ニュース
» 2015年12月25日 18時20分 公開

14歳のときわ藍さん、小学館新人コミック大賞を受賞 アイドルの奮闘描く

3月発売の「ちゃお」に掲載される予定です。

[西尾泰三,ねとらぼ]

 14歳の漫画家・ときわ藍(らん)さんが、小学館主催の「第77回小学館新人コミック大賞」少女・女性部門で大賞を受賞。小学館の月刊少女漫画雑誌「ちゃお」で漫画家デビューすることが発表されました。

アイドル急行 第77回小学館新人コミック大賞」少女・女性部門大賞に輝いたときわ藍さんの「アイドル急行」

 小学館新人コミック大賞は小学館最大の新人まんが賞。今回、少女・女性部門で大賞を受賞したときわ藍さんは、愛知県在住の中学3年生(14歳)。大賞に輝いた「アイドル急行」は、同名のアイドルグループ4期生メンバーの主人公が、センターになるために奮闘する物語です。

 ときわさんは受賞した気持ちを、「藤子・F・不二雄先生に憧れて、まんがを描き始めました。まだ受賞の実感がわきませんが、応援してくれた家族、友人、そして一番応援してくれた母にとても感謝しています。これから読者の方々や自分にとって、こころに残る作品を作っていこうと思っています」と語っています。

 審査に参加した作家陣からは、「かわいい絵柄で、キャラの個性も分かりやすく描かれています。これからの成長が楽しみ」(「失恋ショコラティエ」などで知られる水城せとなさん)、「分かりやすい話の構成でスラスラ読めました! 盛り上がるシーンもしっかり読者をひっぱり上げてくれます」(「終わる世界でキミに恋する」などで知られる能登山けいこさん)など、若き才能を高く評価するコメントが寄せられています。

 なお、「アイドル急行」は3月発売の「ちゃお」4月号に掲載予定です。

ちゃおランド ちゃおランド

審査員コメント:花緒莉さん

構成力があって場面展開・見せ方も上手! 主人公にも好感が持てました。まりあちゃんを非難してしまうのは残念。努力している主人公だからこそ、まりあちゃんの良い所を見つけられる視点を持つともっと良かった!

杉山美和子さん

力強く勢いがあり、ぐいぐいと引き込まれて楽しく読んでしまいました。リアルでみずみずしい若い感覚が素晴らしい! ただ、ペンタッチや仕上げの処理が雑です。先輩方がどれだけ丁寧に原稿を作っているか意識してみて。

能登山けいこさん

わかりやすい話の構成でスラスラ読めました! 盛り上がるシーンもしっかり読者をひっぱり上げてくれます。身体の描き方がもっとバランスがとれるようになれば、絵にぐっと華やかさが増すと思います。

水城せとなさん

可愛い絵柄で、キャラの個性もそれぞれがわかりやすく描かれています。物語の基本がキチンと出来ていて、ムダがなく、テンポも良いです。全てがオーソドックスすぎるとは思いますが、これからの成長が楽しみですね。


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 嫌がらせ急ブレーキで追突 トラクターの進路を妨害した「あおり運転」ベンツ、ぶつけられたと運転手がブチギレ
  3. 猫「雪なんてへっちゃらニャー!」 雪の中を豪快に突き進む猫ちゃんに「ラッセル車みたい」「ワイルドかわいい」の声
  4. 「Lチキひとつ」 → 買った物をよくみると? コンビニで犯したありがちな間違いを描いた4コマに「あるある」「逆もある」
  5. 柴犬「きゃほほーーい!!」 初めての雪に“喜びが限界突破した”ワンコの駆け回る姿がかわいい
  6. 「ホント太るのって簡単!」「あっという間に70キロ」 内山信二の妻、夫に生活リズムを合わせた“ふとっちょ時代”公開
  7. ルーフから赤色灯がひょっこり 埼玉県警、スバル「WRX S4」覆面パトカー3台を追加導入!? Twitterにアップされた目撃情報が話題に
  8. 益若つばさ、YouTubeで12歳息子と共演 礼儀正しい振る舞いに「教育がちゃんとされてる」
  9. トップの座を奪われ……美大生が天才の編入生を刺し“殺す”漫画に「泣きそう」「同じ経験した」の声
  10. タイからバズーカ砲をかかかえたようなミニバイク「GUNNER50」が日本上陸 思わずキュンと来ちゃうやばいデザイン