ニュース
» 2015年10月12日 16時30分 公開

漫画家の孤独とは? 伊藤黒介さんが2本の連載を終了する理由がチリチリと心にくる

「この仕事の先に展望がなくなりました。想像以上に漫画家というのは孤独な職業でありました」。

[ねとらぼ]

 漫画家の伊藤黒介さんが自身のブログで「まんがライフオリジナル」(竹書房)で連載中の「ベルとふたりで」と、「まんがライフMOMO」(竹書房)で連載中の「イヴ愛してる」の4コマ漫画2作品を終了することを発表。漫画家やファンらが“漫画家の孤独”についてネットで話題にしていました。

 「自分で決めました。理由はいろいろありますが、この仕事の先に展望がなくなりました。想像以上に漫画家というのは孤独な職業でありました」との伊藤さんの絞り出すような告白に「こんなに追い詰められてるなんて知りもしなかった」「我々読者がもっと支持(あるいは不支持あるいはそれ以外でも)の声を届けないとあかんのや、と痛感」と反応を寄せています。

 伊藤さんは「普通の仕事であれば職場には仕事を指示する上司がいて、段取りを教えたり不手際を叱る先輩がいて、相談したり愚痴を言い合ったりする同僚などいたりするもの」だが、漫画家にはそういうものはなく、新人であってもデビューしてしまえばすべて1人で考えなくてはならず、「その孤独さへの準備ができていなかったし結局潰れたということ」と説明。一切他人と会うことがなくなるにつれて見識が広がらず、増えない知識量でひねり出すネタも枯れ果てたと連載終了の理由を明かしています。

 これには、編集者が唯一の外との接点となってしまうことの弊害や、誰にも会わずに話さない日々が続くことによる漫画家の追い詰められていく精神状態に言及するコメントもありました。また、商業誌だけでなく同人活動であったり、イベントへ参加することによる読者からの反応がモチベーションを保つ術になっているとも。

伊藤黒介 「もともと人嫌いで友人もいない性格だったけど一切他人と会うことのない数年はしみじみとこたえた」とも

 読者がどう思っているのか、他人からの反応もなく相談相手もおらず、漫画がウケているのか、どこをいじればよくなるのかの見当もつかず、「一人で描いてはデータを送っているだけの独り相撲の状況を自覚したとたん、わーっと嫌になって、衝動的に全部ぶん投げたというのが実情です」と伊藤さんはつづっています。

 「いまは仕事以前に、人間として他人と関わりたい」と伊藤さん。デビューしたら「漫画家なりの生活や交友関係が自然にできるものだと思って、漠然と描いてきたけどつくづく甘く見てました」「知識も経験も全く学べないこの環境にこれ以上いると、作家として人としてますます取り返しがつかなくなってしまうという恐怖感もあった」と自身の現状を鑑みて、「ちゃんと自分で縁を探さなきゃいけなかった」と分析しています。

 「漫画家をやるために環境を整える時間というものをとる」ことにした伊藤さんは今後、そうしたことを再構築することに注力するとしています。「漫画家というのを舐めてたので、今度はちゃんと準備する。それでダメならそれまででしょう」(伊藤さん)

 「イヴ愛してる」は10月発売号で、「ベルとふたりで」は11月発売号で最終回を迎えます。

伊藤黒介伊藤黒介 「ベルとふたりで」と「イヴ愛してる」

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2205/19/news007.jpg 井戸に2日間閉じ込められた子猫を救助 そばで待っていた母猫との再会に感動する【インド】
  2. /nl/articles/2205/19/news044.jpg 味の素のレシピ“豚ひき肉かたまり焼き”あまりのシンプルさで突如人気に 「助かる」「時短、簡単が超ありがたい」
  3. /nl/articles/2205/18/news184.jpg 「コアラのマーチを振り続けると巨大チョコボールになる」衝撃の豆知識が話題に → 実際やってみたら想像以上にハードだった
  4. /nl/articles/2205/19/news128.jpg リトル長友佑都!? 平愛梨、不機嫌な長男が“パパ似”だと話題 「試合中の眼差しにそっくり」「話し方もそっくりでビックリ!!」
  5. /nl/articles/2205/17/news099.jpg 「志摩スペイン村」微塵も人がいないのに突如トレンド入り 「にじさんじ」周央サンゴの“正直すぎるレポ”で話題に
  6. /nl/articles/2205/08/news007.jpg 上履きを学校に忘れ続ける息子→「そこで母は考えた」 簡単にできる対策アイデアに「天才だわ」と1万9000いいね
  7. /nl/articles/2205/19/news135.jpg 「米津玄師に負けた!」ウルトラマンファンが“強火歌詞”にもん絶 解釈強度に「悔し泣き」「映画見てから聞いて感動」の声続出
  8. /nl/articles/2205/18/news018.jpg お姉ちゃんの新居に行けないと分かった柴犬、落ち込んで…… お尻で語るいじけ方が切ないけどかわいい
  9. /nl/articles/2205/19/news076.jpg 知人やママ友に「これ作ってくれる?」と言われたハンドメイド作家→商品の値段を伝えると…… 切ない“作家あるある”に共感と応援の声
  10. /nl/articles/2205/19/news118.jpg 岩崎宏美、17歳の愛犬・ライスが天国へ 家族の“歌”とともに最期を迎え「涙が止まりませんでした」

先週の総合アクセスTOP10

  1. 人気動画ジャンル「ゆっくり茶番劇」を第三者が商標登録し年10万円のライセンス契約を求める ZUNさん「法律に詳しい方に確認します」
  2. 華原朋美、“隠し子”巡る夫の虚言癖に怒り「私はだまされて結婚」 家を飛び出した親に2歳息子も「もうパパとはいわなくなりました」
  3. フワちゃん、指原莉乃同乗のクルマで事故 瞬間を伝える動画が「予想の10倍ぶつけてる」「笑い事ではない」と物議
  4. 「ゆっくり茶番劇」商標取得者の代理人が謝罪 「皆様に愛されている商標であることを存じておらず」「爆破予告については直ちに通報致しました」
  5. YOSHIKI、最愛の母が永眠 受けた喪失感の大きさに「まだ心の整理ができず」「涙が枯れるまで泣かせて」
  6. 「ディ、ディープすぎません?」「北斗担、間違いなく命日」 “恋マジ”広瀬アリス&松村北斗、ラストの“濃厚キスシーン”に視聴者あ然
  7. 有吉弘行、上島竜兵さんへ「本当にありがとうございますしかなかった」 涙ながらの追悼に「有吉さんが声を詰まらせるとは」
  8. 岩隈久志、高校卒業式でドレスをまとった長女との2ショットが美男美女すぎた 「恋人みたい」「親子には見えません」
  9. キンコン西野、勝手に婚姻届を出される 「絶対コイツなんすよ」“妻になりかけた女性”の目星も
  10. 子猫のときは白かったのに→「思った3倍柄と色出た」 猫のビフォーアフターに「どっちもかわいい!」の声