ニュース
» 2015年09月10日 16時37分 公開

Ingress×ポケモン! スマホの位置情報と新デバイスを使った次世代ゲーム「Pokemon GO」が正式発表

ポケモン探しにリアル旅行へ出かけよう。

[コンタケ,ねとらぼ]

 株式会社ポケモンより、ポケモンの新タイトルであるスマートフォンアプリ「Pokemon GO」が発表されました(関連記事)。ナイアンティックの位置情報ゲーム「Ingress」とポケットモンスター(以下ポケモン)を掛け合わせたゲームとなっており、リアル世界でポケモンを集めて戦わせられます。

 仕組みとしては、外を歩いているとスマホの位置情報からポケモンの出現を判定し、バトルがスタート。従来のポケモンシリーズのように、モンスターボールで捕まえて育てていきます。ポケモンは世界中のあらゆるところに潜んでおり、「Ingress」のように外をたくさん歩くことが重要となってくるようです。

 もともとポケモンの世界の地形は現実世界とそっくりに作られており、「現実世界を冒険する」のはポケモンのテーマの1つでもあります。「Pokemon GO」は、まさにリアルなポケモントレーナーを体験できるものとなりそうです。


PokemonGoPlus ポケモンの地形は現実世界を基に作られている

 また、「Pokemon GO」専用の別売りデバイスとして、「Pokemon GO Plus」も同時に発表されました。モンスターボールを模したデザインをしており、ポケモンが近づくと振動とLEDライトの点灯で知らせてくれます。また、モンスターボールを投げることも、同機から行えるそうです。スマホとBluetoothで接続して使い、腕に巻くベルトタイプやクリップタイプなどが発表されました。


PokemonGoPlus 「Pokemon GO Plus」の外観


PokemonGoPlus 「Pokemon GO Plus」の外観その2


PokemonGoPlus 振動とLEDのみのシンプルな作りとなっています

 これは、「スマホの画面を見続けて周りにきづかない人が増えており、スマホの画面を見続けなくても遊べるようにしたい」「外の世界に目を向けてほしい」という思いから生まれたそうです。「Pokemon GO」は同機がなくても遊べるそうですが、ゲームへの没入感などに差が出るだろうとのこと。

 さらに、発表会の中では、「Pokemon GO」を次のポケモン完全新作と関係させていきたいとの発言もありました。単独では終わらない、次へ続いていく作品となるのかもしれません。

(コンタケ)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 痩せたらこんなに変わるのか 丸山桂里奈、現役時代の姿が別人過ぎて「誰かわからん」の声殺到
  3. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  4. セーラーサターンの変身シーン、四半世紀を経てアニメ初公開にネット湧く 「ついに公式が」「感謝しかない」
  5. 「髪型体型全て違う」 丸山桂里奈、引退直後のセルフ写真にツッコミ 4年前のスレンダーな姿に「今も輝いててかわいい」の声も
  6. 鳥取砂丘から古い「ファンタグレープ」の空き缶が出土 → 情報を募った結果とても貴重なものと判明 ファンタ公式も反応
  7. 「マジで助けてくれ」 試験中止で教授に“リスのさんすうノート”を提出することになった大学生に爆笑
  8. 「140秒とは思えない満足感」「なぜこれだけの傑作が埋もれているのか」 崩壊した日本を旅する“最後の動画配信者”のショートフィルムが話題
  9. 「化粧! 今すぐ落としてこい!」 男性教師に怒鳴られる生徒をかばう女性教師を描いた漫画に納得と感謝の声
  10. 畠山愛理、いま着たらピチピチなレオタードを公開 「とんでもなく可愛い」「見惚れてしまいました」と反響