ニュース
» 2015年11月01日 15時56分 公開

11月1日は紅茶の日 おいしい紅茶ですっきりと新しい月を迎えましょう

そろそろティータイム。

[日本気象協会 tenki.jp(http://www.tenki.jp/)]
Tenki.jp
紅茶

ちょっとティータイム 幸せはおいしい紅茶とお菓子から

 11月1日は紅茶の日。その由来は大黒屋光太夫(江戸時代後期の伊勢国白子、現三重県鈴鹿市の港を拠点とした回船の船頭)が漂流してたどり着いたロシアに滞在している際、女帝エカリーナ2世にお茶会に招かれ、日本人として初めて本格的な紅茶を飲んだという逸話に基づいて日本紅茶協会が1983年(昭和58年)に11月1日を「紅茶の日」と定めました。

 大黒屋光太夫は、ロシアに漂着し、帰国した最初の日本人でした。

紅茶とは

紅茶

 お茶の葉はツバキ科の仲間で「カメリア・シネンシス」と呼ばれる亜熱帯性の植物です。紅茶も緑茶もウーロン茶も、同じ茶葉の新芽と、2枚あるいは3枚の若葉から作られます。これを、一芯2葉 あるいは、一芯3葉といいます。

 緑茶は不発酵茶

 紅茶は発酵茶

 ウーロン茶は半発酵茶と呼ばれます。

 同じ葉でも違う製法でつくられるので、それぞれ違う種類のお茶になるのです。


紅茶の効能

 紅茶はアルカリ性食品です。アルカリ性食品には、牛流、キャベツ、にんじん、大豆などがあり、血液を中性〜弱アルカリ性に保つ性質があります。酸化した体をアルカリ性に変えてくれ、疲れた頭をすっきりさせてくれます。

 紅茶の主成分の一つである「アルカロイド」(カフェイン)の働きには、大脳の自律神経を興奮させる作用、疲労回復、利尿作用などがあります。

 人間のエネルギー減はグリコーゲンと脂肪、たんぱく質ですが、運動の前や運動中に紅茶を飲むと、紅茶のカフェインによって脂肪が先に燃焼されます。脂肪の燃焼によってダイエットの効果も見込めます。

 紅茶に含まれるタンニンは、抗がん作用、抗酸化作用(老化の予防)があるといわれています。

美味しい紅茶のいれ方(ゴールデンルール)

  • お茶はミネラルウォーターでなく、水道の蛇口から新しくとった水から沸かします。

汲みたての新鮮な水は空気をたっぷり含んでいて、水が沸くにつれて「対流」を、促進します。

  • ティーポットはあらかじめ温めておきましょう。
  • 茶葉の量は、1杯あたり、2.5グラムから3グラム
  • ティースプーンに1杯くらいが目安です。
  • 沸騰したお湯をポットに注ぎます。紅茶の大切な成分のひとつであるタンニンは、熱湯でないと抽出されにくいのです。魔法瓶のお湯や、火をきってからしばらくおいたお湯では、紅茶はおいしく入れられません。
  • ポットの中でお茶をジャンピングさせましょう。ジャンピングとは、お湯で、茶葉をぐるぐるとポットのなかで回すように対流させることです。
  • ポットにティーコジや、乾いたタオルなどをかぶせ、冷えないようにし、3分間ほど、紅茶を蒸らします。

 3分たったら、茶こしで紅茶をこし、それぞれのカップに紅茶の色が均一になるように回し注ぎます。ポットのお茶は、最後の1滴まで注ぎきります。これをゴールデンドロップといい、入れることで味がスッキリと引き締まります。メインゲストに、最後の一滴をいれることが最高のおもてなしなのです。

紅茶

午後3時のティータイムは自分へのプレゼント

紅茶

 木の葉が色づき、肌寒くなってきたこの季節暖かいものが恋しくなります。大黒屋光太夫も、寒いロシアで、飲んだ紅茶はとてもおいしかったでしょうね。

 あわただしい一日の午後、おいしいお茶をゆっくり入れ、お気に入りの、ケーキなどめしあがってはいかが? 紅茶の成分と効用でほっとしたひと時をすごせば、また、頑張る気力がわいてきそうですね。

関連リンク

Copyright (C) 日本気象協会 All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先週の総合アクセスTOP10

  1. 勝手に「サービス終了ゲーム総選挙」をやったら6700票も集まってしまったので結果を発表します 2位の「ディバインゲート」を抑えて1位に輝いたのは……
  2. ママとの散歩中、田んぼにポチャンした柴犬さんが帰宅後…… パパに一生懸命アクシデントを報告する姿がいとおしい
  3. “26歳年の差婚”の菊池瑠々、第4子妊娠を発表「もう、とにかくうれしいです!」 年上の夫も満面の笑み
  4. 桐谷美玲、隠し撮りに「絶対ヤバい顔」 “ほぼ半目”な不意打ち写真に「100点満点に可愛い」と全力フォローの声
  5. 村田充、3匹目の愛犬の存在明かす 神田沙也加さんから引き取ったブルーザーとは「数日で仲良くなりまして」
  6. 三浦孝太、母・りさ子誕生日に“家族4ショット”でお祝い キングカズも笑顔の写真に「家族が1番!」
  7. バレー日本代表の清水邦広の再婚に盟友・福澤達哉さん「相手は私ではございません」 元妻は中島美嘉
  8. 「駅の待合室をバケモンが占領している」→“謎の生き物”の正体について大分県立美術館に話を聞いた
  9. 滝沢カレン、倖田來未の“バックダンサー”になりすまし 感極まって「人一人洗えるくらい泣きました」
  10. 宮崎駿愛用の「電動消しゴム」が故障 → サクラクレパス公式が倉庫の奥から発掘 Twitterが繋いだ温かな展開が話題に

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「どん兵衛」新CMに星野源が復活も衝撃の新展開 “どんぎつね”吉岡里帆の正体明かされ「完全なホラー案件」「狂気を感じる」
  2. ハラミちゃん、“公称145センチ”も本当の身長にゴチメンバー驚き 「デカイっていわれるのが嫌になっちゃって……」
  3. 西川史子、退院を報告 「生きていて良かったと思っていない」と告白も、力強い現在の心境明かす「私は医師です」
  4. 「もうアヒル口」「美人確定ですね!」 板野友美、生後2カ月娘の“顔出しショット”にみんなメロメロ
  5. 「気ぃ狂いそう」 木下優樹菜、生配信中止で“涙のおわび動画” やらかしたスタッフに「生きてたらミスぐらいする」
  6. 東大王・鈴木光、“お別れの笑顔”で司法試験合格を報告「本当にありがとうございました」 SNS閉鎖に涙のエール続々
  7. 「こんな普通に現れるの?!」「バレそうで心配」 倖田來未、駅のホームに“普通に並ぶ”姿にファン驚き
  8. 母親から届いた「もち」の仕送り方法が秀逸 まさかの梱包アイデアに「この発想は無かった」「どストレートに餅で笑った」と称賛集まる
  9. 第1子妊娠のすみれ、母・松原千明と2年ぶりに涙の再会 「やっとママに会えました」と感動的な親子ショット公開
  10. 渡辺裕之、66歳バースデーで息子と2ショット 合同誕生日会に「すごいお料理とケーキ」「イケメン息子さん」