ニュース
» 2014年07月18日 09時00分 公開

JAXAと開発 森永製菓がお菓子を食べながら宇宙を学べる「おかしな自由研究シリーズ」発売

夏休みの宿題的な。

[ねとらぼ]

 森永製菓は、創業115年を記念した「Okashinnovation(オカシノベーション)プロジェクト」第1弾として「おかしな自由研究シリーズ」を7月19日から宇宙博やWebサイトで販売する。

 「お菓子の力で、生活者の興味やクリエイティビティを引き出すこと」を目的に、「お菓子と宇宙の融合により子どもたちの探究心に火をつける」商品として「おかしな自由研究<もしも地球がチョコボールだったら>」「おかしな自由研究<夏の夜空におかしな星座をつくろう>」「おかしな自由研究<おかしな宇宙飛行士試験>」の3つを宇宙航空研究開発機構(JAXA)の協力のもと開発した。

 「おかしな自由研究<もしも地球がチョコボールだったら>」は地球がチョコボールの大きさだったらと想定して、身近なもので10億分の1の大きさの宇宙を作る自由研究キット。チョコボールやチョコチップクッキーなどのお菓子とともに紙メジャーやミッションブックが付いてくる。

お菓子 「おかしな自由研究<もしも地球がチョコボールだったら>」

 「おかしな自由研究<夏の夜空におかしな星座をつくろう>」はお菓子で自分だけの星座を作ることができるキット。ポテロングやラムネのほかに、おかしの星のちずや星座シートが付いてくる。

お菓子 「おかしな自由研究<夏の夜空におかしな星座をつくろう>」

 「おかしな自由研究<おかしな宇宙飛行士試験>」は、実際の宇宙飛行士試験をもとに作られたおかしを食べながら考える試験で、ミルクキャラメルやおっとっとなどが付いてくる。

お菓子 「おかしな自由研究<おかしな宇宙飛行士試験>」

 お菓子を使って、宇宙を身近に感じてもらい、宇宙への興味・関心を持つきっかけをつかんでもらいたいと考えた。森永製菓では、本シリーズを使ったワークショップの開催も予定している。各1350円(税込)。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 自分のことを“柴犬”だと思っている猫ちゃん!? 犬猫4きょうだいの息ピッタリな「いただきます」がお見事
  3. 圧倒的疾走感ッ! 深田恭子、ドローン撮影のサーフィン動画が「うわぉ カッコいい!」「水を得た魚のよう」と反響
  4. セーラームーンを自分の絵柄で描く「sailormoonredraw」チャレンジ 漫画家やイラストレーターの美麗なイラストが集まる
  5. 印刷した紙がプリンタから次々消失 → 原因を突き止めた動画に爆笑 「紙隠し」「ピタゴラスイッチだ」
  6. 「イチャイチャ感半端ない」 ヒロミ、妻・松本伊代をヘアカットする動画が130万回再生超えの大反響
  7. 「パワポで作った」 離れると意味が分かる岐阜新聞の「Stay Home」広告が話題、制作したのはデザイン経験のない営業社員
  8. 仕事のLINEに「洗濯たたみましたほめてほめて!」 応募総数8000件の「LINE誤爆」最優秀作品が決定
  9. 「私も撮りたい、貸して!」と言われて娘にカメラを渡したら―― 26万いいねを集めた衝撃写真を御覧ください
  10. 「レターパックプラスがボロボロの状態で郵便受けに入ってた」 受領印必須のサービス、明らかな過失でも補償なし? 日本郵便に聞いた