ニュース
» 2014年05月29日 12時09分 公開

自宅でネカフェ気分を味わえる「ぼっちてんと」発売 これで母ちゃんの目も気にならないぞ

俺たちの聖域がここに!

[ねとらぼ]

 家族(特に母ちゃん)の目が気になってネットサーフィンが捗らない……という苦い経験をした方も多いはず。そんな俺らに朗報です。なんと手軽にプライベート空間を創出し、自宅にいながらにしてネットカフェ気分が味わえる、その名も「ぼっちてんと BT1 -11」をビーズが発売しました。価格は8000円(税別)。

画像

 「ぼっちてんと」は、デスクまわりに張るテント。130(幅)×160(高さ)×130(奥行き)センチメートルなので、だいたいのデスクがすっぽり収まります。しかも適度な閉鎖感のある低めの天井、イスを引ける余裕のスペース。その上、ネット環境を整えるために必須の配線をすっきり収納できるケーブルホール、換気に便利な3つの通気用ベンチレータが設置され、プライベート確保のための専用ロックも付属。ひとりぼっち特有の居心地の良い空間をとことん追求しています。ポップアップ式なので面倒な組立ては不要。テントをポンッと開き、帽子のようにデスクに被せればすぐに設置できちゃいます。ね? 簡単でしょ?

画像 聖域が完成。やったぜ

 この「ぼっちてんと」は受験勉強のための勉強スペースや子どもの秘密基地、相部屋タイプの子ども部屋の区切りなどに活用できるほか、ハンガースタンドなどを収納すれば、ホコリも気にならない仮設ウォークインクローゼットとしても利用できるので、ぼっちを愛する方以外でもさまざまな使い方ができそうです。

 それにしても「個人の時間を大切にしたいんだよね〜」という主義の方にとってはPC周りは不可侵領域。お家に自分だけのネットカフェを召喚して快適ネットライフを楽しんでみてはいかがでしょう。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先週の総合アクセスTOP10

  1. 自分のことを“柴犬”だと思っている猫ちゃん!? 犬猫4きょうだいの息ピッタリな「いただきます」がお見事
  2. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  3. 仕事のLINEに「洗濯たたみましたほめてほめて!」 応募総数8000件の「LINE誤爆」最優秀作品が決定
  4. セーラームーンを自分の絵柄で描く「sailormoonredraw」チャレンジ 漫画家やイラストレーターの美麗なイラストが集まる
  5. ありま猛『連ちゃんパパ』がなぜか突然ネットで流行 「スナック菓子感覚で摂取できる地獄」など悪夢のような感想が集まる
  6. 特別定額給付金の郵送申請は「給付対象者」欄を要チェック うっかり給付金を「希望しない」に印をつけていませんか?
  7. 「家出少女を保護して数年」 有吉弘行、HKT48現役時代から投稿してきた指原莉乃との2ショットをまたも更新(2年ぶり4回目)
  8. 母「とりあえず離婚したよ」 ハッシュタグ「あなたに来たとんでもないLINE」に衝撃ツイート続々
  9. 存在しないはずの“むつ小川原コイン”の謎を追う 「陸上自衛隊で購入した」情報提供者が出現、八戸駐屯地を取材
  10. 「とがったツイートは問題視していません」 小湊鐵道公式Twitter担当者なぜ解任? 小湊鐵道に聞いた