ニュース
» 2015年09月26日 17時46分 公開

中国の「中秋節」に欠かせない中華菓子「月餅」のウンチクあれこれ

月餅おいしい。

[日本気象協会 tenki.jp(http://www.tenki.jp/)]
Tenki.jp
中秋節 濃厚な餡がたっぷり詰まった中華スイーツの代表格「月餅」

 明日9月27日は、十五夜となる「中秋の名月」。日本でお月見をするように、この日は中国でも「中秋節(ちゅうしゅうせつ)」の伝統行事として、観月の宴会やお祝いをする習慣があります。そんな中秋節の味覚として欠かせないのが、中国の伝統的な焼菓子「月餅(げっぺい)」です。中秋の名月にちなんで、中国の中秋節と月餅にまつわるお話をお届けしましょう。

十五夜の月を愛でながら、秋の豊作を祝う「中秋節」

中秋節 中国で「円満・完璧」の象徴とされる満月

 中国の「中秋節」とは、「春節(旧暦の1月1日)」「端午節(旧暦の5月5日)」と並ぶ三大節のひとつで、毎年、旧暦の8月15日(今年は9月27日)に、十五夜の月を愛でながら秋の豊作を祝う伝統行事です。

 中秋節は別名「団円節(だんえんせつ)」とも呼ばれ、大変おめでたいことの意を表します。中国ではどこも欠けていない満月を「円満・完璧」の象徴と考え、1年で最も美しいとされる中秋節の満月(厳密には満月にならない年もあります)を特に大切にしています。この日は嫁いだ娘も生家に戻り、家族たちと円形に食卓を囲んで、久々の一家団らんを楽しむそうです。

真ん丸なお月様に見立てた旬の銘菓「中秋月餅」

中秋節 餡の中に塩卵の黄身が丸ごと入った鹹蛋月餅

 お月見といえば日本では団子をお供えしますが、中国では満月に見立てた丸い月餅を家族で切り分けて食べ、家庭円満と皆の健康を祈ります。

 中秋節の頃になると横浜・神戸・長崎の中華街でも、この時期だけに作られる期間限定の中秋月餅が店頭に並びます。その代表的なものが、餡の中に塩卵の黄身が丸ごと入った鹹蛋(タンファン)月餅です。

 鹹蛋とは塩漬けにしたアヒルの卵の黄身のことで、鶏卵よりも脂分が多く、ねっとりした濃厚な味わいが特徴。厚みのある鹹蛋月餅をふたつに切ると、餡の真ん中にオレンジ色の丸い黄身が姿を現わし、まさに満月のお月様のようです。

 とろりとした黄身の塩味と、程よい甘さの餡が絶妙にマッチした鹹蛋月餅は、見ても食べても楽しめる風雅な秋の銘菓といえるでしょう。

月餅をより美味しく食べる方法とは?

 月餅は「そのまま手に持ってかぶりつく」「手でひと口大に割って食べる」という人が多いと思いますが、実はもっと美味しくなる食べ方があるのをご存知ですか?

 その方法とは「包丁を使って切る」こと。ホールのケーキを切り分けるように、包丁でキレイにカットして食べるのがおすすめです。

 これは、別にお行儀がいいからとか、伝統的な食べ方だからというわけではありません。日本のサラッとした餡と比べ、月餅に使われる中華餡は独特の粘りがあるので、包丁でスパッと切ると切り口が滑らかで、見た目とともに口当たりも良くなるのです。月餅は「切り口が美味しい」と言われるゆえんです。

 また、月餅には烏龍茶などの中国茶や日本茶がよく合いますが、意外にブラックコーヒーとの相性もGOOD。濃厚な舌触りの中華餡とコーヒーの苦味が程よくマッチして、月餅の新しい美味しさが発見できますよ。

 秋の夜長、美しい月を愛でながら、ビターなコーヒーと月餅のマリアージュを愉しむ……今宵は、ちょっと風流な大人のスイーツタイムを満喫してみてはいかがですか?

関連リンク

Copyright (C) 日本気象協会 All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 田中将大、石川佳純ら卓球女子との集合ショットに反響 「夢の共演」「どちらから声を掛けたのか気になる」
  2. 田中将大の五輪オフショット集、最後は柔道・阿部詩との2ショットでシメ! “モテ男”の期待裏切らず「美女好きですね〜」
  3. 「マジで恥ずかしいです」 中川翔子、数年ぶりの“水着披露”に恥じらいつつもマネジャー大絶賛「スタイルめっちゃいいすね!」
  4. 里田まい、楽天ユニフォーム姿の長男に「違う、そうじゃない」 父・田中将大選手そっちのけの推し愛にツッコミの嵐
  5. 野々村真、動画で退院を報告 やつれた姿に衝撃広まる「コロナがより怖くなった」「ガリガリで衝撃を受けたわ」
  6. 「薬を問われ、アル中だと言われ」 西山茉希、“うわさ”ささやかれる痩せ体形に「懸命なもんでご了承願います」
  7. 柴犬「メシ、よこさんかーい!!(激怒)」 ごはんを忘れた飼い主に皿をぶん投げる柴犬、荒ぶる姿に「爆笑した」
  8. レイザーラモンRG、コロナ療養で“10キロ減”を告白 「顔が変わっちゃいました」とやつれた姿で復帰報告
  9. 海外記者「最高のコンビニアイスを発見した」 森永チョコモナカジャンボ、ついに世界に見つかってしまう
  10. 「ついついキレイな部分ばかり載せたくなりますが」 小倉優子が公開したインスタの“現実”に「勝手に親近感が」「共感しかない」