ニュース
» 2015年07月19日 15時40分 公開

焼き鳥を串から外して食べるのはダメ? マナーに詳しい人に教えてもらおう

からあげにレモンをかけるかどうかにも通じる問題。

[吉岡綾乃,ねとらぼ]

 居酒屋などで注文することの多い焼き鳥の盛り合わせ。食べる前に串を外してバラバラにするのはダメ? という話題が、Twitterで議論されているようです

焼き鳥の盛り合わせ

 きっかけになったのはこのマンガ付きツイートでした

 飲み会などで焼き鳥の盛り合わせを頼んだときなど、大勢で分けやすいよう、先に串から外す人がいます。気を利かせて率先して行う行動である半面、焼き鳥をつくる立場の人からすれば、(悪い意味で)「グッとくる」というもの。

 ネットの反応を見ていても、賛否両論真っ二つです。「焼き鳥は串有りきで焼き鳥なんだ 串に刺さってない焼き鳥なんかただの焼いた鶏だ」「焼き鳥、串に刺さってこそ焼き鳥感があって美味しいのになんで外しちゃうかなー」「つくねとかはいいとしても砂肝は飛び散る」などの“串のまま主義派”もいれば、「焼き鳥を串から外さないって言う人は飲み会で焼き鳥を食べない人」「マナーとかじゃなくて食べやすいから串からはずしてる人が大半じゃないの…俺も家とかでも外してよく食べるし」「焼き鳥って4本ぐらいでお腹結構ふくれるし他のものも食べたいから串外したくなるのもわかる」といった“外すの推奨派”もいるようす。

 改めて自分を振り返って考えてみても、これ、けっこう難しい問題です。「わざわざ串に刺して焼いて出しているのに、食べる前に外してしまっては邪道」という作り手の気持ちはよく分かりますし、筆者自身「串から外すと冷めやすいし、おいしくなくなる」と思っています。その半面、自分自身で串から直接焼き鳥を食べながら「あまりお行儀がいい感じではないなあ」と思うことも……。

 飲み会などの席で、焼き鳥を食べる前に串から外すのはいいのか悪いのか? 以前「出されたお茶を飲むのは失礼かどうか」(参考記事)を教えてもらった、グローバルナレッジネットワークの田中淳子さんとSix Stars Consultingの原田由美子さんに、今回は「会社の飲み会だったら?」という仮定で、焼き鳥マナーについて聞いてみました。

決まった正解はないけれど……

 田中さんも原田さんも「これが正解というのはない」と前置きしつつ、教えていただいた内容はほぼ一致していました。

 まず一般的に「焼き鳥専門店なら一人ずつ串を頼んで欲しいだろうし、気軽な居酒屋などであれば、お店の人としてはどちらでも気にしないでしょう」と田中さん。

 「きっかけとなったマンガにもあるように、基本的には焼き鳥は、料理として見ると1本の串で刺した状態で食べるもの。食べる前に外してしまっては、肉汁が出てしまったり、冷めてしまったり(おいしくなくなる)。また『他の人の手で触られるのが気になる』という方もけっこういます」(原田さん)

 意見が割れていることからも分かるように、串のまま食べたい人も、分けて食べたい人もいるのがこの話の難しさ。また、そのまま食べたくても人数分の串がなく、分けざるを得ないこともあるでしょう。なので、大切なのは「その場にいる人がどちらを望んでいるのか、意識合わせをすること」という点も、二人とも一致していました。

 具体的にどうすればいいのか、まとめてみました。

  • 盛り合わせで出てきたり、人数分の串がないといった場合には「それぞれ取ります? 外します?」などと確認。「外して」と言う人がいれば外すし、「串ごと食べたい」という声があれば各自で好みの串を取る
  • 焼き鳥が載ったお皿ごと持って「お好きなものをお取りください」と勧める。「外して」と声がかかったら、取り箸とおしぼりを用意してもらって手際よく外す
  • お店の人に頼んで外してもらうと、きれいに盛り付け直してくれることもある(店による)

「から揚げレモン問題」にも通じる……?

 そもそも会食というのは「食べる」だけが目的ではなく、「コミュニケーションすること」が目的なはず。だとすれば、コミュニケーションの一つとして、「串から外す? そのままにする?」という問いかけができることが大事だ、と田中さんは言います。

から揚げレモン問題にも通じる……?

 飲み会ならではのルールという観点でいくと、根底は同じだと思われるのが「から揚げの盛り合わせにレモンをかけるべきかどうか問題」。これも、そうしたい人としたくない人が両方いる話です。「『から揚げに黙ってレモンをかける』のが良いか悪いかではなく、『かけますか?』と確認すればいい話です。勝手にやってしまうことが問題、つまりはファシリテーション(注:会議などの場で、メンバーのコミュニケーションを促進したり、成果が上がるよう支援すること)です」(田中さん)

 マナーとは気分よく過ごすための約束事のようなもの。どうすれば気分良く過ごせるかは、その集団ごとに感じ方が異なって当然です。焼き鳥を串から外すか、から揚げにレモンをかけるか――小さな話ではあるけれど、そういう場でも他者の言い分や気持ちを聞いて合意して進行できる人は、きっと会議などでも仕切り上手。そう思って周りを観察すると、人を見る目が変わる……かもしれません。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2109/28/news108.jpg MAX74.8キロの霜降りせいや、半年の過酷トレーニングで約9キロ減 別人ばりの痩せ姿に「惚れました」
  2. /nl/articles/2109/27/news084.jpg 星野さんどこ……? 「どん兵衛」、鬼気迫るどんぎつねさんが“眼鏡”を放り捨てる意味深CMがもう「リアルごちゃ混ぜ」
  3. /nl/articles/2109/26/news053.jpg 娘がダイソーで買ったニワトリ風船がなんかおかしい…… ナナメ上のビジュアルに「吹いた」「おなか痛いw」
  4. /nl/articles/1904/02/news128.jpg もはや別人じゃん! ガリガリガリクソン、47キロ減で劇的ビフォーアフター「俺は平成の終わりにデブを捨てた」
  5. /nl/articles/2109/28/news069.jpg 「母さんごめん。26歳になってもまだ使ってる」 家庭科で作った“ドラゴンナップザック”を社会人になっても使い続ける猛者が強い
  6. /nl/articles/2109/28/news028.jpg 美術館への侵入を試みる黒猫と、警備員の攻防戦 4年続く仲良しなやりとりに「どちらもうれしそう」「ほっこり」の声
  7. /nl/articles/2109/27/news068.jpg 母から借りたキャリーバッグの中から見つかった不気味なものとは…… 謎が謎を呼ぶ思い出を描いた漫画がゾッとする
  8. /nl/articles/2109/29/news001.jpg 【なんて読む?】今日の難読漢字「笏」
  9. /nl/articles/2109/27/news043.jpg シンクでじっとお水を待つ猫、しかし…… 出てこない水に悲し気な姿に「悲壮感ハンパない」「けなげでかわいい」の声
  10. /nl/articles/2109/27/news061.jpg 子どもが怖い人とぶつかってしまった、と思ったら? 頑張るママを癒やしてくれる顔面ヤクザなお兄さんの漫画が優しい世界

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 田中将大、石川佳純ら卓球女子との集合ショットに反響 「夢の共演」「どちらから声を掛けたのか気になる」
  2. 田中将大の五輪オフショット集、最後は柔道・阿部詩との2ショットでシメ! “モテ男”の期待裏切らず「美女好きですね〜」
  3. 「マジで恥ずかしいです」 中川翔子、数年ぶりの“水着披露”に恥じらいつつもマネジャー大絶賛「スタイルめっちゃいいすね!」
  4. 里田まい、楽天ユニフォーム姿の長男に「違う、そうじゃない」 父・田中将大選手そっちのけの推し愛にツッコミの嵐
  5. 野々村真、動画で退院を報告 やつれた姿に衝撃広まる「コロナがより怖くなった」「ガリガリで衝撃を受けたわ」
  6. 「薬を問われ、アル中だと言われ」 西山茉希、“うわさ”ささやかれる痩せ体形に「懸命なもんでご了承願います」
  7. 柴犬「メシ、よこさんかーい!!(激怒)」 ごはんを忘れた飼い主に皿をぶん投げる柴犬、荒ぶる姿に「爆笑した」
  8. レイザーラモンRG、コロナ療養で“10キロ減”を告白 「顔が変わっちゃいました」とやつれた姿で復帰報告
  9. 海外記者「最高のコンビニアイスを発見した」 森永チョコモナカジャンボ、ついに世界に見つかってしまう
  10. 「ついついキレイな部分ばかり載せたくなりますが」 小倉優子が公開したインスタの“現実”に「勝手に親近感が」「共感しかない」