ニュース
» 2015年12月07日 15時24分 公開

音楽デュオのWikipediaにファンが「自分は家族」と追記、警備だまし楽屋へ潜入はかる メンバーが歓迎する珍事に

Wikipediaの可能性と脆弱性が同時に示されました。

[黒木 貴啓,ねとらぼ]

 海外でWikipediaの編集機能を使った珍事が発生しました。オーストラリアの音楽デュオ・Peking Dukのある男性ファンが、彼らのWikipediaページを「自分はPeking Dukの家族だ」と思わせるよう偽の情報に編集。ライブ会場の警備をだまして楽屋に入りこもうとしていたところ、Peking Dukのメンバー本人に入れてもらえたそうです。

Peking Duk Peking DukのWikipediaページ(すでにファンが書き込んだ虚実は削除済み)

 米メディア「The Verge」によると、そのファンは豪メルボルンでPeking Dukのライブに参加直後、携帯で彼らのWikipediaページに自分が家族であると追記。警備員に「自分はデュオの一人・Reuben Stylesの継兄弟だ」と身分証明書とともに携帯のWikipediaページを見せたそうです。5分ほどねばってあきらめかけていたところ、Reubenさん本人がファンの頭をぽんと叩いて「よう兄弟、入りなよ」と楽屋に招いてくれました。

Peking DukPeking Duk Peking Duk(公式Facebookより)

 もう一人のメンバー・Adam Hydeさんは、ファンの芸当に迷惑がるどころか「今まで見てきたかなかで一番天才かもしれない」と強く感銘を受け、みんなでビールを飲んでことを終えました。Peking Dukは12月3日にFacebookでファンのエピソードを披露し「君はレジェンドだよ」と称えています。ファン本人も「昨夜はありがとう、みんな」とコメントを書き込んだところ、7000回以上「いいね!」が付けられ「HaHaHa」「よくやった」「本当にレジェンドだ」と賞賛を浴びました。

 AdamさんはThe Vergeに「彼はイヤなやつとかそういうのじゃなく、今まで出会ったなかでも最もまともなヤツだった」とファンをフォローする一方、「Wikipediaを信用しちゃいけない」と注意。確かにファンの発想は斬新ですが、事なきを得たのはPeking Dukの価値観に依るところが大きく、誰もが編集できるWikipediaはこうした脆弱性もはらんでいるのを頭に入れて置きたくなる一件です。

 Peking DukのWikipediaではファンが彼らの家族だという“虚偽”はすぐ削除へ。代わりにファンがWikipediaを駆使して楽屋に入ろうとした“事実”が追記されています。

Peking Duk 早くも今回のエピソードが追記されたPeking DukのWikipediaページ

黒木貴啓


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2201/24/news081.jpg 「めっちゃ痩せててびっくり」「尊敬しかない」 ガンバレルーヤ、1カ月半で“22キロ減”の別人ショットに反響
  2. /nl/articles/2201/25/news024.jpg 「抱っこされる時のおててが可愛すぎる」 猫ちゃんが両前足をおなかの上でそろえる姿にもだえる人続出
  3. /nl/articles/2201/25/news097.jpg 「かつみ・さゆり」さゆり、美肌極まる“ナチュラルメイク”姿に反響 「本当に奇跡の50代」「めっちゃ綺麗!!」
  4. /nl/articles/2201/25/news036.jpg 【漫画】妻から夫へ「私が100回言っても聞かないのに他人が言うと一発」 夫婦の会話の攻防に「いいね100万回押したい」
  5. /nl/articles/2201/25/news093.jpg 工藤静香、愛犬バブルが腕の中で天国へ 病魔と闘い抜いた家族との別れに「辛過ぎますが愛している証」
  6. /nl/articles/2112/21/news078.jpg 和田アキ子、“美人で有名”なめいっ子と偶然再会 芸能人並の顔立ちにファン沸く「きれい」「かわいい」
  7. /nl/articles/2201/25/news110.jpg トンガに物資を運ぶ自衛隊員の“ステキなアイデア”にジーンとくる…… 「お疲れ様です」「泣けてきました」と称賛の声
  8. /nl/articles/2201/25/news177.jpg 犬の散歩中に野生のコヨーテに遭遇! 米俳優、とっさの行為が「愛犬家の鑑」「スーパーヒーロー」と称賛
  9. /nl/articles/2201/24/news035.jpg 「みんなのパピー時代見せて」 愛犬のかわいい写真を投稿→ぶっこまれたオチが「この破壊力w」と爆笑を巻きおこす
  10. /nl/articles/2201/25/news145.jpg 競泳・池江璃花子、ヘアカットでばっさりショートに 抗がん剤治療後のくるくるヘアにも「可愛い」の声

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「どん兵衛」新CMに星野源が復活も衝撃の新展開 “どんぎつね”吉岡里帆の正体明かされ「完全なホラー案件」「狂気を感じる」
  2. ハラミちゃん、“公称145センチ”も本当の身長にゴチメンバー驚き 「デカイっていわれるのが嫌になっちゃって……」
  3. 西川史子、退院を報告 「生きていて良かったと思っていない」と告白も、力強い現在の心境明かす「私は医師です」
  4. 「もうアヒル口」「美人確定ですね!」 板野友美、生後2カ月娘の“顔出しショット”にみんなメロメロ
  5. 「気ぃ狂いそう」 木下優樹菜、生配信中止で“涙のおわび動画” やらかしたスタッフに「生きてたらミスぐらいする」
  6. 東大王・鈴木光、“お別れの笑顔”で司法試験合格を報告「本当にありがとうございました」 SNS閉鎖に涙のエール続々
  7. 「こんな普通に現れるの?!」「バレそうで心配」 倖田來未、駅のホームに“普通に並ぶ”姿にファン驚き
  8. 母親から届いた「もち」の仕送り方法が秀逸 まさかの梱包アイデアに「この発想は無かった」「どストレートに餅で笑った」と称賛集まる
  9. 第1子妊娠のすみれ、母・松原千明と2年ぶりに涙の再会 「やっとママに会えました」と感動的な親子ショット公開
  10. 渡辺裕之、66歳バースデーで息子と2ショット 合同誕生日会に「すごいお料理とケーキ」「イケメン息子さん」