ニュース
» 2015年07月02日 08時51分 公開

ひらがなにするだけで力が抜けちゃう 「洋楽バンド名をひらがなにすると脱力感」ハッシュタグで日本語の奥深さを知る

ひらがなによるイメージの破壊力、無限大。

[あまにょん,ねとらぼ]

 Twitterで突如「洋楽バンド名をひらがなにすると脱力感」タグが盛り上がりました。


画像 トレンドに上がりました


画像 リアルタイム検索

 実はこのハッシュタグは昨年9月ごろに登場し盛り上がっていたのですが、ひらがなに書き換えるだけで参加できるためか、再び登場し盛り上がっているようです。企業公式アカウントも参戦。社内で聞いたらいろいろなバンド名が出てきたのでストップしてみたり、薬用せっけんミューズとMUSEなど商品名と同じバンドがいたりと、面白い展開に。確かに想像はできるんだけど、ずるい……!




 KISSという派手なメイクでおなじみのハードロックバンドに至っては、若干大喜利っぽい展開になっているものもありました。書き方によっては魚になったり、きす=キス=接吻につながったり。ニホンゴムズカシイネ。



 洋楽バンドをひらがなにすると、ヒップホップを取り入れたミクスチャーバンドやプログレバンドもアニメやゲームの主題歌歌ってそうなバンドっぽくなってしまうようです。リンキンパークやキングクリムゾンなどがそうですね。



 ひらがなで書いて脱力感が増すものはどんなものか分析されている方もいました。短いもの、濁音や長音がないもの、他の何かに見えるものが、より脱力感高めの印象を与えるとのこと。確かにそうかも!


 ちなみに筆者はこのハッシュタグを通じて、「くいーん」という女装愛好家のための雑誌が実在していたという事実を知りました。1980年から2003年まで、隔月で発行された雑誌だったとのこと(Wikipediaより)。販売ルートは限られていたようですが……。


 ひらがなで書いてしまうと、ハードロックバンドもどこかほんわかな印象になってしまうので、ひらがなって実はすごい文字なのでは、と筆者は思います。ひらがな、もっとガンガン使っていこう!



あまにょん

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 「彼氏に撮ってもらった」→窓ガラスに写った真実は…? アクロバティックな詐欺写真に「笑った」「器用な彼氏」
  2. 「俺も昔はワルだった」「へぇ〜 今日は当時の被害者を呼んでます」 女子高生がかわいさ全開で鉄槌をくだす漫画「正義のミカたん」
  3. 叶恭子、美女に擬態した『鬼滅の刃』鬼舞辻無惨コス マーベラスな着物姿に「すごい…妖艶すぎる」「完璧」
  4. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  5. 「助かりました」「早速実践します」 小児科医が教える“はがれにくい絆創膏の貼り方”が使えると話題に
  6. ステキな週末のパパ……! 荒ぶる子猫たちに囲まれたパパ猫の“無”の表情に「わかる」「私だ」と共感の声
  7. ClariS、デビュー10周年でメディア初の顔出し ファンからは「やっぱり美人さんやん!」「かわいい〜〜!!!!」
  8. 鮭ってこんなに種類あったのか! サーモン会社が投稿した「鮭の比較」画像が「買い物に便利」と話題
  9. 「貴方ならもっといける」「絶対に神絵師になれる」 応援コメント糧に10カ月で神絵師へと成長した人が話題に
  10. 中村江里子、フォロワー10万超のインスタが消滅 「どうにもならない気持ちでいっぱい」「一体、何の目的で?」