ニュース
» 2016年01月27日 09時52分 公開

「世界終末時計」針は進まず、人類滅亡まで“あと3分”のまま

イランと諸大国の協定、パリ協定というプラス要素はあったものの、ネガティブな要素で相殺。

[ねとらぼ]

 人類絶滅までの残り時間を象徴的に表す「世界終末時計」は“終末まであと3分”のまま――米科学誌「Bulletin of the Atomic Scientists」が1月26日(米国時間)に発表しました。

世界終末時計 あと3分(Bulletin of the Atomic ScientistsのFacebookページより)

 世界終末時計は同誌が1947年にスタートしたもので、人類滅亡を0時として、残り時間を象徴的に表しています。核の脅威や気候変動の影響など、人類への脅威が高まると針を進め、脅威が和らぐと針を戻してきました。2015年には針が「あと3分」まで進んでいました。

 同誌は、2015年7月にイランと諸大国が核開発に関する包括的な協定を結んだことや、同年12月のCOP21(国連気候変動枠組条約第21回締約国会議)パリ協定を外向的な成功として評価しつつも、米ロ間の緊張の高まりや世界的な気温の上昇といったネガティブな要素で相殺されたとし、時計の針はそのままとしました。

 1947年のスタート時は終末まであと7分。米ソが水爆実験に成功した1953年に残り2分まで針が進み、その後冷戦が終結した1991年には残り17分まで後退したこともありました。2012年には地球温暖化問題や、イラン・北朝鮮の核開発、福島第一原発事故などの影響で残り5分となり、2015年に地球温暖化対策の遅れや核軍縮の停滞といった理由から残り3分となっていました。

これまでの世界終末時計
世界終末時計 1947年、あと7分
世界終末時計 1953年、あと2分に(このとき最も滅亡に近づいた)
世界終末時計 冷戦終結であと17分(最も滅亡から遠ざかったとき)
世界終末時計 2015年にあと3分に
世界終末時計 2016年、「あと3分」のまま

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先週の総合アクセスTOP10

  1. 誰にもバレずに20年 別荘を解体中にバスルームから“とんでもないモノ”が見つかる 「わけがわからない」と困惑
  2. 「チコちゃん」マナー講師が炎上で、エガちゃんの株が上がってしまう 「エンタメの見本」「エガちゃんはやっぱり偉大」
  3. 「だめだお腹痛い」「大爆笑しました」 榎並大二郎アナ、加藤綾子に贈った“ガチャピン人形”が悲惨な姿になってしまう
  4. ジャガー横田、愛車・BMWが高速手前でエンスト 九死に一生も原因不明の故障に「新車でまだ一年半なのに…」
  5. 「志摩スペイン村」微塵も人がいないのに突如トレンド入り 「にじさんじ」周央サンゴの“正直すぎるレポ”で話題に
  6. 「ゆっくり茶番劇」商標取得者の所属コミュニティーが声明 商標権の完全放棄を要求
  7. キンコン西野、“勝手に出された婚姻届”にまさかの展開 証人欄にはお世話になっている「森田一義って名前が」
  8. 「志摩スペイン村」がトレンド入り→公式ホテルの予約が急増とさらなる展開へ 広報「すごいことが起こっているぞと思った」
  9. 中村江里子、174センチの長女&181センチの中学生長男に驚く声 「足ながっ!!」「モデルになれそう」
  10. 華原朋美、デザイン手掛けた黒ミニドレスを披露 「本当に痩せて綺麗になって」「全てが可愛すぎました」と反響