ニュース
» 2014年09月19日 21時00分 公開

“Ingress紳士”に夜の国立競技場前で出会った話 世界最高レベルのエージェントに聞くその極意Google発、世界規模の陣取り合戦(1/3 ページ)

夜の国立競技場前。Ingressをプレイしていた筆者は見知らぬ男性に声をかけられた。その名はirmareさん。なんと世界最高レベルのIngress紳士だったのだ。

[高橋史彦,ねとらぼ]

 Googleの位置情報ゲーム「Ingress」(紹介記事)が話題になっている。2013年12月に正式版がリリースされ、今年7月にiOS版が公開されたことから注目度が急上昇した。どんなゲームなのかと言うと、要は現実を舞台にした“世界規模の陣取り合戦”で、青と緑の2陣営に分かれて競い合っている。

画像 状況はブラウザからリアルタイムに確認できる

 最大の特徴は、プレイヤー(エージェント)が実際に動かないと始まらないこと。ゲームなのに家でぽちぽち進めることはできず、現実の地図と連動した仮想空間に存在する「ポータル」(3カ所つなげると陣地になる)を求めて、外に出なければいけない。運営はNiantic Labs。「Google Earth」を作ったジョン・ハンケさんが立ち上げた社内ベンチャーで、日本人では川島優志さん(@mask303)が一員に加わっている。

 筆者はIngressを先月始めた。序盤の難易度がやや高く、開始数日は右も左も分からなかったが、ちょうどそのころ、オフィス帰りにプレイしていた際にあるエージェントに声をかけられた。「やってますね……!」――夜の国立競技場前でのことだ。そして、AP(AccessPoints≒経験値)稼ぎを手伝ってもらい、5分と経たず別れたものの、このゲームの可能性を感じることができた。

 後日、その“Ingress紳士”に同じ場所で再び出会った。彼の名はirmareさん。実は、βテスト時代からプレイしていた世界最高レベルのエージェント(「ソードアート・オンライン」で言うキリトさん)だったのだ。

画像 irmareさん作。Ingressをモチーフにしたイラスト。ソロプレイの心(青の大波に単身挑んでいく)を込めている

 irmareさんは東京在住の40代会社員。家庭用ゲームのプレイ歴はPlayStation 2で止まっていて、スマートフォンアプリもほとんど触らないという。そんな彼がIT系のニュースサイトでIngressを知り、2013年1月にプレイし始め、今年7月におそらく日本初となるレベル16(MAX)に到達。現在も活動を続けている。どうしてIngressにハマったのか、ゲームの魅力は何なのか――irmareさんに聞いてみた。

画像 レベル16になった時のSS。ガーディアン・ブラックはたまたま都内でゲットできたとのこと

世界最高レベルのエージェントに直撃インタビュー!

――現在のステータスを教えてください。

 レベル16、累積APは6300万ほどで、実績メダルはリチャージャーとガーディアンがブラック(黒→プラチナ→金銀銅の順)になっています。陣営は緑(エンライテンド)。これはストーリー背景から選びました。

――どのようにプレイを進めてきたんですか。

 昨年1月に始めて、1〜2カ月でレベル8になりました(Ingressではレベル8到達までが第2チュートリアルと言われている)。当時は日本語での情報がほぼなく、英語は決して堪能ではないのですが、大分スムーズに進みました。それからしばらく大人しくしていて、「Elite V」(世界のトップ5人を決めるイベント)の開催を知ったことをきっかけに本腰を入れました。その頃、他のエージェントの情報(APやメダル)が確認できるようになったのです。上位エージェントの状況を調べて、どれくらいまで上げればいいのか感覚をつかんで臨みました。

――それからはどんな風にプレイしたんですか。

 まずはAPのアップ。世界に出るために、少なくとも都内のトップクラスにならなければなりません。次にメダル。出来る限りゴールドにしようと。エクスプローラー(金は2000カ所のユニークポータルを訪れる必要がある)のために東京散策も行いました。

――やがてレベル16に。

 そうですね。Elite Vは残念ながら選ばれなかったのですが、敵からの攻撃に応戦していたらAPが上昇し、レベルキャップ開放時点(今年5月)で14になっていました。15から16に上げるために終盤1カ月間追い込みをかけて今年7月に到達しました。終盤はレベルアップ時に大量のAP(15→16は1→8までの約13倍)が必要になるので、単位時間あたりに稼ぐ方法を考えるようになります。

 自分は最低活動単位を1時間として、あとはポータル数を基準に考えています。例えば「80個密集していると多い」「100個あるとうれしい」という感じです。いざやる時はそれを全部まわります。もちろん4周します(ポータルは5分間隔で4回ハックでき、上限になると4時間アクセスできなくなる)。

画像 晴れの日の移動手段は自転車

Ingress紳士のプレイスタイル

――プレイ時間はどのくらいなのでしょうか。

 毎日1〜3時間、基本は通勤時です。晴れの日は自転車、雨の日は電車と徒歩でまわっています。そのため、帰りは遅くなりがち。自分のフィールドが青になっていると忙しくなります(笑)。それでも終電では必ず帰るようにしていて、自転車で深夜2時帰宅といったケースもありましたが、今年に入ってからはないですね。休日も特に変わりません。ただし、エクスプローラーは1日がかりになります。

――本業に影響が出たことは……。

 それはなかったです。どちらかと言うとリフレッシュします。

――レベル16到達時はやはり達成感がありましたか。

 はい。ゲーム上の強さはレベル8と大差ないのですが、やはりありましたね。正確な人数は分かりませんが、「Ingress United AP Elite」(上位のエージェントが集まるグループ)によると、8月末時点でのレベル16は世界に11人、日本に1人です。到達のポイントは、生活のルートに密集地帯(ファーム)があったこと、勤務先周辺のポータルを育ててきたこと、あとは三角形作りの技術と体力だと思います。

――ポータル申請はどれくらいですか。

 承認を得られたのは223カ所。申請数は約1000件です。たまたま歩いた先でみつけた「いけるんじゃないか」と思ったものを片っ端からやってます。勤務先の一帯はそうやって出来上がりました。近くにポータル職人がいて協力して築きました。

       1|2|3 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2206/26/news054.jpg YOSHIKI、母親の四十九日で生まれ故郷へ 喪服姿で悲しみを吐露「I miss my mother」
  2. /nl/articles/2206/26/news010.jpg 大好きなおじいちゃんと留守番をするシェパード、良い子にしてたけど…… 飼い主帰宅ではしゃぐ姿に「やっぱりさみしかったんだね」
  3. /nl/articles/2206/26/news037.jpg 捨てられていた茶トラの子猫を保護、5年がたち…… 美しく幸せいっぱいに成長したビフォーアフターに祝福の声
  4. /nl/articles/2206/25/news079.jpg 「違法薬物が隠れている段ボールはどれ?」 税関が出題したクイズが難問 「常人には分かんねえよ」「難しすぎ」
  5. /nl/articles/2206/26/news058.jpg 「急に目が痛くなりすぎて開かなくなって」 川崎希、“やばい”と感じ旅行先の沖縄で病院へ
  6. /nl/articles/2206/25/news006.jpg 「柴犬の生首かと!」「笑いすぎておなか痛い」「神々しい……」 西日が生んだ奇跡のワンコに爆笑の声
  7. /nl/articles/2206/25/news005.jpg 散歩中の愛犬が用水路で立ち止まり…… 震えるチワワを発見→救助の展開に「賢いワンちゃん」「おうちに帰れてよかった」の声
  8. /nl/articles/2206/25/news064.jpg この画像の中に「ネズミ」が隠れています 猫に見つからないように必死! 分かるとスッキリする隠し絵クイズに挑戦しよう
  9. /nl/articles/2206/24/news185.jpg 「Steamサマーセール2022」が到来 おすすめの激安PCゲーム紹介でTwitterが大にぎわい
  10. /nl/articles/2206/22/news102.jpg 留守番中の愛猫を見たら……おっさんみたいにくつろいでた 振り返る姿に「貫禄がw」「可愛すぎてしんどい」の声

先週の総合アクセスTOP10

  1. ダルビッシュ有&聖子、14歳息子のピッチングがすでに大物 「球速も相当出てる」「アスリート遺伝子スゴい」
  2. 大家に「何でもしていい」と言われた結果 → 台所が隠れ家バー風に! DIYでリフォームした部屋の変化に驚きの声
  3. 中谷美紀、外国人夫の連れ子や元妻と楽しい団らん 国籍や目の色など何もかも違えど「これでも家族」
  4. デヴィ夫人、15歳の愛孫・キランさんが社交界デビュー 「山高帽にモーニング」華麗なる正装姿が超ハンサム
  5. 法隆寺がクラファンを開始 わずか1日で目標金額2000万円を達成「予想もしていなかった早さ」
  6. 元保護子猫に、ずっと欲しがっていたぬいぐるみをあげたら…… 予想外の反応に「人間の子供みたい!」の声
  7. 7歳息子が初おつかいに行ったときのレシート、よく見ると…… ママへの愛がつまったエピソードに「泣ける」の声
  8. 才賀紀左衛門、“親密な女性”の初顔出しショット公開 パッチリした目にスッキリした鼻筋で「想像通り美しい」「綺麗な方!」
  9. 愛犬に「子猫が大変です!!」と呼び出された飼い主、ついて行くと…… まさかの“無免許運転”発覚に「かわいすぎるw」
  10. 見事な「赤富士」を捉えた山中湖のライブカメラ映像に驚きと感動の声 葛飾北斎「凱風快晴」のような絶景……!

先月の総合アクセスTOP10

  1. この写真の中に1人の自衛隊員が隠れています 自衛隊が出したクイズが難問すぎる……「答え見ても分からない」と人気
  2. フワちゃん、指原莉乃同乗のクルマで事故 瞬間を伝える動画が「予想の10倍ぶつけてる」「笑い事ではない」と物議
  3. 人気動画ジャンル「ゆっくり茶番劇」を第三者が商標登録し年10万円のライセンス契約を求める ZUNさん「法律に詳しい方に確認します」
  4. この写真の中に2人の狙撃手が隠れています 陸自が出したクイズが難しすぎて人気 まじで分からん!
  5. 華原朋美、“隠し子”巡る夫の虚言癖に怒り「私はだまされて結婚」 家を飛び出した親に2歳息子も「もうパパとはいわなくなりました」
  6. 誰にもバレずに20年 別荘を解体中にバスルームから“とんでもないモノ”が見つかる 「わけがわからない」と困惑
  7. 名倉潤、妻・渡辺満里奈との結婚17周年に“NY新婚旅行”ショット 「妻には感謝しかありません」と愛のメッセージも
  8. 植毛手術のいしだ壱成、イメチェンした“さっぱり短髪”が好評 「凄く似合ってます」「短い方が絶対いい」
  9. 「ビビるくらい目が覚める」「生活クオリティ上がった」 品薄続く「ヤクルト1000」なぜ、いつから人気に? 「悪夢を見る」ウワサについても聞いてみた
  10. 渡辺裕之、66歳バースデーで息子と2ショット 合同誕生日会に「すごいお料理とケーキ」「イケメン息子さん」