京ディズニーリゾート30周年」のその次は?

 2013年は東京ディズニーリゾート30周年のアニバーサリー・イヤー。来年春まで続く30周年のイベントでは、小さな女の子がプリンセスになれる「ディズニー・プリンセス〜ようこそ、リトルプリンセス〜」や、ミッキーたちとショーを楽しむ「バレンタイン・ナイト2013」、そして先頃発表された話題の謎解きプログラム「魔法にかけられた夜の王国 奪われたハピネスを取り戻せ!」が行われます。

 しかし、30周年がすぎても東京ディズニーリゾートは“永遠に完成しない場所”。本格的な3Dプロジェクションマッピングをシンデレラ城に施す「ワンス・アポン・ア・タイム」のスタートや、おなじみのアトラクションにナイトクルーズが加わるという「ジャングルクルーズ」のリニューアルが予定されています。

 次々と新しいエンターテインメントが生み出される東京ディズニーリゾート。まだこの時期のパークを楽しんだことがないという人は、いまが一番美しい季節です。現実に疲れたあなた、おいしくてあたたかなハピネスをここで充電していってください。

前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 痩せたらこんなに変わるのか 丸山桂里奈、現役時代の姿が別人過ぎて「誰かわからん」の声殺到
  3. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  4. セーラーサターンの変身シーン、四半世紀を経てアニメ初公開にネット湧く 「ついに公式が」「感謝しかない」
  5. 「髪型体型全て違う」 丸山桂里奈、引退直後のセルフ写真にツッコミ 4年前のスレンダーな姿に「今も輝いててかわいい」の声も
  6. 鳥取砂丘から古い「ファンタグレープ」の空き缶が出土 → 情報を募った結果とても貴重なものと判明 ファンタ公式も反応
  7. 「マジで助けてくれ」 試験中止で教授に“リスのさんすうノート”を提出することになった大学生に爆笑
  8. 「140秒とは思えない満足感」「なぜこれだけの傑作が埋もれているのか」 崩壊した日本を旅する“最後の動画配信者”のショートフィルムが話題
  9. 「化粧! 今すぐ落としてこい!」 男性教師に怒鳴られる生徒をかばう女性教師を描いた漫画に納得と感謝の声
  10. 畠山愛理、いま着たらピチピチなレオタードを公開 「とんでもなく可愛い」「見惚れてしまいました」と反響