北陸新幹線の次は「北海道新幹線」 1年後の開業に向けて準備着々進行中!!

北海道新幹線の走行試験が進んでいます。

» 2015年03月25日 16時32分 公開
[日本気象協会 tenki.jp(http://www.tenki.jp/)]
Tenki.jp

 北陸新幹線に続き、開業を1年後にひかえた北海道新幹線。冬の走行試験では実に9000kmを走りました(3月1日現在)。雪が解けた今、今度は4月21日から7月末まで、春から夏にかけての走行試験がはじまります。北海道新幹線は、なぜ、こんなに走行試験を繰り返すのでしょうか。それは、海底トンネルという大きな「壁」との戦いでもあるのです。

去年、函館港から陸揚げされた北海道新幹線!! 新幹線が海から登場するという珍しい光景に、多くの鉄道ファンが集まりました。

海底トンネル内の線路は貨物列車と併用なので、レールが3本!!

 1年後に開業するのは、新青森から新函館北斗までの約149km。そのうち、青函トンネルは54km。このトンネルの前後をあわせた計82kmの線路が、在来線(貨物列車)と併用されます。

併用される区間のレールは、上り・下りとも外側が1本、内側が2本の3本レールです。外側の1本が新幹線と貨物の共用、内側の、レール幅が狭いほうを貨物、広いほうを新幹線が走ります。3本レール(「三線軌条」という)はほかに、秋田新幹線、箱根登山鉄道、京浜急行などでも利用されています。

1988年に開業した青函トンネルは最初から、新幹線が通ることを前提とした規格で建設されました。そして去年12月、走行試験ではありますが、26年の時を経てはじめてトンネルを新幹線が通り、その志が実現したというわけです。

トンネル内の風圧が高いほか、冬はトンネル内外の気温差が大きい…

車体はH5系。E5系の「はやぶさ」とベースは同じだが、中央のラインがラベンダー色。

 青函トンネルはもともと、新幹線が時速200kmで走ることができるように設計されました。しかし、早く走れば走るほど、トンネルの中の風圧が高くなります。青函トンネルは貨物列車と共用するため、トンネル内で新幹線と貨物列車がすれ違うことがありますが、風圧が高いと、重心の高い貨物列車の揺れが大きくなり、脱線の原因となることが考えられます。

 また、青函トンネルの中は常に気温はプラスですが、北海道と青森の厳寒期は外気がマイナス10℃を下回ることもあるので、トンネルの内外での気温差がとても大きくなってしまいます。これが新幹線の走行にどういう影響を起こすのか。さらに、真冬にトンネルから出たとたん、新幹線の車体に激しく雪が着くことが考えられますが、これが走行に問題を起こさないのか……。

 これら、海底トンネルゆえのさまざまな事象を、真冬の走行試験で検証していました。

冬の走行試験はすでに60回以上、これからは夏の走行で安全性を検証する

 北海道新幹線の走行試験は、去年の12月1日からはじまりました。区間は新函館北斗から奥津軽いまべつ(青森県)までの約110km。H5系が冬の厳寒期に耐えられるか、60回以上の走行試験で、繰り返し繰り返し検証されました。冬の走行試験はさらに、今年の年末からも行われます。

 新幹線は現在走っている在来線と同じ軌道を走るため、1年後の開業までは、走行試験や建設・電気工事は在来線が運行していない時間帯に行われます。

 新年度は4月21日から7月末まで、走行区間も新函館北斗から新青森までの全線を走行します。8月からは、運転士の乗務訓練も始まります。さらに運転士以外にも、車両や線路のメンテナンス要員をはじめ、駅員や車掌など400人近くを育成します。

3月28・29日は、函館駅でイベント開催

 北海道新幹線開業1年前を記念して、函館をはじめ、新幹線が通る各地で、さまざまなイベントが開かれています。

 3月28日(土)・29日(日)は、函館駅と駅前広場で、カウントダウンイベントが開催されます。

 「食」のコーナーでは、各地の味覚が大集合。東北などの名物料理や駅弁が集合します。また、お子様向けには、子ども限定のクイズ大会「新幹線王決定戦」や、子ども限定の撮影会「運転士なりきり撮影会」など、ちびっ子鉄道ファンには楽しみなコーナーもあります。

 また、28日からは、「道南スタンプラリー」が始まります。実施期間は5月6日(水)まで。道南の12の道の駅のスタンプを6個または9個集めると、抽選で北海道新幹線グッズや旅行券などが当たります。

 1年後の北海道新幹線開業に向けて、函館近郊ではカウントダウンが始まりました。乗客を乗せた新幹線が1年後、海底トンネルを通ります。函館から東京まで全線がつながると、新幹線で約4時間!! 北海道から東京まで陸路で4時間で行くことができるようになります。来春の開業をめざし、安全な走行を確実にするために、春からまた新幹線の走行試験が再開されます。

参考:「H5系 真冬の挑戦」(北海道新聞2015年3月19日号)

あわせてチェックしたい

Copyright (C) 日本気象協会 All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2404/12/news182.jpg 安達祐実、成人した娘とのレアな2ショット披露 「ママには見えない!」「とても似ててびっくり」と驚きの声
  2. /nl/articles/2404/13/news017.jpg 1歳妹、大好きな18歳兄の登校を泣きながら引きとめて…… やさしい兄の対応と爆笑のオチが430万再生「こりゃ離れられない」「早く帰ってこなきゃ」
  3. /nl/articles/2404/12/news172.jpg いなば食品、「由比のボロ家報道について」とするコメント発表 「誠意をもって改修に全力」
  4. /nl/articles/2404/13/news012.jpg 「このヒートテック、いつ買ったっけ?」→一発でわかる“タグの見方”が600万再生 手放しどきをユニクロに聞いてみた
  5. /nl/articles/2404/13/news010.jpg 「このシステムすごくいい」 東横INNの「フードロス対策」に称賛の声 「全てのホテルに拡大してほしい」
  6. /nl/articles/2404/12/news132.jpg 2歳女の子、空港で祖父母を見つけた瞬間! 2200万再生の喜びダッシュに「トトロに出てくるメイちゃんに見えた笑」【豪】
  7. /nl/articles/2404/13/news006.jpg 1歳妹、6歳姉のお迎えは大興奮→ママのお迎えは……? 270万再生のリアクションに「差が歴然ですねw」「可愛いすぎる姉妹ですね」
  8. /nl/articles/2404/13/news008.jpg デート中の妻に「野球しよう」と誘ったら……エッッ!? まさかの腕前にしびれちゃう「かっこよー!」「いったい何者……?」
  9. /nl/articles/2404/11/news121.jpg サンシャイン水族館が「カワウソに破かれたシャツ」を展示 → その“衝撃の意図”に「説得力半端ない」「インパクトある」
  10. /nl/articles/2404/13/news009.jpg 猫が横になった瞬間に駆け寄る子ウサギ→驚きの行動に!! 保護された2匹の種を超えた触れ合いが1870万表示を突破
先週の総合アクセスTOP10
  1. 「歩行も困難…言動もままならず」黒沢年雄、妻・街田リーヌの病状明かす 介護施設入所も「急激に壊れていく…」
  2. 500円玉が1つ入る「桜のケース」が200万件表示越え! 折り紙1枚で作れる簡単さに「オトナも絶対うれしい」「美しい〜!」
  3. 赤ちゃんがママと思ってくっつき爆睡するのはまさかの…… “身代わりの術”にはまる姿に「可愛いが渋滞」「何回見てもいやされる!」
  4. 「虎に翼」、新キャラの俳優に注目が集まる 「綺麗な人だね」「まさか日本のドラマでお目にかかれるとは!」
  5. 日本地図で「東京まで1本で行ける都道府県」に着色 → まさかの2県だけ白いまま!? 「知らなかった」の声
  6. 中森明菜、“3か月ぶりのセルフカバー動画”登場でネット沸騰 笑顔でキメポーズの歌姫復活に「相変わらずオシャレで素敵」「素敵な年齢の重ね方」
  7. 「葬送のフリーレン」ユーベルのコスプレがまるで実写版 「ジト目が完璧」と27万いいねの好評
  8. もう別人じゃん! 「コロチキ」西野、約8カ月のビフォーアフターが「これはすごい」と驚きの声集まる
  9. 娘がクッションを抱きしめていると思ったら…… 秋田犬を心ゆくまで堪能する姿が440万再生「5分だけ代わっていただけますか?」「尊いなぁ…」
  10. 業務スーパーの“高コスパ”人気冷凍商品に「基準値超え添加物」 約1万5000個販売……自主回収を実施
先月の総合アクセスTOP10
  1. フワちゃん、弟の結婚式で卑劣な行為に「席次見て名前覚えたからな」 めでたい場でのひんしゅく行為に「プライベート守ろうよ!」の声
  2. 親が「絶対たぬき」「賭けてもいい」と言い張る動物を、保護して育ててみた結果…… 驚愕の正体が230万表示「こんなん噴くわ!」
  3. 水道検針員から直筆の手紙、驚き確認すると…… メーターボックスで起きた珍事が300万再生「これはびっくり」「生命の逞しさ」
  4. フワちゃん、収録中に見えてはいけない“部位”が映る まさかの露出に「拡大しちゃったじゃん」「またか」の声
  5. スーパーで売れ残っていた半額のカニを水槽に入れてみたら…… 220万再生された涙の結末に「切なくなった」「凄く感動」
  6. 桐朋高等学校、78期卒業生の答辞に賛辞やまず 「只者ではない」「感動のあまり泣いて10回読み直した」
  7. 「これは悲劇」 ヤマザキ“春のパンまつり”シールを集めていたはずなのに…… 途中で気づいたまさかの現実
  8. 「ふざけんな」 宿泊施設に「キャンセル料金を払わなくする方法」が物議 宿泊施設「大目に見てきたが厳格化する」
  9. がん闘病中の見栄晴、20回以上の放射線治療を受け変化が…… 「痛がゆくなって来ました」
  10. 食べ終わったパイナップルの葉を土に植えたら…… 3年半後、目を疑う結果に「もう、ただただ感動です」「ちょっと泣きそう」