ニュース
» 2015年12月09日 15時30分 公開

コンセプトは「仕方ない」 残念すぎるクリスマスソングが名古屋のヴィレヴァンで猛プッシュ

世間の浮かれたムードをこの1枚(CD)でリセットさせてみてはどうかと。

[天谷窓大,ねとらぼ]

 街中にクリスマスソングが鳴り響き、どこか追い立てられたような気持ちにもなる今日このごろ。なんだよ! クリスマスってのは誰もが盛り上がらないといけないのかよ! ……なんて嘆きも聞こえてきそうですが、そんな定番ムードに真正面から冷水をぶっかけてくれるクリスマスソングが、雑貨店・ヴィレッジヴァンガードの名古屋中央店など「違いの分かる」店舗で猛プッシュされているようです。

理想論撲滅ソング爆誕生! ヴィレヴァン担当者も絶賛(撮影:鼻毛の森)

「カップル撲滅」を歌うシンガー「鼻毛の森」のベストアルバム

 「理想論撲滅ソング」のPOPとともに店頭に置かれていたのは、ねとらぼでも2月に取り上げたシンガーソングライター・鼻毛の森さんのベストアルバム「GRAY-TASTE FITS(グレイテイスト・フィッツ)」。

鼻毛の森さんの公式サイト 鼻毛の森さんの公式サイト

 “君でもよかった むしろ誰でもよかった 僕が寂しかったとき たまたま君がいた”という身もふたもない言葉が並ぶ「誰でもよかった だから君でもよかった」、“浮かれすぎたらやがて沈むよ どうか気付いて お気を確かに”と、恋に浮かれる人々への警告をつづる「お気を確かに」など、ちまたの幸せそうなカップルを全否定するかのようなタイトルの楽曲が満載です。クリスマスだというのに

動画が取得できませんでした
鼻毛の森ベストアルバム「GRAY-TASTE FITS」ダイジェスト動画

「このCDで浮かれたムードをリセットさせます」

 前述の記事では「カップル撲滅」のスローガンを高らかに宣言していた鼻毛さん。年末を迎えても以前そのスタンスは変わらないようですが、ずっとこんな調子で行くつもりなのでしょうか? 本人に直接話を聞いてみました。

鼻毛の森さん 鼻毛の森さん

―― 相変わらずカップルがお嫌いなんですね。

鼻毛の森 「どうせ終わる」カップル限定ですって(笑)。強いて言えば、それらを生み出す根本要因、「取りあえず恋人ぐらい作らないとね」的な社会の風潮が嫌いですね。「安心してください」という言葉が今年の流行語にありますけど、むしろみんな世の中に不安があって、そこから目を背けたいばかりに支持された側面もあるんじゃないかと見ています。

―― 確かに、世間を覆う「ムード」に従わない人を「アウト」と見なす風潮はありますね。

鼻毛の森 例えば、カップル以外はクリスマス不適合者? そうじゃないですよね。ムードに気おされ、理想のパートナー探しを焦れば「見誤る」リスクも高くなる……。この、起こるべくして起こる「無駄」を未然に防止するために、あえてネガティブなアプローチを続けてるんです。

―― 世間のムードとのバランスを取る、と。

鼻毛の森 そうですね。バランスを取る、というよりは、世間の浮かれたムードをこの1枚(CD)でリセットさせてみてはどうかと。

―― 医療の世界では、別視点からの意見を聞いて選択肢を広げる「セカンドオピニオン」も推奨されつつありますね。

鼻毛の森 それです。僕はJ-POP界の「セカンドオピニオン」的存在として、「君らは、今は浮かれていられるけど、現実的に見ればこういう残念な未来も起こり得るよ」という“警告”を、受け入れやすいメロディ、サウンドに乗せて発信しているんです。嫌がらせ? それは……あるかもしれませんね(笑)。

みんなもっと「仕方ない」と思えばいい

動画が取得できませんでした
鼻毛の森ベストアルバム「GRAY-TASTE FITS」から「SorryNight 〜惨状のメリークリスマス〜」ダイジェスト動画

街は浮かれるSilent Night できることなら避けたい
いつものあの店も稼ぎどきさ 安く済まないよ
(「SorryNight 〜惨状のメリークリスマス〜」より)

―― この歌詞と同じキモチの人、多そうですね。

鼻毛の森 懐事情をはじめ、現状はなかなか変えられない。ならば潔く「開き直る」ことで、「年の瀬の大イベント」をスル―できるのではと思いまして(笑)。この曲を含めた13曲を聞き終えて、「仕方ないものは仕方ない。今後は身の丈に合わせよう!」と、新年を楽に迎えるきっかけになってくれたら、うれしいですね。


 確かに浮かれ気分を自分に強いるのをやめるだけでも、かなり穏やかにクリスマスを過ごせるかもしれない。鼻毛の森さんの一言に、ただならぬセンスを感じます。心のセカンドオピニオンとしてどうでしょうか。

天谷窓大

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2111/26/news120.jpg 江頭2:50、憧れの女性に一世一代の大勝負 熱意こもった“告白”に「涙出た」「感情が崩壊しそう」
  2. /nl/articles/2111/26/news024.jpg 猫たちがチョンチョンすると……ウサギ「ズボオッ!!」 ワニワニパニックのようなウサギとビビる猫たちに爆笑
  3. /nl/articles/2111/25/news148.jpg 【その視点はなかった】「ネイルする意味が分からない」という男がいたので塗ってあげたら「爪って目に入るから元気出る!」と理解してもらえた
  4. /nl/articles/2111/26/news021.jpg ラッコが飼育員とハイタッチを練習していたら……「わかんなくなっちゃった!」 ジタバタするような姿がかわいい
  5. /nl/articles/2111/26/news137.jpg 上白石萌音、「カムカム」悲劇の展開後に“未来に向けた言葉”を届ける 娘・るいを抱いて「どうか見守っていてください」
  6. /nl/articles/2111/25/news186.jpg 土屋アンナ、長男の17歳バースデーを祝福 成長した姿に「あんなに小さかった男の子が!」と反響
  7. /nl/articles/2111/25/news159.jpg 脳出血の西川史子、田中みな実のお見舞いに感動 “最も嫌いなぶりっ子アナ”もいまや「頼もしい妹分です」
  8. /nl/articles/2111/23/news051.jpg 強盗に襲われたタクシー運転手の正体とは? 「ロボットアニメのその後」を思わせる漫画に涙
  9. /nl/articles/2111/21/news033.jpg 「前歯を取られ歯茎を削られ」 広田レオナ、19歳デビュー作で“整形手術”を強制された恐怖体験
  10. /nl/articles/2111/25/news157.jpg マリエ「やっとおにぎりが食べれるようになった」 医師もさじ投げた10年以上闘病の摂食障害を乗り越え

先週の総合アクセスTOP10

  1. 「前歯を取られ歯茎を削られ」 広田レオナ、19歳デビュー作で“整形手術”を強制された恐怖体験
  2. ゴマキの弟・後藤祐樹、朝倉未来とのストリートファイトで45秒負け 左目腫らした姿を自ら公開し「もっと立って闘いたかった」
  3. キンタロー。浅田舞の社交ダンス挑戦を受け体格差に驚がく 「手足が長い!!」「神様のイタズラがすぎるぞ!!」
  4. おばたのお兄さん、“高額”ギャラ明細を写真で公開 「こんなに稼いでるんですね!」
  5. 仲村トオルと鷲尾いさ子の長女・美緒、23歳の誕生日に姉妹ショット 親譲りの美貌&175センチの長身
  6. ゴマキ弟、朝倉未来との瞬殺試合に「抵抗してるつもりだった」 “怪物”がメッタ打ちする姿に妻ショック隠せず 「息できなかった」
  7. 店で急に話しかけてくる“なれなれしいオタク”は「逃げて正解」 アキバで勧誘に遭った漫画に「自分も出くわした」と反響
  8. 朝倉未来、1000万円ストリートファイト批判へ反論 一部挑戦者の大けがに「それくらいの覚悟は持ってきているでしょ」
  9. 広田レオナ、12キロ増なデビュー時代の姿を公開「鼻も埋没していった…」 6月には激細姿に焦りも「脚が棒みたい」
  10. 工藤静香、次女・Koki,が腕を振るった“ゴージャス朝食”を公開 過去には「私より上手」と料理スキルを絶賛

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「本当色々あったけど、おかえり」 市川海老蔵、義姉・小林麻耶との再会を胸いっぱいに報告
  2. 「くそが……!」 最上もが、奮発した「Uber Eats」の対応に怒り爆発 1400円ステーキの“中身”に「絶望」「もう頼まねえ」
  3. 葉月里緒奈、美人な元マネジャーと“再会2ショット” 「共演した俳優さん達は私ではなく彼女を口説いてました」
  4. 田中律子、美人な23歳娘とランチデート 2ショットに「本当に親子!? 姉妹だよ〜」「そっくりで美しい」の声
  5. 「やりました!」ニッチェ近藤、半年間で10キロ減量に成功 ダイエット前後の写真に「すごい」「勇気もらいました」
  6. 板野友美、エコー写真とそっくりな娘の顔出しショットを公開 ぱっちり目の美形な姿に「こんな美人な赤ちゃん初めて見た」
  7. 木村カエラ、夫・永山瑛太と“意外な場所”で出会って驚き 「連れて帰りました」報告にファンほっこり
  8. 戸田恵梨香、水川あさみと同様に長文公開 「私を追いかけて、どうか車の事故を起こさぬようお気をつけください」
  9. docomo×進撃の巨人キャンペーンの商品「リヴァイ兵長フィギュア」が悲惨な出来だと話題に → 公式が謝罪「対応方法を検討しております」
  10. 加護亜依、「エヴァ」綾波レイのコスプレ姿に絶賛の声 体形くっきりのプラグスーツ&歌唱に「流石は元トップアイドル」