ニュース
» 2014年05月29日 12時09分 公開

自宅でネカフェ気分を味わえる「ぼっちてんと」発売 これで母ちゃんの目も気にならないぞ

俺たちの聖域がここに!

[ねとらぼ]

 家族(特に母ちゃん)の目が気になってネットサーフィンが捗らない……という苦い経験をした方も多いはず。そんな俺らに朗報です。なんと手軽にプライベート空間を創出し、自宅にいながらにしてネットカフェ気分が味わえる、その名も「ぼっちてんと BT1 -11」をビーズが発売しました。価格は8000円(税別)。

画像

 「ぼっちてんと」は、デスクまわりに張るテント。130(幅)×160(高さ)×130(奥行き)センチメートルなので、だいたいのデスクがすっぽり収まります。しかも適度な閉鎖感のある低めの天井、イスを引ける余裕のスペース。その上、ネット環境を整えるために必須の配線をすっきり収納できるケーブルホール、換気に便利な3つの通気用ベンチレータが設置され、プライベート確保のための専用ロックも付属。ひとりぼっち特有の居心地の良い空間をとことん追求しています。ポップアップ式なので面倒な組立ては不要。テントをポンッと開き、帽子のようにデスクに被せればすぐに設置できちゃいます。ね? 簡単でしょ?

画像 聖域が完成。やったぜ

 この「ぼっちてんと」は受験勉強のための勉強スペースや子どもの秘密基地、相部屋タイプの子ども部屋の区切りなどに活用できるほか、ハンガースタンドなどを収納すれば、ホコリも気にならない仮設ウォークインクローゼットとしても利用できるので、ぼっちを愛する方以外でもさまざまな使い方ができそうです。

 それにしても「個人の時間を大切にしたいんだよね〜」という主義の方にとってはPC周りは不可侵領域。お家に自分だけのネットカフェを召喚して快適ネットライフを楽しんでみてはいかがでしょう。

動画が取得できませんでした
動画が取得できませんでした
組み立ても収納も楽々すぎるよ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先週の総合アクセスTOP10

  1. 誰にもバレずに20年 別荘を解体中にバスルームから“とんでもないモノ”が見つかる 「わけがわからない」と困惑
  2. 「チコちゃん」マナー講師が炎上で、エガちゃんの株が上がってしまう 「エンタメの見本」「エガちゃんはやっぱり偉大」
  3. 「だめだお腹痛い」「大爆笑しました」 榎並大二郎アナ、加藤綾子に贈った“ガチャピン人形”が悲惨な姿になってしまう
  4. ジャガー横田、愛車・BMWが高速手前でエンスト 九死に一生も原因不明の故障に「新車でまだ一年半なのに…」
  5. 「志摩スペイン村」微塵も人がいないのに突如トレンド入り 「にじさんじ」周央サンゴの“正直すぎるレポ”で話題に
  6. キンコン西野、“勝手に出された婚姻届”にまさかの展開 証人欄にはお世話になっている「森田一義って名前が」
  7. 「ゆっくり茶番劇」商標取得者の所属コミュニティーが声明 商標権の完全放棄を要求
  8. 中村江里子、174センチの長女&181センチの中学生長男に驚く声 「足ながっ!!」「モデルになれそう」
  9. 「志摩スペイン村」がトレンド入り→公式ホテルの予約が急増とさらなる展開へ 広報「すごいことが起こっているぞと思った」
  10. 華原朋美、デザイン手掛けた黒ミニドレスを披露 「本当に痩せて綺麗になって」「全てが可愛すぎました」と反響