ニュース
» 2015年06月01日 17時16分 公開

ドローンの安全活用目指す「セキュアドローン協議会」、6社共同設立 6月より精密農業での実証実験をスタート

各社の知見、経験を持ち寄り、ドローンが安心安全に活用できる環境を確立。

[黒木 貴啓,ねとらぼ]

 ドローン(無人航空機)の安心安全な活用を目的とした団体「セキュアドローン協議会」を、6月1日にサイバートラストなど6社が共同で発足した。各社の知見と経験を活かしてドローンの安全性のある操作環境やデータ送信環境を確立し、さまざまな活動を行っていくという。さっそく6月から北海道や沖縄県で精密農業における実証実験を開始する予定だ。

画像 「セキュアドローン協議会」ロゴ


 参加社は、サイバートラスト(東京・港区)、ジャパンインテグレーション(沖縄・那覇)、スプリングフィールド(東京・千代田)、ソーラー・エナジー・ソリューションズ(東京・千代田)、ユビキタス(東京・新宿)、ラック(東京・千代田)。各社がもつ先端ドローン技術、セキュリティ技術、IoTクラウド/組込ソフトウェア関連技術、エネルギー管理システムを活用していく(各社の詳細は文末に記載)。

 6月からは北海道旭川市と沖縄県で、精密農業におけるドローン利活用の実証実験を開始する。精密農業とは、農地・農作物の状態を良く観察し、きめ細かく制御し、農作物の収量及び品質の向上を図り、その結果に基づき次年度の計画を立てる一連の農業管理手法(農林水産省)だ。

画像 協議会による、ドローンを活用した精密農業イメージ

 実証実験では、2000年代初頭より精密農業を導入している米国の事例を参考に、今後急速にインテリジェンス化する日本の農業分野でドローンがどのように安全に利活用できるか検証する。イメージとしては、ドローンに自動操縦制御カメラや各種のセンサー・計測装置を取り付けて飛行させ、農作物から収集した映像や情報をクラウドプラットフォームへ送信。そこから管理者はスマートフォンなどで情報や育成アドバイス、警報を受け取り、より良い農業管理につなげる。

 現在ドローンの活用範囲はホビー用や一部の業務用途が中心だが、これからは精密農業、物流、監視、遠隔操作などに広がり、世界市場は2015年には44億ドル(約5460億円)、2020年には110億ドル(約1.36兆円)規模まで成長すると予測されている。しかし一方で、セキュリティやプライバシー、安全性確保のため法整備などが課題になっていた。同協会は、ドローン業界は今後の市場成長に向けて単に機能の高度化のみならず、安心、安全な環境を確立することが急務だと触れている。


黒木貴啓


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2201/27/news104.jpg 坂上忍、11歳“長男”・佐藤ツトムの旅立ちに涙 介護の日々経ての別れに「本当にありがとうございました」
  2. /nl/articles/2201/27/news011.jpg 【漫画】「なんで腹立たないの?」 マナーが悪い人へのイライラが消える考え方に「おかげでスッとした」「見習いたい」の声
  3. /nl/articles/2201/26/news015.jpg 保護猫と先住猫が初対面した夜、おもわぬ行動に涙…… 「先住猫の優しさがすごい」「一生懸命な姿がたまらない」と反響
  4. /nl/articles/2201/25/news179.jpg 氷川きよし、休養発表後インスタ初更新 過熱報道に苦言「精神的に追い詰められています」「私も一人の人間」
  5. /nl/articles/2111/02/news016.jpg “重みのある一言”に「ゾクッとした」 登山中に「あなた危ないわよ」と注意された体験談漫画に反響集まる
  6. /nl/articles/2201/26/news085.jpg 一見すると笑顔の女性、よくみると…… いじめ・自殺防止を訴えるポスターのメッセージが心に刺さると話題
  7. /nl/articles/2112/10/news026.jpg 意地悪な継母との暮らしもムキムキだから大丈夫! 漫画“全て筋肉で解決するシンデレラ”が起承転結筋肉しかない
  8. /nl/articles/2201/27/news192.jpg ちっちゃすぎるのかでっかすぎるのか 大相撲・高安関と11カ月娘のスニーカー比較写真が「ガリバー旅行記」と反響
  9. /nl/articles/2201/26/news156.jpg 架空のアイドルグループ、不祥事だらけの解散理由が話題に 「運営との面識無く勝手に加入」の強者メンバーも
  10. /nl/articles/2201/27/news129.jpg 「電脳コイル」放送で縦横比のミス、BSフジが謝罪 1話から10話を再度放送へ

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「どん兵衛」新CMに星野源が復活も衝撃の新展開 “どんぎつね”吉岡里帆の正体明かされ「完全なホラー案件」「狂気を感じる」
  2. ハラミちゃん、“公称145センチ”も本当の身長にゴチメンバー驚き 「デカイっていわれるのが嫌になっちゃって……」
  3. 西川史子、退院を報告 「生きていて良かったと思っていない」と告白も、力強い現在の心境明かす「私は医師です」
  4. 「もうアヒル口」「美人確定ですね!」 板野友美、生後2カ月娘の“顔出しショット”にみんなメロメロ
  5. 「気ぃ狂いそう」 木下優樹菜、生配信中止で“涙のおわび動画” やらかしたスタッフに「生きてたらミスぐらいする」
  6. 東大王・鈴木光、“お別れの笑顔”で司法試験合格を報告「本当にありがとうございました」 SNS閉鎖に涙のエール続々
  7. 「こんな普通に現れるの?!」「バレそうで心配」 倖田來未、駅のホームに“普通に並ぶ”姿にファン驚き
  8. 母親から届いた「もち」の仕送り方法が秀逸 まさかの梱包アイデアに「この発想は無かった」「どストレートに餅で笑った」と称賛集まる
  9. 第1子妊娠のすみれ、母・松原千明と2年ぶりに涙の再会 「やっとママに会えました」と感動的な親子ショット公開
  10. 渡辺裕之、66歳バースデーで息子と2ショット 合同誕生日会に「すごいお料理とケーキ」「イケメン息子さん」