ニュース
» 2015年07月02日 08時51分 公開

ひらがなにするだけで力が抜けちゃう 「洋楽バンド名をひらがなにすると脱力感」ハッシュタグで日本語の奥深さを知る

ひらがなによるイメージの破壊力、無限大。

[あまにょん,ねとらぼ]

 Twitterで突如「洋楽バンド名をひらがなにすると脱力感」タグが盛り上がりました。


画像 トレンドに上がりました


画像 リアルタイム検索

 実はこのハッシュタグは昨年9月ごろに登場し盛り上がっていたのですが、ひらがなに書き換えるだけで参加できるためか、再び登場し盛り上がっているようです。企業公式アカウントも参戦。社内で聞いたらいろいろなバンド名が出てきたのでストップしてみたり、薬用せっけんミューズとMUSEなど商品名と同じバンドがいたりと、面白い展開に。確かに想像はできるんだけど、ずるい……!




 KISSという派手なメイクでおなじみのハードロックバンドに至っては、若干大喜利っぽい展開になっているものもありました。書き方によっては魚になったり、きす=キス=接吻につながったり。ニホンゴムズカシイネ。



 洋楽バンドをひらがなにすると、ヒップホップを取り入れたミクスチャーバンドやプログレバンドもアニメやゲームの主題歌歌ってそうなバンドっぽくなってしまうようです。リンキンパークやキングクリムゾンなどがそうですね。



 ひらがなで書いて脱力感が増すものはどんなものか分析されている方もいました。短いもの、濁音や長音がないもの、他の何かに見えるものが、より脱力感高めの印象を与えるとのこと。確かにそうかも!


 ちなみに筆者はこのハッシュタグを通じて、「くいーん」という女装愛好家のための雑誌が実在していたという事実を知りました。1980年から2003年まで、隔月で発行された雑誌だったとのこと(Wikipediaより)。販売ルートは限られていたようですが……。


 ひらがなで書いてしまうと、ハードロックバンドもどこかほんわかな印象になってしまうので、ひらがなって実はすごい文字なのでは、と筆者は思います。ひらがな、もっとガンガン使っていこう!



あまにょん

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 池田エライザ、 “お腹が出ている”体形を指摘する声へ「気にしていません」 1年前には体重58キロ公表も
  2. 「前歯を取られ歯茎を削られ」 広田レオナ、19歳デビュー作で“整形手術”を強制された恐怖体験
  3. ゴマキの弟・後藤祐樹、朝倉未来とのストリートファイトで45秒負け 左目腫らした姿を自ら公開し「もっと立って闘いたかった」
  4. 清原和博の元妻・亜希、16歳次男のレアショットを公開し反響 「スタイル抜群」「さすがモデルの遺伝子」
  5. 小林麻耶、おいっ子・めいっ子とのハロウィーン3ショットに反響 元気な姿に安堵の声が続々「幸せそうでなにより!」
  6. カエルに普段の50倍のエサをあげた結果…… 100点満点のリアクションに「想像以上で笑った」「癒やされました」
  7. 「左手は…どこ?」「片腕が消えてる」 中川翔子、謎が深まる“心霊疑惑”ショットにファン騒然
  8. 「家ではまともに歩けてない」 広田レオナ、左股関節に原因不明の“炎症” 夫から「凄い老けたと言われてます」
  9. 小林麻耶、髪ばっさりショートボブに「とても軽いです!」 ファンも反応「似合います」「気分も変わりますよね!」
  10. キンタロー。浅田舞の社交ダンス挑戦を受け体格差に驚がく 「手足が長い!!」「神様のイタズラがすぎるぞ!!」