ニュース
» 2015年10月12日 16時30分 公開

漫画家の孤独とは? 伊藤黒介さんが2本の連載を終了する理由がチリチリと心にくる

「この仕事の先に展望がなくなりました。想像以上に漫画家というのは孤独な職業でありました」。

[ねとらぼ]

 漫画家の伊藤黒介さんが自身のブログで「まんがライフオリジナル」(竹書房)で連載中の「ベルとふたりで」と、「まんがライフMOMO」(竹書房)で連載中の「イヴ愛してる」の4コマ漫画2作品を終了することを発表。漫画家やファンらが“漫画家の孤独”についてネットで話題にしていました。

 「自分で決めました。理由はいろいろありますが、この仕事の先に展望がなくなりました。想像以上に漫画家というのは孤独な職業でありました」との伊藤さんの絞り出すような告白に「こんなに追い詰められてるなんて知りもしなかった」「我々読者がもっと支持(あるいは不支持あるいはそれ以外でも)の声を届けないとあかんのや、と痛感」と反応を寄せています。

 伊藤さんは「普通の仕事であれば職場には仕事を指示する上司がいて、段取りを教えたり不手際を叱る先輩がいて、相談したり愚痴を言い合ったりする同僚などいたりするもの」だが、漫画家にはそういうものはなく、新人であってもデビューしてしまえばすべて1人で考えなくてはならず、「その孤独さへの準備ができていなかったし結局潰れたということ」と説明。一切他人と会うことがなくなるにつれて見識が広がらず、増えない知識量でひねり出すネタも枯れ果てたと連載終了の理由を明かしています。

 これには、編集者が唯一の外との接点となってしまうことの弊害や、誰にも会わずに話さない日々が続くことによる漫画家の追い詰められていく精神状態に言及するコメントもありました。また、商業誌だけでなく同人活動であったり、イベントへ参加することによる読者からの反応がモチベーションを保つ術になっているとも。

伊藤黒介 「もともと人嫌いで友人もいない性格だったけど一切他人と会うことのない数年はしみじみとこたえた」とも

 読者がどう思っているのか、他人からの反応もなく相談相手もおらず、漫画がウケているのか、どこをいじればよくなるのかの見当もつかず、「一人で描いてはデータを送っているだけの独り相撲の状況を自覚したとたん、わーっと嫌になって、衝動的に全部ぶん投げたというのが実情です」と伊藤さんはつづっています。

 「いまは仕事以前に、人間として他人と関わりたい」と伊藤さん。デビューしたら「漫画家なりの生活や交友関係が自然にできるものだと思って、漠然と描いてきたけどつくづく甘く見てました」「知識も経験も全く学べないこの環境にこれ以上いると、作家として人としてますます取り返しがつかなくなってしまうという恐怖感もあった」と自身の現状を鑑みて、「ちゃんと自分で縁を探さなきゃいけなかった」と分析しています。

 「漫画家をやるために環境を整える時間というものをとる」ことにした伊藤さんは今後、そうしたことを再構築することに注力するとしています。「漫画家というのを舐めてたので、今度はちゃんと準備する。それでダメならそれまででしょう」(伊藤さん)

 「イヴ愛してる」は10月発売号で、「ベルとふたりで」は11月発売号で最終回を迎えます。

伊藤黒介伊藤黒介 「ベルとふたりで」と「イヴ愛してる」

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 鳥取砂丘から古い「ファンタグレープ」の空き缶が出土 → 情報を募った結果とても貴重なものと判明 ファンタ公式も反応
  2. 「モンストのせいで彼氏と別れました」→ 運営からの回答が“神対応”と反響 思いやりに満ちた言葉に「強く生きようと思う」と前向きに
  3. 「この抜き型、何ですか……?」 家で見つけた“謎のディズニーグッズ”にさまざまな推察、そして意外な正体が判明
  4. 人間に助けを求めてきた母犬、外を探すと…… びしょ濡れになったうまれたての子犬たちを保護
  5. 幼なじみと5年ぶりに再会したら…… 陸上選手から人間ではない何かに変わっていく姿を見てしまう漫画が切ない
  6. ブルボンの“公式擬人化”ついにラスト「ホワイトロリータ」公開 イメージ通り過ぎて満点のデザイン
  7. 「幸せな風景すぎて涙出ました」 じいちゃんの台車に乗って散歩するワンコのほのぼのとした関係に癒やされる
  8. 「遺伝ってすごい」「足長っ!」 仲村トオルの“美人娘”ミオがデビュー、両親譲りのスタイルに驚きの声
  9. 猫「飼い主、大丈夫か……?」 毎日の“お風呂の見守り”を欠かさない3匹の猫ちゃんたちがかわいい
  10. 天才科学者2人が最強最高のロボを作成するが…… 高性能過ぎて2人の秘密がバラされちゃう漫画に頬が緩む

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 痩せたらこんなに変わるのか 丸山桂里奈、現役時代の姿が別人過ぎて「誰かわからん」の声殺到
  3. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  4. セーラーサターンの変身シーン、四半世紀を経てアニメ初公開にネット湧く 「ついに公式が」「感謝しかない」
  5. 「髪型体型全て違う」 丸山桂里奈、引退直後のセルフ写真にツッコミ 4年前のスレンダーな姿に「今も輝いててかわいい」の声も
  6. 鳥取砂丘から古い「ファンタグレープ」の空き缶が出土 → 情報を募った結果とても貴重なものと判明 ファンタ公式も反応
  7. 「マジで助けてくれ」 試験中止で教授に“リスのさんすうノート”を提出することになった大学生に爆笑
  8. 「140秒とは思えない満足感」「なぜこれだけの傑作が埋もれているのか」 崩壊した日本を旅する“最後の動画配信者”のショートフィルムが話題
  9. 「化粧! 今すぐ落としてこい!」 男性教師に怒鳴られる生徒をかばう女性教師を描いた漫画に納得と感謝の声
  10. 畠山愛理、いま着たらピチピチなレオタードを公開 「とんでもなく可愛い」「見惚れてしまいました」と反響