ニュース
» 2015年10月22日 17時21分 公開

「バック・トゥ・ザ・フューチャー2」に出てきた新聞 USAトゥデイ紙が同じ日付に同じ紙面の特別版を発行

トップ記事でマーティの息子が捕まっていたあの新聞が、作中の日付に本当に発行されちゃった!

[黒木 貴啓,ねとらぼ]

 1989年公開の映画「バック・トゥ・ザ・フューチャー PART2」で、未来の2015年にやってきたマーティが状況を把握するのに読んでいた米日刊紙「USAトゥデイ」。その架空の新聞と日付が重なる2015年10月22日(米時間)に、USAトゥデイが作中の紙面を再現した特別版の新聞を発行します。マーティの息子が捕まるニュースを本物のUSAトゥデイ紙で読めるという粋な演出です。

バック・トゥ・ザ・フューチャー マーティの息子が捕まっていたあのUSAトゥデイ紙が、本当に発行されちゃった!(USAトゥデイ販売サイトより)

 物語では2015年10月22日付けのUSAトゥデイの一面に、マーティの息子が窃盗容疑で警察に捕まっている記事が掲載されています。このたびUSAトゥデイが発行する「ヒル・バレー版」(ヒル・バレーは作中の舞台である架空の町)では、息子が連行されている写真や文章はもちろん、ほかの記事やレイアウト、USAトゥデイのロゴを映画の通りに再現。ほかにも映画のトリビアもいくつか紹介しています。

 またUSAトゥデイは公式サイトで、作中の新聞で現実になった部分と間違っている部分を検証。「SLAMBALL PLAYOFFS BEGEN(SLAMBALLのプレーオフ始まる)」とありますがそんなプレーオフは存在しない、値段も6ドルとあるけど現在日刊紙は1部2ドルで販売しているなど、さすがに食い違いだらけのようです。

 ただし予言といいたくなるほど現実に近い記事も。「CUBS SWEEP SERIES IN 5」と、1945年以降リーグ優勝すら果たせていないシカゴ・カブスがワールドシリーズでまさかの5戦全勝というジョークが書かれていますが、現在カブスは70年ぶりのワールドシリーズ進出をかけてナ・リーグ優勝決定シリーズを戦っている真っ最中です。「PRESIDENT SAYS SHE'S TIRED」と大統領が女性であるような見出しも、女性のヒラリー・クリントン氏が2016年大統領選へ出馬表明した今では、映画公開当時からすると非常に現実的になったと言えるでしょう。

バック・トゥ・ザ・フューチャー 公式サイトではドク役のクリストファー・ロイド氏が「ヒル・バレー版」を広げる姿も公開

 「ヒル・バレー版」は4.95ドル(約590円)で、USAトゥデイ販売サイトでも販売中。作品に登場した同紙だからできる「バック・トゥ・ザ・フューチャー」ファンへのはからい、この手で握りしめマーティの気分を味わってみたいものです。USAトゥデイは公式サイトで映画の特集ページも展開中です。

黒木貴啓


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「産んでくれた親に失礼」「ちょっと我慢できません」 上原浩治、容姿批判のコラム記事に不快感あらわ
  2. ホワイトタイガー「あっ、落としてもうた」 うっかり子どもを落とした母と、落ちてゆく子どもの表情がじわじわくる
  3. がん闘病の大島康徳、肝臓に続いて肺への転移を告白 息苦しさに悩まされるも「大して成長してない」
  4. 「目パッチリです」 宮迫博之、最高難度の美容整形を決行 クスリ疑惑もたれたクマやほうれい線の一掃で“別迫”に
  5. 石橋貴明の娘・穂乃香「お父さん大好き」 幼少期キスショット公開し「愛されてますね〜」「ステキな写真!」と反響
  6. 大島康徳、ステージ4のがん闘病でげっそり顔痩せ 相次ぐ通院に「正直かなりしんどかった」
  7. 山に捨てられていたワンコを保護→2年後…… “すっかり懐いたイッヌ”の表情に「爆笑した」「かっこよすぎ」の声
  8. 「ブス、死ね」 りゅうちぇる、心ない言葉への返答が感銘を呼ぶ 「心もイケメン」「りゅうちぇるのおかげで自己肯定感上がった」
  9. 『はらぺこあおむし』の版元、毎日新聞の風刺漫画を批判 「おそらく絵本を読んでいない」
  10. 小林礼奈、4歳娘を連れて夕食中に客とトラブル 痛烈コメント受けて「私たち親子を悪にしたい人がいる」