ニュース
» 2015年07月14日 10時13分 公開

少女漫画の金字塔「王家の紋章」がミュージカル化決定! 帝国劇場で2016年8月上演 キャストに浦井健治、宮澤佐江、新妻聖子、宮野真守、平方元基

時空を超えた愛とロマンが幕を開ける。

[ねとらぼ]

 少女漫画「王家の紋章」のミュージカル化が決定した。2016年8月に帝国劇場で上演される。

王家の紋章 どんな舞台になるのか楽しみ

 「月刊プリンセス」(秋田書店)にて1976年から現在まで連載を続ける累計発行部数4000万部を誇る細川智栄子あんど芙〜みんが描く「王家の紋章」を舞台化する。音楽には「エリザベート」や「モーツァルト!」などを手がけるシルヴェスター・リーヴァイ、演出には荻田浩一を迎え、壮大なスケールで古代エジプトの世界を表現する。

 古代エジプトの若き王メンフィス役には浦井健治、ヒロインのキャロル役は宮澤佐江と新妻聖子がWキャストで演じる。また、キャロルを巡ってメンフィスと敵対するヒッタイト国の王子イズミル役は宮野真守と平方元基がWキャストで演じる。ほかにも、キャロルの兄ライアン役を伊礼彼方、メンフィスを深く愛する彼の姉アイシス役を濱田めぐみ、メンフィスを支えるエジプトの宰相イムホテップ役を山口祐一郎が務める。

王家の紋章 悠久の時の流れに繰り広げられる、3000年の時空を超えた熱烈な愛とロマンの物語

ストーリー

 16歳のアメリカ人少女キャロル・リードは、事業を営む家族とともにエジプトに移り住み、友人や恋人と共に大好きな考古学を日々研究していた。ある日、リード家の出資によってあるピラミッドの発掘が行われる。それは、古代エジプトの王・メンフィスの墓だった。古代エジプトへのロマンに浸るキャロルの元に現れた謎の美女・アイシス。記憶を失くしているという彼女は、実は古代エジプトの神殿の祭司でメンフィスの姉であった。メンフィスを愛するアイシスの呪術によって、キャロルは古代エジプトへとタイムスリップしてしまう――。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 田中将大、石川佳純ら卓球女子との集合ショットに反響 「夢の共演」「どちらから声を掛けたのか気になる」
  2. 田中将大の五輪オフショット集、最後は柔道・阿部詩との2ショットでシメ! “モテ男”の期待裏切らず「美女好きですね〜」
  3. 「マジで恥ずかしいです」 中川翔子、数年ぶりの“水着披露”に恥じらいつつもマネジャー大絶賛「スタイルめっちゃいいすね!」
  4. 里田まい、楽天ユニフォーム姿の長男に「違う、そうじゃない」 父・田中将大選手そっちのけの推し愛にツッコミの嵐
  5. 野々村真、動画で退院を報告 やつれた姿に衝撃広まる「コロナがより怖くなった」「ガリガリで衝撃を受けたわ」
  6. 「薬を問われ、アル中だと言われ」 西山茉希、“うわさ”ささやかれる痩せ体形に「懸命なもんでご了承願います」
  7. 柴犬「メシ、よこさんかーい!!(激怒)」 ごはんを忘れた飼い主に皿をぶん投げる柴犬、荒ぶる姿に「爆笑した」
  8. レイザーラモンRG、コロナ療養で“10キロ減”を告白 「顔が変わっちゃいました」とやつれた姿で復帰報告
  9. 海外記者「最高のコンビニアイスを発見した」 森永チョコモナカジャンボ、ついに世界に見つかってしまう
  10. 「ついついキレイな部分ばかり載せたくなりますが」 小倉優子が公開したインスタの“現実”に「勝手に親近感が」「共感しかない」