ニュース
» 2015年03月19日 21時34分 公開

「境界のないセカイ」打ち切りにLGBT団体が立場表明 「他の作品と比べて特段の問題があるとは思われません」

「性に関する差別を助長する」可能性があると警告。

[ねとらぼ]

 作者・幾夜大黒堂さんのブログにて、突如連載中止と単行本の発売中止が発表されたマンガ「境界のないセカイ」。男女が性別を変えられる世界を描いた同作のテーマについて、単行本化を予定していた講談社が「性的マイノリティの個人・団体からのクレームを回避したい」と判断(関連記事)したことに対して、LGBT団体「レインボー・アクション」がサイトに立場表明を掲載しました。

画像 レインボー・アクション

 レインボー・アクションは、性に関する差別表現に対しては闘っていくとしながらも、「この作品の性に関する描写に、他の作品と比べて特段の問題があるとは思われません」とコメント。「『性的マイノリティの団体・個人の圧力』という多分にフィクショナルな理由に基づき、表現行為に対して自粛を迫るという行為がもしもあったとするならば、それは人権を守るためとても大切な、表現の自由を抑圧するものだろうと考えます」「それはまた、『性的マイノリティの団体・個人』を怪物視・あるいは怪物化し、性に関する差別を助長するものに他なりません」と警告しています。

画像 マンガボックスで公開されている最新話で連載中止になるとのこと

 幾夜大黒堂さんは自身のブログなどで連載を継続させてくれる版元を募集していましたが、既に多くの連絡をもらっているとのこと。現在のところ、「境界のないセカイ」が連載されていたマンガ雑誌アプリ「マンガボックス」(運営はDeNA)から連載中止に関する公式なアナウンスはありませんが、編集長の樹林伸さんは自身のTwitterで「ここは僕の個人のTwitterなのでマンガボックスの中の人としての見解はここには書きません。ちゃんと準備をしてますから、少しまっていてくださいませm(_ _)m」とツイートしています。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 鳥取砂丘から古い「ファンタグレープ」の空き缶が出土 → 情報を募った結果とても貴重なものと判明 ファンタ公式も反応
  2. 「モンストのせいで彼氏と別れました」→ 運営からの回答が“神対応”と反響 思いやりに満ちた言葉に「強く生きようと思う」と前向きに
  3. 「この抜き型、何ですか……?」 家で見つけた“謎のディズニーグッズ”にさまざまな推察、そして意外な正体が判明
  4. 人間に助けを求めてきた母犬、外を探すと…… びしょ濡れになったうまれたての子犬たちを保護
  5. 幼なじみと5年ぶりに再会したら…… 陸上選手から人間ではない何かに変わっていく姿を見てしまう漫画が切ない
  6. ブルボンの“公式擬人化”ついにラスト「ホワイトロリータ」公開 イメージ通り過ぎて満点のデザイン
  7. 「幸せな風景すぎて涙出ました」 じいちゃんの台車に乗って散歩するワンコのほのぼのとした関係に癒やされる
  8. 「遺伝ってすごい」「足長っ!」 仲村トオルの“美人娘”ミオがデビュー、両親譲りのスタイルに驚きの声
  9. 猫「飼い主、大丈夫か……?」 毎日の“お風呂の見守り”を欠かさない3匹の猫ちゃんたちがかわいい
  10. 天才科学者2人が最強最高のロボを作成するが…… 高性能過ぎて2人の秘密がバラされちゃう漫画に頬が緩む