ニュース
» 2015年12月09日 15時30分 公開

コンセプトは「仕方ない」 残念すぎるクリスマスソングが名古屋のヴィレヴァンで猛プッシュ

世間の浮かれたムードをこの1枚(CD)でリセットさせてみてはどうかと。

[天谷窓大,ねとらぼ]

 街中にクリスマスソングが鳴り響き、どこか追い立てられたような気持ちにもなる今日このごろ。なんだよ! クリスマスってのは誰もが盛り上がらないといけないのかよ! ……なんて嘆きも聞こえてきそうですが、そんな定番ムードに真正面から冷水をぶっかけてくれるクリスマスソングが、雑貨店・ヴィレッジヴァンガードの名古屋中央店など「違いの分かる」店舗で猛プッシュされているようです。

理想論撲滅ソング爆誕生! ヴィレヴァン担当者も絶賛(撮影:鼻毛の森)

「カップル撲滅」を歌うシンガー「鼻毛の森」のベストアルバム

 「理想論撲滅ソング」のPOPとともに店頭に置かれていたのは、ねとらぼでも2月に取り上げたシンガーソングライター・鼻毛の森さんのベストアルバム「GRAY-TASTE FITS(グレイテイスト・フィッツ)」。

鼻毛の森さんの公式サイト 鼻毛の森さんの公式サイト

 “君でもよかった むしろ誰でもよかった 僕が寂しかったとき たまたま君がいた”という身もふたもない言葉が並ぶ「誰でもよかった だから君でもよかった」、“浮かれすぎたらやがて沈むよ どうか気付いて お気を確かに”と、恋に浮かれる人々への警告をつづる「お気を確かに」など、ちまたの幸せそうなカップルを全否定するかのようなタイトルの楽曲が満載です。クリスマスだというのに

動画が取得できませんでした
鼻毛の森ベストアルバム「GRAY-TASTE FITS」ダイジェスト動画

「このCDで浮かれたムードをリセットさせます」

 前述の記事では「カップル撲滅」のスローガンを高らかに宣言していた鼻毛さん。年末を迎えても以前そのスタンスは変わらないようですが、ずっとこんな調子で行くつもりなのでしょうか? 本人に直接話を聞いてみました。

鼻毛の森さん 鼻毛の森さん

―― 相変わらずカップルがお嫌いなんですね。

鼻毛の森 「どうせ終わる」カップル限定ですって(笑)。強いて言えば、それらを生み出す根本要因、「取りあえず恋人ぐらい作らないとね」的な社会の風潮が嫌いですね。「安心してください」という言葉が今年の流行語にありますけど、むしろみんな世の中に不安があって、そこから目を背けたいばかりに支持された側面もあるんじゃないかと見ています。

―― 確かに、世間を覆う「ムード」に従わない人を「アウト」と見なす風潮はありますね。

鼻毛の森 例えば、カップル以外はクリスマス不適合者? そうじゃないですよね。ムードに気おされ、理想のパートナー探しを焦れば「見誤る」リスクも高くなる……。この、起こるべくして起こる「無駄」を未然に防止するために、あえてネガティブなアプローチを続けてるんです。

―― 世間のムードとのバランスを取る、と。

鼻毛の森 そうですね。バランスを取る、というよりは、世間の浮かれたムードをこの1枚(CD)でリセットさせてみてはどうかと。

―― 医療の世界では、別視点からの意見を聞いて選択肢を広げる「セカンドオピニオン」も推奨されつつありますね。

鼻毛の森 それです。僕はJ-POP界の「セカンドオピニオン」的存在として、「君らは、今は浮かれていられるけど、現実的に見ればこういう残念な未来も起こり得るよ」という“警告”を、受け入れやすいメロディ、サウンドに乗せて発信しているんです。嫌がらせ? それは……あるかもしれませんね(笑)。

みんなもっと「仕方ない」と思えばいい

動画が取得できませんでした
鼻毛の森ベストアルバム「GRAY-TASTE FITS」から「SorryNight 〜惨状のメリークリスマス〜」ダイジェスト動画

街は浮かれるSilent Night できることなら避けたい
いつものあの店も稼ぎどきさ 安く済まないよ
(「SorryNight 〜惨状のメリークリスマス〜」より)

―― この歌詞と同じキモチの人、多そうですね。

鼻毛の森 懐事情をはじめ、現状はなかなか変えられない。ならば潔く「開き直る」ことで、「年の瀬の大イベント」をスル―できるのではと思いまして(笑)。この曲を含めた13曲を聞き終えて、「仕方ないものは仕方ない。今後は身の丈に合わせよう!」と、新年を楽に迎えるきっかけになってくれたら、うれしいですね。


 確かに浮かれ気分を自分に強いるのをやめるだけでも、かなり穏やかにクリスマスを過ごせるかもしれない。鼻毛の森さんの一言に、ただならぬセンスを感じます。心のセカンドオピニオンとしてどうでしょうか。

天谷窓大

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 上野樹里、“娘”の誕生日に愛情たっぷり手作りオムライス公開 「がんばろうね ママより」と祝福メッセージ
  2. 石橋貴明&鈴木保奈美が離婚報告 今後は“事務所社長と所属俳優”として「新たなパートナーシップ」構築
  3. 元ブルゾンちえみ・藤原史織、最新ショットに反響 「更に痩せた?? 可愛すぎる」「素敵です!! 足細いですね」
  4. 「美容師人生の集大成を見せる」 タンザニアハーフ女子を縮毛矯正したら「美容師ナメてた」「人生変わるレベル」と360万再生
  5. 出勤時、妻にいつになく強く抱きしめられた夫→妻が家に帰ってくると…… 何気ない日常を描いた漫画にツッコミつつもジーンとする
  6. 怒られたシェパード、柴犬の後ろに隠れたけど…… でっかくて丸見えなしょんぼりワンコが応援したくなる
  7. 塚本高史、中2長女&小6長男の背の高さに驚き 「なんじゃこいつらの成長の早さは!」「俺身長抜かれるんか?」
  8. 「声出して笑った」「狂人度高くて好き」 自転車泥棒を防ごうと不吉そうな箱を自作→まさかの結末迎える漫画が話題に
  9. 石橋貴明の娘・穂乃香「お父さん大好き」 幼少期キスショット公開し「愛されてますね〜」「ステキな写真!」と反響
  10. 基地で生まれ育った子猫、兵士が足踏みすると…… まねをして一緒に行進する姿がかわいい

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「産んでくれた親に失礼」「ちょっと我慢できません」 上原浩治、容姿批判のコラム記事に不快感あらわ
  2. ホワイトタイガー「あっ、落としてもうた」 うっかり子どもを落とした母と、落ちてゆく子どもの表情がじわじわくる
  3. がん闘病の大島康徳、肝臓に続いて肺への転移を告白 息苦しさに悩まされるも「大して成長してない」
  4. 「目パッチリです」 宮迫博之、最高難度の美容整形を決行 クスリ疑惑もたれたクマやほうれい線の一掃で“別迫”に
  5. 石橋貴明の娘・穂乃香「お父さん大好き」 幼少期キスショット公開し「愛されてますね〜」「ステキな写真!」と反響
  6. 大島康徳、ステージ4のがん闘病でげっそり顔痩せ 相次ぐ通院に「正直かなりしんどかった」
  7. 山に捨てられていたワンコを保護→2年後…… “すっかり懐いたイッヌ”の表情に「爆笑した」「かっこよすぎ」の声
  8. 「ブス、死ね」 りゅうちぇる、心ない言葉への返答が感銘を呼ぶ 「心もイケメン」「りゅうちぇるのおかげで自己肯定感上がった」
  9. 『はらぺこあおむし』の版元、毎日新聞の風刺漫画を批判 「おそらく絵本を読んでいない」
  10. 小林礼奈、4歳娘を連れて夕食中に客とトラブル 痛烈コメント受けて「私たち親子を悪にしたい人がいる」