ニュース
» 2016年01月14日 19時20分 公開

ミシガン工科大学が「ドローンを捕獲するドローン」を開発

ドローンにはドローンを。

[大場巧揮,ねとらぼ]

 米ミシガン工科大学のロストガー准教授らが、網を使って空中のドローンを追跡し捕獲するシステムの特許を取得したと発表しました。


ドローンを捕獲するドローン ドローンを捕獲するドローン

 Amazonがドローンでの配送を計画するなど、生活を便利にする技術である一方、危険な目的にも使われる可能性があるドローン。実際に日本でも、首相官邸でドローンが発見されるなど、数々の事件が起きています。

 こうした悪意のあるドローンに対抗するために、ロストガー准教授らはドローンを捕獲するドローンの開発を始めました。仕組みは、ドローンを操縦して目的のドローンを追跡し、取り付けられた巨大な網を打ち捕まえるというシンプルなもの。網が絡まったドローンは、脱出はもちろん、ほとんど動けなくなることが確認されています。捕獲後はドローンを吊り下げながら、安全な場所に移動します。

ドローンを捕獲するドローン 開発したドローン(左)と標的のドローン(右)

ミシガン工科大学がドローンを開発 捕獲されたドローン

ミシガン工科大学開発のドローン 地上からの操縦も可能

 日本でも先月、危険なドローンをドローンで捕獲する「無人航空機対処部隊」を警視庁が発表しており、こちらも同じ仕組みとなっています。なお、破壊しないで網で捕獲するのは不審ドローンが危険物を積んでいる可能性があるからです。

 アメリカでは運輸省がドローンの登録を義務化しており(関連記事)、ロストガー准教授は「未登録のドローンを捕獲することで法を順守させることに一役買うのではないか」と話しています。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先週の総合アクセスTOP10

  1. AKB48・大家志津香、人生MAXの65キロに危機感 周囲に迷惑が及ぶ激太りぶりで減量決意「やらなくていい仕事をさせちゃってる」
  2. 初コメダで「量すごいらしいからエビカツパンとビーフシチュー」 → 案の定大変なことになってしまった漫画が様式美
  3. 仲里依紗、息子がスカウトされて大騒ぎ「芸能人なんですけどもね?」 夫・中尾明慶と一緒にスルーされてしまう
  4. 「遺伝ってすごい」「足長っ!」 仲村トオルの“美人娘”ミオがデビュー、両親譲りのスタイルに驚きの声
  5. 山に捨てられていたワンコを保護→2年後…… “すっかり懐いたイッヌ”の表情に「爆笑した」「かっこよすぎ」の声
  6. 「文鳥砲だ!」「躍動感すご」 文鳥が“来るッ…!”決定的瞬間を収めた写真に緊張感が漂っている
  7. 昔から何度も見る悪夢です→「私も見る!」「同じ人がいた」と共感集まる “あるある”かもしれない奇妙な夢の漫画
  8. 「もういいだろう、楽にさせてくれよ」 アントニオ猪木、入院治療中の弱音に叱咤激励の嵐
  9. コクヨが正確な1mmを測れる「本当の定規」全国発売 メモリの境界を“面と面の間”で計測
  10. 高木ゑみさん、35歳で逝去 ステージ4の肺がんで闘病 生前最後の“人工呼吸器も外せた”報告に悲しみの声