ニュース
» 2014年06月16日 21時20分 公開

空中に絵を描ける3Dペン「3Doodler」の使い手が描く「ゴーイングメリー号」のクオリティがすごいまさに魔法のペン

新境地切り開いてた。

[ねとらぼ]

 「女性専用車両インタビュー画像」でネットに伝説を残したタレントの関口愛美さんが、新境地を開拓していました。3Dプリントペン「3Doodler」(スリードゥードゥラー)で制作した作品を自身のTwitterやYouTubeアカウントに公開しているのですが、これがかなりのクオリティです。

ゴーイングメリー号を作ってみた!

3Doodler

 「3Doodler」とは、米Wobbles Worksがクラウドファンディングサイト「Kickstarter」で集めた資金「約2億4000円」を元に昨年開発したペン。文字や絵を描くような感覚で自由に立体アートを制作でき、日本ではナカバヤシが今年4月から販売(税別1万6000円)しています。

3Doodler コスプレはボア・ハンコック

3Doodler まずは土台から

3Doodler おお!?

3Doodler ハイクオリティ!

 関口さんは4月下旬にこれを入手すると、3Dアート作りを開始。YouTubeに一部始終を収めた制作動画を投稿しています。シリーズ最新作では、人気漫画「ONE PIECE」のゴーイングメリー号に挑戦しており、海賊女帝・ハンコックのコスプレをするなど気合満タンで臨んでいました。

 ペンを手にした関口さん。そのまま手際よく動かして、土台から作っていきます。“文字や絵を描くような感覚”は誇大広告じゃなかったのか……と思っているうちに、ゴーイングメリー号が完成! スピード感ある動画編集もあって、まさに魔法のペンの仕業といった印象が残ります。視聴者からも、「すごい!」「めっちゃうまいじゃないですか」「3Doodlerの達人」など大好評。中には「俺のは不良品じゃないのか? と思えるほど信じられない」というユーザーもいました。

 関口さんの作品は、7月19日〜7月31日に東京・表参道の「MoMAデザインストア」(ニューヨーク近代美術館ミュージアムストア)で開催される3Doodlerの展示イベントに出展されるそうです。なお、同イベントは一般からの作品応募も7月10日まで受付けています。

他作品

3Doodler ジバニャン

3Doodler 二郎系ラーメン





ここから始まった「魔法のペンを手に入れた!」

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 痩せたらこんなに変わるのか 丸山桂里奈、現役時代の姿が別人過ぎて「誰かわからん」の声殺到
  3. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  4. セーラーサターンの変身シーン、四半世紀を経てアニメ初公開にネット湧く 「ついに公式が」「感謝しかない」
  5. 「髪型体型全て違う」 丸山桂里奈、引退直後のセルフ写真にツッコミ 4年前のスレンダーな姿に「今も輝いててかわいい」の声も
  6. 鳥取砂丘から古い「ファンタグレープ」の空き缶が出土 → 情報を募った結果とても貴重なものと判明 ファンタ公式も反応
  7. 「マジで助けてくれ」 試験中止で教授に“リスのさんすうノート”を提出することになった大学生に爆笑
  8. 「140秒とは思えない満足感」「なぜこれだけの傑作が埋もれているのか」 崩壊した日本を旅する“最後の動画配信者”のショートフィルムが話題
  9. 「化粧! 今すぐ落としてこい!」 男性教師に怒鳴られる生徒をかばう女性教師を描いた漫画に納得と感謝の声
  10. 畠山愛理、いま着たらピチピチなレオタードを公開 「とんでもなく可愛い」「見惚れてしまいました」と反響