ネットで話題「スマホ巻き肩」とは? 詳しい人に教えてもらおう

スマホの使いすぎでひどい肩こりや眼精疲労が常習化していませんか。女子は貧乳になる、なんて話も……。

» 2015年06月11日 18時32分 公開
[吉岡綾乃ねとらぼ]

 最近ネットでよく耳にする「スマホ巻き肩」。肩こりや偏頭痛、目のかすみなどに悩まされ、放っておくと頸椎(けいつい)症やめまい、女性の場合はバストが垂れたり貧乳になったりといった症状が起きることもあるといいます。

 スマートフォンをよく使う人がなりやすいということもあり、ある意味“現代病”ともいえる症状。周りに聞くと「自分の症状、それかも……」と心当たりのある人が多いようです。スマホ巻き肩とはそもそも何なのか、チェック方法や予防方法などを調べました。

こんな姿勢でスマホやパソコンを使っていませんか? もしかしたらスマホ巻き肩になっているかも……

「スマホ巻き肩」とは?

 そもそも「巻き肩」というのは医療用語や鍼灸(しんきゅう)用語ではなく、肩が前に出てしまっている状態の俗称なのだそう。

 「巻き肩とは、猫背の状態の一形態です」と話すのは、アシル治療室の鍼灸師・若林理砂さん。スマホ巻き肩の症状としては、単純に背中が丸まっている猫背と違い、背中側、肩甲骨の間が広がってしまい、結果として肩が前に出て、さらに腕が内側にまわってしまう状態になっているところが特徴だそう。この時、肩が上がった状態を併発する場合があり、そうなるとひどい肩こりが常習化してしまいます。

 実はこうした症状を訴える人は最近急に増えたわけではなく、昔から多かったのだそう。鍼灸・按摩マッサージ指圧師の一戸智さんは「スマートフォンやパソコンを長時間使う人が増えたことで、改めて注目が集まっているのではないか」と言います。

ネットで「スマホ巻き肩」という言葉を見かけることが増えている

スマホ巻き肩の症状

 スマホ巻き肩の短期的な症状としては、ひどい肩こり、頭痛、腰痛、眼精疲労などが挙げられます。また、靴の減りが早い、つまずきやすいといったこともあるそうです。自覚症状がある人もいるのではないでしょうか。

 放っておくと、さらにいろいろな体の痛みの原因になります。長期的に見ると、頸椎症、筋緊縮性の耳鳴りやめまい、膝・ひじ周辺の痛み、外反母趾(ぼし)、五十肩、手の腱鞘炎といった症状につながるほか、女性の場合は大胸筋の短縮によりバストがへこんだように見えて貧乳になったり、形が変わってしまったりといったことが起こるそう。

スマホ巻き肩のチェック方法

 スマホ巻き肩になっているかどうかを見るにはどうしたらいいのでしょうか? チェック方法を教えていただきました。

動画が取得できませんでした
スマホ巻き肩になっていないか簡単にチェックする方法
スマホ巻き肩かどうかを見分けるチェック方法。詳しくは動画を!

 肘を伸ばしたままで手のひらを体の前に向けた状態で真横に上げていき、バンザイをした時に頭のてっぺんで、片方の手のひらともう一方の手の甲を重ねられるかどうかを見ます。このとき、耳の横か後ろに腕があれば大丈夫、とのこと。しかし「頭のてっぺんに両手を上げたとき、腕が耳より前に出てしまっている、あるいはバンザイしている間に、自分の腕が視界に入ってくるようならスマホ巻き肩の疑いがあります。なぜなら、肩甲骨が前に行っている人は、肩甲骨の上方回旋(上に向かって廻る)も同時に悪くなっているためです」(一戸さん)

 また、寝た姿勢でチェックする方法もあります。仰向けに寝たときに肩が浮いてしまう(肩と床の間にすきまが空く)人や、同じく仰向けに寝たとき、腕を体の脇にまっすぐ下ろした状態よりも、お腹の上で手を組んだ状態のほうが楽な人は、スマホ巻き肩の疑いがあるそうです。

巻き肩にならないスマホの持ち方

 とはいえ、毎日かなり長い時間スマートフォンを操作している、という人も多いはず。スマホ巻き肩にならないようにするには、どういう姿勢でスマホを使ったらいいのでしょう?

スマホを持つときはスマホを目の高さに!

 ポイントは、前かがみにならないよう、目の高さまでスマホの画面を上げること。右手でスマホを持っているのであれば脇の下に左手を入れる、または左手の甲を右ひじの下に当てて、腕組みをするように操作するといいそうです。さらに、「座っているときも立っているときも、腰を少しそらすくらいの感覚で姿勢を維持してください。こうすると、重心が後ろにいかないので肩甲骨が前に滑らなくなります。その状態で脇をしめて、ひじを体幹から離さないようにする。下を向いて操作しないで、なるべく顔のほうにスマホを近づけてください」(一戸さん)

日本人はもともと巻き肩になりやすい

 もともと日本人は巻き肩になりやすく、腰やひじの痛みを訴える人も、調べてみると巻き肩が原因ということも多いそう。上述の通り、肩こりや眼精疲労といった症状だけでなく、放っておくと腰やひじ、頸椎症やめまいといった体のさまざまなトラブルにつながる危険があります。

 「スマホは目の高さに!」スマホを使うときはこれを守って、スマホ巻き肩を予防したいですね。

吉岡綾乃

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2407/20/news002.jpg 赤いカブトムシを7年間、厳選交配し続けたら…… 爆誕した“ウルトラレッド”の姿に「フェラーリみたい」「カッコ良すぎる」
  2. /nl/articles/2407/19/news095.jpg ダイソーで買った330円の「石」を磨いたら……? 吸い込まれそうな美しさが40万回表示の人気 「夏休みの自由研究にもいいのでは?」
  3. /nl/articles/2407/20/news074.jpg もう笑うしかない Windowsのブルースクリーン多発でオフィス中“真っ青”になった海外の光景がもはや楽しそう
  4. /nl/articles/2407/19/news021.jpg 【今日の計算】「8×8÷8÷8」を計算せよ
  5. /nl/articles/2407/18/news032.jpg ヤマト運輸から届いた“予告状”に7万いいね 逆怪盗キッドという発想に「オモロすぎる」「センス良すぎて笑ったwww」
  6. /nl/articles/2407/14/news001.jpg 「結局、ホテルの布団はキレイにしたほうがいい?」 ホテル従業員の回答を覚えておきたい
  7. /nl/articles/2407/18/news031.jpg プロが本気で“アンパンマンの塗り絵”をしたら…… 衝撃の仕上がりが360万再生「凄すぎて笑うしかないww」「チーズが、、、」
  8. /nl/articles/2407/17/news033.jpg 「保育園の先生に褒められまくってる」 息子のために義母が作ってくれたズボンが「センスある」「かわいい」と大人気
  9. /nl/articles/2407/19/news133.jpg そういうことか……! 道で見つけた“JPEG画像”みたいなフタ → 意味が分かると笑っちゃう例えに「うまいww」「センス良すぎ」
  10. /nl/articles/2407/18/news161.jpg 「笑ったww」「とんでもねぇ」 AIの指示通りにメイクしてみたら……? 衝撃すぎる仕上がりに爆笑「1周まわって芸術」
先週の総合アクセスTOP10
  1. 17歳がバイト代を注ぎ込み、購入したカメラで鳥を撮影したら…… 美しい1枚に写り込んだまさかの光景に「ヤバい」
  2. 日本地図で「これまで“気温37度以上”を観測した都道府県」を赤く塗ったら…… 唯一の“意外な空白県”に「マジかよ」「転勤したい」
  3. お昼寝中の柴犬、すぐ近くに“招かれざる客”が現れ…… まさかの正体にワンコも驚き「初めて見たww」「世界よこれが日本の番犬だ」
  4. GU、SNSで話題の「バレルレッグジーンズ」全店発売を延期 「予想を大幅に上回る売れ行き」で
  5. 柴犬に18歳シニア犬との留守番を頼んだら…… 見守りカメラがとらえた行動に「優しい行動に涙が」「人間も見習わないと」
  6. 沸騰したアメに金平糖を入れると…… 京都の製菓店が作った“斬新スイーツ”の完成形に「すごい発想」「夢みたい…」
  7. 車の下から聞こえる“奇妙な騒ぎ”の正体は……? 6200万再生の驚きの光景に「私には絶対にできない」「尊敬します」【米】
  8. 「みんなが勝手にいろいろ言って……」 神田正輝、初告白した激痩せ&重病説の“まさかすぎる真相”に視聴者びっくり「そんな事情だったんですね」
  9. そうめんを作り置き冷凍弁当にしてみたら……おいしくてリピ確定! 100万再生の作り方に「夏休みの子どものお昼に最高」
  10. 丸山桂里奈、“元夫”との2ショットに「え!!」 成長した娘にも注目の声「もうこんなに大きくなって!!」
先月の総合アクセスTOP10
  1. 18÷0=? 小3の算数プリントが不可解な出題で物議「割れませんよね?」「“答えなし”では?」
  2. 日本人ならなぜかスラスラ読めてしまう字が“300万再生超え” 「輪ゴム」みたいなのに「カメラが引いたら一気に分かる」と感動の声
  3. 「最初から最後まで全ての瞬間がアウト」 Mrs. GREEN APPLE、コカ・コーラとのタイアップ曲に物議 「誰かこれを止める人いなかったのか」
  4. 「値段を三度見くらいした」 ハードオフに38万5000円で売っていた“予想外の商品”に思わず目を疑う
  5. 「思わず笑った」 ハードオフに4万4000円で売られていた“まさかのフィギュア”に仰天 「玄関に置いときたい」
  6. かわいすぎる卓球女子の最新ショットが730万回表示の大反響 「だれや……この透明感あふれる卓球天使は」「AIじゃん」
  7. 「これはさすがに……」 キャッシュレス推進“ピクトグラム”コンクールに疑問の声相次ぐ…… 主催者の見解は
  8. 天皇皇后両陛下の英国訪問、カミラ王妃の“日本製バッグ”に注目 皇后陛下が贈ったもの
  9. 「この家おかしい」と投稿された“家の図面”が111万表示 本当ならばおそろしい“状態”に「パッと見だと気付けない」「なにこれ……」
  10. 和菓子屋の店主、バイトに難題“はさみ菊”を切らせてみたら…… 282万表示を集めた衝撃のセンスに「すごすぎんか」「天才!?」