ニュース
» 2014年12月25日 18時17分 公開

「苺愛」「華琉甘」「愛羅」……ベストキラキラネームに選ばれた赤ちゃんの名前がさっぱり読めない

ほかにも「大大」「本気」「皇帝」「男」と書いてそう読ませるのとツッコミたくなるキラキラネームが続出しています。

[ねとらぼ]

 「苺愛」と書いて「べりーあ」と読むらしい。苺を“ベリー”、愛を“あ”と読んでべりーあ。なぜこれを付けようと思ったのでしょうか……。

 なにかと話題になるキラキラネームの王者を決める「2014年 年間キラキラネームアクセスランキングベスト30」がリクルーティング スタジオにより発表されました。同社の「無料 赤ちゃん名づけ」アプリと「赤ちゃん名づけ実績 No.1/無料赤ちゃん名づけ」「無料 キラキラネームクイズ」アプリでアクセス数の多い順に抽出し、厳正なる審査のうえ選出したそうです。

キラキラネーム きらきら〜

 ランキングによると1位は「苺愛(べりーあ)」ちゃんで、2位に「華琉甘(かるあ)」ちゃん、3位は「愛羅(てぃあら)」ちゃんとなっています。なかなかの無理筋です。一応ユーザーに「華琉甘(かるあ)」ちゃんの名前の由来を聞いたところ、「カクテルのカルアミルクから」「華があって甘い魅力のある女の子になってほしい」という願いが込められているそうです。カルアミルクに深い思い入れがあるんですかね? 外国的な読み方をするのもキラキラネームの特徴の1つとなっているようです。

 男の子にみられる名前で上位だったのは「黄熊(ぷう)」くんや「彪雅(ひゅうが)」くん。難読なキラキラネームでは例として「希星(きてぃ)」「今鹿(なうしか)」「琉絆空(るきあ)」「姫愛(きゅあ)」など既存のキャラクターの影響を受けたものも。ほかには「大大(だいだい)」「本気(りある)」「皇帝(しーざー/ふらんつ)」「男(あだむ)」などネタとしか思えない名前もランクインしていました。

キラキラネーム 本当にいるの? 年間キラキラネームアクセスランキングをご覧ください

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2105/13/news131.jpg 「なんて品の無い番組だろう」 光浦靖子、手作りした作品を笑い飛ばした番組演出にファンから怒りの声
  2. /nl/articles/1607/05/news111.jpg TBS、「行き過ぎた編集」で謝罪 バラエティー番組で出演者の姿を意図的に消すなどしていた問題
  3. /nl/articles/2105/13/news008.jpg 「子猫とは思えない」「前世はゴルゴかな?」 飼い主を起こしに来た子猫の表情が“必殺仕事人”の貫禄
  4. /nl/articles/2105/13/news014.jpg サーバーに魔よけのお札を!? 神頼みのIT企業描くギャグ漫画に「案外ウソでもない」と業界から証言
  5. /nl/articles/2105/12/news162.jpg 「USB 3.0機器はゆっくり差すと2.0、素早く差すと3.0として認識される」って本当? →メーカー「本当です」
  6. /nl/articles/2105/13/news011.jpg 夜にキッチンの窓から見た人影 振り返ってみると恐ろしかった出来事を描いた漫画がゾクッとする
  7. /nl/articles/2104/30/news103.jpg TBS「クレイジージャーニー」“ヤラセ発覚”から1年半ぶりに復活 「めっちゃ嬉しい!」「レギュラー復活を」と喜びの声あがる
  8. /nl/articles/2105/13/news105.jpg 【ぞっとする実話】泥酔したとき友だち面したおじさんに連れていかれそうになるも、介抱してくれた人が放った一言で見事に追い払った
  9. /nl/articles/2105/13/news015.jpg なぜ猫は何年たってもかわいいのか?→“猫に記憶を消されている説” 飽きない理由を描いた漫画に「すげえ納得した」の声
  10. /nl/articles/2105/12/news019.jpg トイレから戻ったら「猫がオンライン会議してた」 真剣な表情で参加するエリート猫ちゃんがかわいい

先週の総合アクセスTOP10