ニュース
» 2015年06月11日 18時32分 公開

ネットで話題「スマホ巻き肩」とは? 詳しい人に教えてもらおう

スマホの使いすぎでひどい肩こりや眼精疲労が常習化していませんか。女子は貧乳になる、なんて話も……。

[吉岡綾乃,ねとらぼ]

 最近ネットでよく耳にする「スマホ巻き肩」。肩こりや偏頭痛、目のかすみなどに悩まされ、放っておくと頸椎(けいつい)症やめまい、女性の場合はバストが垂れたり貧乳になったりといった症状が起きることもあるといいます。

 スマートフォンをよく使う人がなりやすいということもあり、ある意味“現代病”ともいえる症状。周りに聞くと「自分の症状、それかも……」と心当たりのある人が多いようです。スマホ巻き肩とはそもそも何なのか、チェック方法や予防方法などを調べました。

こんな姿勢でスマホやパソコンを使っていませんか? もしかしたらスマホ巻き肩になっているかも……

「スマホ巻き肩」とは?

 そもそも「巻き肩」というのは医療用語や鍼灸(しんきゅう)用語ではなく、肩が前に出てしまっている状態の俗称なのだそう。

 「巻き肩とは、猫背の状態の一形態です」と話すのは、アシル治療室の鍼灸師・若林理砂さん。スマホ巻き肩の症状としては、単純に背中が丸まっている猫背と違い、背中側、肩甲骨の間が広がってしまい、結果として肩が前に出て、さらに腕が内側にまわってしまう状態になっているところが特徴だそう。この時、肩が上がった状態を併発する場合があり、そうなるとひどい肩こりが常習化してしまいます。

 実はこうした症状を訴える人は最近急に増えたわけではなく、昔から多かったのだそう。鍼灸・按摩マッサージ指圧師の一戸智さんは「スマートフォンやパソコンを長時間使う人が増えたことで、改めて注目が集まっているのではないか」と言います。

ネットで「スマホ巻き肩」という言葉を見かけることが増えている

スマホ巻き肩の症状

 スマホ巻き肩の短期的な症状としては、ひどい肩こり、頭痛、腰痛、眼精疲労などが挙げられます。また、靴の減りが早い、つまずきやすいといったこともあるそうです。自覚症状がある人もいるのではないでしょうか。

 放っておくと、さらにいろいろな体の痛みの原因になります。長期的に見ると、頸椎症、筋緊縮性の耳鳴りやめまい、膝・ひじ周辺の痛み、外反母趾(ぼし)、五十肩、手の腱鞘炎といった症状につながるほか、女性の場合は大胸筋の短縮によりバストがへこんだように見えて貧乳になったり、形が変わってしまったりといったことが起こるそう。

スマホ巻き肩のチェック方法

 スマホ巻き肩になっているかどうかを見るにはどうしたらいいのでしょうか? チェック方法を教えていただきました。

動画が取得できませんでした
スマホ巻き肩になっていないか簡単にチェックする方法
スマホ巻き肩かどうかを見分けるチェック方法。詳しくは動画を!

 肘を伸ばしたままで手のひらを体の前に向けた状態で真横に上げていき、バンザイをした時に頭のてっぺんで、片方の手のひらともう一方の手の甲を重ねられるかどうかを見ます。このとき、耳の横か後ろに腕があれば大丈夫、とのこと。しかし「頭のてっぺんに両手を上げたとき、腕が耳より前に出てしまっている、あるいはバンザイしている間に、自分の腕が視界に入ってくるようならスマホ巻き肩の疑いがあります。なぜなら、肩甲骨が前に行っている人は、肩甲骨の上方回旋(上に向かって廻る)も同時に悪くなっているためです」(一戸さん)

 また、寝た姿勢でチェックする方法もあります。仰向けに寝たときに肩が浮いてしまう(肩と床の間にすきまが空く)人や、同じく仰向けに寝たとき、腕を体の脇にまっすぐ下ろした状態よりも、お腹の上で手を組んだ状態のほうが楽な人は、スマホ巻き肩の疑いがあるそうです。

巻き肩にならないスマホの持ち方

 とはいえ、毎日かなり長い時間スマートフォンを操作している、という人も多いはず。スマホ巻き肩にならないようにするには、どういう姿勢でスマホを使ったらいいのでしょう?

スマホを持つときはスマホを目の高さに!

 ポイントは、前かがみにならないよう、目の高さまでスマホの画面を上げること。右手でスマホを持っているのであれば脇の下に左手を入れる、または左手の甲を右ひじの下に当てて、腕組みをするように操作するといいそうです。さらに、「座っているときも立っているときも、腰を少しそらすくらいの感覚で姿勢を維持してください。こうすると、重心が後ろにいかないので肩甲骨が前に滑らなくなります。その状態で脇をしめて、ひじを体幹から離さないようにする。下を向いて操作しないで、なるべく顔のほうにスマホを近づけてください」(一戸さん)

日本人はもともと巻き肩になりやすい

 もともと日本人は巻き肩になりやすく、腰やひじの痛みを訴える人も、調べてみると巻き肩が原因ということも多いそう。上述の通り、肩こりや眼精疲労といった症状だけでなく、放っておくと腰やひじ、頸椎症やめまいといった体のさまざまなトラブルにつながる危険があります。

 「スマホは目の高さに!」スマホを使うときはこれを守って、スマホ巻き肩を予防したいですね。

吉岡綾乃

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2208/11/news068.jpg がん闘病の秋野暢子、手足の浮腫みで“見たこともない体重”に 抗がん剤の副作用を「しっかり受け止めます」
  2. /nl/articles/2208/11/news060.jpg 研ナオコ、長女の誕生日に面影感じる“母娘”ショット 「そっくりな娘さん!」「大人になりましたね」
  3. /nl/articles/2208/10/news172.jpg 朝日奈央が結婚、お相手との肩組み2ショット公開 「これから家族として、沢山の景色を一緒に見にいける事がとっても楽しみ」
  4. /nl/articles/2208/11/news063.jpg 高橋真麻、第2子妊娠を生発表 6月に“激痩せ”姿が話題になるも「どうやら体質のようです」「理由が言えなかった」
  5. /nl/articles/2208/11/news010.jpg 水浴び中の野生の水牛を発見、撮影していたら…… 突然振り返った行動に撮影者が大慌て!【豪】
  6. /nl/articles/2208/10/news023.jpg 生まれつき前足のない柴犬、おやつの前に…… “お座り”ができるようになった姿に「命ってスゴい」「ウルウルした」と感動の声
  7. /nl/articles/2208/11/news064.jpg 岩崎宏美、長男の結婚を“新婚ホヤホヤ2ショット”とともに報告 「しっかりね!! ずっと仲良しでね!!」とエールを送る
  8. /nl/articles/2208/10/news174.jpg 坂上忍、余命数カ月の“13男”・平塚コウタに「奇跡」 転移した腫瘍消失で喜びあらわ 「先生もビックリしてて」
  9. /nl/articles/2208/11/news059.jpg 旦那大好きだな! 藤本美貴、夫・庄司智春との“ペアルック夫婦”ショットが超ラブラブ「幸せが伝わってきます」
  10. /nl/articles/2208/11/news016.jpg 2階にいるママを待ちきれない19歳の猫ちゃん、階段の下から…… 「にゃおおお!!」と何度も呼び出す姿に「甘えん坊さん」の声

先週の総合アクセスTOP10

  1. 競技中とのギャップ! 高梨沙羅、キャミソール私服でみせた大胆“美背中”に反響 「背中ガッポリ」「魅惑の黒トップス」
  2. かわいい妹すぎ! 北川景子、義姉・影木栄貴の結婚で“お姉ちゃん愛”が爆発する 「姉がどこか遠くへ行ってしまう」
  3. 泣いていた赤ちゃんが笑い声に、様子を見に行くと柴犬が…… 優しくあやす姿に「最高の育児パートナー」の声
  4. 「ごめん母さん。塩20キロ届く」LINEで謝罪 → お母さんからの返信が「最高」「まじで好きw」と話題に
  5. 「若い君にはこの絵の作者の考えなんて分からない」→「それ俺の絵」 ギャラリーで知らないおじさんから謎の説教を受けた作者に話を聞いた
  6. 木下優樹菜、元夫・フジモン&娘たちとディズニーシーを満喫 長女の10歳バースデーを祝福
  7. 黒柴の子犬が成長したら…… 頭だけ赤色に変化した驚きのビフォーアフターに「こんなことあるんですね」「レアでかわいい」の声
  8. 子「ごめん、もう仕事できない」→母「はぁい了解っっ」 退職を明るく認めた家族のLINEが優しい
  9. スタバの新作が王蟲っぽくてファンザワつく 「怖すぎる」「キショいから買いたくなった」
  10. カナダ留学中の光浦靖子、おしゃれヘアのソロショットに反響 「お元気そうでなにより」「別人のよう」

先月の総合アクセスTOP10

  1. 安倍元首相、銃で撃たれて意識不明か 事件時のものとみられる映像投稿される
  2. 野口五郎、20歳迎えた娘と誕生日デート 家族同然の西城秀樹さん長女も加わり「楽しい時間でした!」
  3. 「大阪王将」店舗にナメクジやゴキブリが発生? 元従業員の“告発”が衝撃与える 大阪王将「事実関係を調査中」
  4. この画像の中に「さかな」が隠れています 猫に見つからないように必死! 分かるとスッキリする隠し絵クイズに挑戦しよう 【お昼寝編】
  5. ダルビッシュ有&聖子、ドレスアップした夫婦ショットに反響 「ハリウッド俳優やん」「輝いてます」
  6. 「auの信頼度爆上がり」通信障害でも社長の“有能さ”に驚く声多数 一方で「まだ圏外だぞ…」など報告続く
  7. スシロー、“ビール半額”で今度は「ジョッキが小さい」との報告? 運営元「内容量に差異はない」と否定
  8. スシロー「何杯飲んでもビール半額」開始前にPOP掲示 → 注文したら全額請求 投稿者「態度に納得いかなかった」 運営元が謝罪
  9. TKO木下、海外旅行先で総額270万円のスリ被害に エルメスの財布奪われた“瞬間映像”も公開「くっそ〜……」
  10. パパが好きすぎて、畑仕事中も離れない元保護子猫 お外にドキドキしながら背中に乗って応援する姿があいらしい