ニュース
» 2015年01月11日 22時54分 公開

もうこいつがヒロインでいいよ! 話題沸騰「アイドルマスターシンデレラガールズ」武内Pが人気な理由あのキャラに花束を

仏頂面三白眼の無口なプロデューサーが、男女ファンの心をわし掴み中。

[たまごまごねとらぼ]
※本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています

 Twitterのトレンドワードから「武内P」の文字が全く消えません。どういうことだ。

※と思ったらようやく消えました(1月11日午後11時)。放送からほぼまる2日間、トレンドに入り続けていたようです

画像 何日もトレンド入りしている「武内P」の文字

 武内Pとは、アニメ「アイドルマスターシンデレラガールズ」に出てくるプロデューサーのこと。といっても正式名ではありません。「アイドルマスター」シリーズでは、「プロデューサー=プレイヤー」なので、名前が存在しない。そのため声優やプレイヤーの名前を取って「○○P」という習慣があります。アニメ「アイドルマスター」では赤羽根健治さんが演じていたので「赤羽根P」が一般的な呼称。今回は武内駿輔さんが演じているので「武内P」。346(みしろ)プロダクションのプロデューサーです。


画像 「アイドルマスターシンデレラガールズ」アニメのTOP絵。本来こういう作品です


アイドルよりも人気の武内P

 元になっているソーシャルゲーム「アイドルマスターシンデレラガールズ」は、登場する女性アイドルおよそ200人。アニメ内でも、すでにかなりの人数が活躍していることが判明しています。

 アニメ1話のメインになっているのは、ひたむきな少女・島村卯月と、クールな女の子・渋谷凛の2人。2人とも今後どう成長するのか、とても楽しみなキャラクターです。

 ところが、その二人を勧誘にきた346(みしろ)プロダクションの武内Pのインパクトがすごかった。「図体がでかい」「三白眼」「セリフが敬語」「無口」「極めて礼儀正しい」「えらい不器用」「不審者扱いされる」。そして何より表情が全く変わらない

 この朴訥(ぼくとつ)な人間像に、多くの男女がノックアウトされました。「俺の好きなアイドル出ろ!」という人も「かわいいキャラ期待!」という人も「とりあえず見ておくかー」という人も、みんな武内Pにぞっこん。ツイートもイラスト投稿も加速。おいおい、まだ1話だよ君たち! わかるわ。









プロデューサーの魅力とは?

 まず彼の無表情さ。眉毛ひとつ動きません。島村卯月が彼を初めて見た時、彼女はおびえます。そりゃ怖いよ。渋谷凛をアイドルにするため、彼は何度アプローチを繰り返します。やりすぎて、不審者として警察に補導されそうになるくらい。熱心なんだけど、情熱が一切表情に出ない。一応、困ったときには右の首筋をなでるくせがあるようですが、その程度。赤羽根Pが表情豊かだった分、新鮮です。

 また、勧誘でひたすら名刺を渡すだけ、という不器用さ。高倉健的です。でかい図体で強面な彼は、口数も語彙(ごい)も少ない。島村卯月と渋谷凛の「私を選んだ理由は?」という問に対して「笑顔です」しかいわない。説明不足にもほどがある。だがそこがいい。



どのキャラクターと合わせてもうまくいく

 「シンデレラガールズ」は、下は9歳、上は31歳まで、200人近いアイドルがいて、各々のキャラにファンがいます。その代表として描かれるプロデューサー……難しいですよ。下手にアクが強いと、角が立つし感情移入もできない。かと言ってはじめて「シンデレラガールズ」を見る人に疎外感を与えてはいけないですし。ところが武内Pは、どのキャラクターと合わせてもぴったりハマるという恐ろしいキャラクターな上に、単体での魅力も半端じゃない。

 たとえば9歳の幼い女の子だとしたら、大柄な彼の膝の上に乗っかってはしゃぐでしょう。31歳のお酒飲みのお姉さまだとしたら、彼は酒のサカナにいじられるでしょう。思春期の女の子が思いを寄せてアタックしたとしても、その時も彼はにぶちんなので、「あ、次はこの仕事の予定が入っていますのでよろしくお願いします」と淡々としてそう。

 言うなれば白米のようなキャラ。何にでも合う。「シンデレラガールズ」はイロモノキャラも多い作品。でも彼が相手なら、しっくりハマる。





 ニートで働かない、双葉杏という変わり種キャラがいます。「どう働かせているんだろう」と疑問が浮かびます。でも、武内Pなら彼女を持ち上げて、仕事場に連れて行き、アメを与えながら仕事させそうです。杏が「なんで私なのー?」と嫌そうに聞いてきたらこう答える。「笑顔です」




 声優の武内駿輔さん、なんと年齢が17歳。高校生です。声が実に渋いので、ネット中のファンはギャップに騒然。アフレコ収録も最初の頃は学生服で来ていたそうです。ぜひ一度声を聞いてみてください。

 かくして、武内Pは瞬く間に、このアニメのヒロイン(?)認定されるようになりました。「アイドルマスター」の方のプロデューサーが元気はつらつメガネキャラなのに対して、武内Pが静かに燃えるタイプなので、2人のカップリングが盛り上がるのなんの。ちなみにアニメ「アイドルマスター」と同じ世界という設定のようですので、2人が出会う可能性はゼロではありません。





 1話では島村卯月・渋谷凛・武内Pの3人のみの登場です。今後キャラがどんどん増えていくでしょう。こうなると、色んなキャラとの絡みが楽しみになってきます。彼の不器用で生真面目なところ、見たいです。

 アイドルたちの「笑顔」がキーワードになるこの作品。実は最終回で笑顔になるのは彼なんじゃないかしら?



たまごまご


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2402/20/news021.jpg 2歳娘とパパ、愛と平和しかないやりとりに「100億年分のストレスが消滅した」 涙が出るほど幸せな会話に称賛の声
  2. /nl/articles/2402/20/news025.jpg 9歳娘、パパへの“謎のお願い”が「今だけのかわいさ」と260万再生 その後ママの思わぬオチにも笑ってしまう
  3. /nl/articles/2402/19/news025.jpg 「生後0カ月。もうクソデカい」 大型猫の赤ちゃん時代に「顔は子猫だけどサイズがすごい」「可愛いが大きすぎます」
  4. /nl/articles/2402/20/news026.jpg 赤ちゃんの目の前で、パパとママが寝たふりをしてみたら……? もん絶級の“検証結果”に「かわいすぎ!」と共感の声【海外】
  5. /nl/articles/2402/19/news013.jpg 【今日の計算】「1−2+3−4+5−6+7−8+9」を計算せよ
  6. /nl/articles/2402/20/news014.jpg メカブを持ち帰ろうと思ったら…… 予想外の展開とおいしいオチが460万件表示「海老で鯛を釣るならぬ…」
  7. /nl/articles/2402/20/news154.jpg 「肉の万世」秋葉原本店の閉店で「パーコー麺どうなるの?」と不安広がる もう食べられないのか聞いた
  8. /nl/articles/2401/17/news044.jpg 1人遊びに夢中な0歳赤ちゃん、ママの視線に気付いた瞬間…… 100点満点のリアクションにキュン「かわいすぎて鼻血出そう!」
  9. /nl/articles/2402/20/news135.jpg マドンナ、ワールドツアー中にステージで盛大に転倒 さすがの神対応に「まさにスーパースター」「これがプロってもの」
  10. /nl/articles/2402/19/news035.jpg 猫の飼育に猛反対していた雷親父が今では…… オチ完璧な現在の姿に6万いいね「もはや猫と一体化」「見事に懐柔されて」
先週の総合アクセスTOP10
  1. 8歳兄が0歳赤ちゃんを寝かしつけ→2年後の現在は…… 尊く涙が出そうな光景に「可愛すぎる兄妹」「本当に優しい」
  2. 犬が同じ場所で2年間、トイレをし続けた結果…… 笑っちゃうほど様変わりした光景が379万表示「そこだけボッ!ってw」
  3. 宿題する8歳娘と、邪魔しつづける猫を1年記録したら…… 490万再生の愛がつまったやりとりに「最強の名コンビ」
  4. 真田広之の俳優息子、母の手塚理美がエール「彼なりに頑張ってる」 両親ゆずりのルックスに「イケメン」「男前」の声
  5. 野生の鯉を稚魚から育て4年後、判明した事実に飼い主「僕は今まで何を…」 激変した姿に「爆笑してしまいました」
  6. 1歳妹を溺愛する18歳兄、しかし妹のひと言に表情が一変「ちがうなぁ!?」 ママも笑っちゃうオチに「かわいいし天才笑」「何度も見ちゃう」
  7. 食用でもらった車エビ、4歳息子に「育てたい」と懇願され…… 水槽で飼育した貴重な記録に「可愛い姿見せてくれてありがとう」
  8. 2歳娘とパパ、愛と平和しかないやりとりに「100億年分のストレスが消滅した」 涙が出るほど幸せな会話に称賛の声
  9. 3歳双子姉妹、17歳お姉ちゃんを修学旅行で見送ったら…… 寂しくて号泣する様子に「もらい泣きです」「愛されてますね」
  10. 1人遊びに夢中な0歳赤ちゃん、ママの視線に気付いた瞬間…… 100点満点のリアクションにキュン「かわいすぎて鼻血出そう!」
先月の総合アクセスTOP10
  1. 「天までとどけ」長女役、芸能界の「負の連鎖」訴え 主演俳優の“お誘い”拒否し「他の演者やスタッフからも無視」「本当の事なんか誰も話さない」
  2. 田代まさし、南部虎弾さん通夜で“一団”に絡まれる騒動へ……にらみ合いの末に「ちょっと来い」「止めろよお前」
  3. 妊娠中の英俳優、授賞式での“金太郎”ドレスが賛否両論 「半裸の妊婦なんて見てられない」「ホットなママ」
  4. 「変わんないもん俺のと」 所ジョージ、ホンダ軽を超速カスタムで高級外車と“まったく同じ”外見に 「朝から楽しいよ」「完璧!」
  5. 「ごめん母さん。塩20キロ届く」LINEで謝罪 → お母さんからの返信が「最高」「まじで好きw」と話題に
  6. 「意識もうろう」「何も食べられない」 すい臓がんステージ4の森永卓郎、痩せた顔出しで“最悪の時期”告白 息子は「『死ぬ』が冗談に聞こえなかった」
  7. 授業参観の度に「かっこいい」と言われた父親が10年後…… 「時間止まってる?」と驚愕の声がやまない父子の姿が870万再生
  8. 65歳マドンナ、ワールドツアー中のダンスが“おばあちゃん”だと視聴者衝撃 「もうやめなよ」「こんなふうに終わりを迎えるなんて」
  9. 人気ブロガー医師が4年の闘病の末に42歳で逝去 夫が伝える「素敵な女性がいたということを皆様の心に残していただければ」
  10. 能登半島地震により海底が“隆起”→すさまじい様子を収めた写真に「自然の脅威を感じる」