コッペパンに節分豆をそのままぎっしり 変なパンを売るパン屋「翠玉堂」へ「節分パン」を食べに行った

「おせちパン」「お雑煮パン」「七草粥パン」「ひなあられパン」「鯉パン」「うなぎパン」「クリスマスパン」「おはぎパン」「コロッケの中身パン」「ナムルパン」「かに玉パン」「ポトフパン」「カルボナーラパン」「麻婆豆腐パン」「年越しそばパン」もあります。

» 2016年01月31日 20時30分 公開
[朝井麻由美ねとらぼ]

 埼玉県行田市にあるパン屋「翠玉堂」は何かがおかしい。なんでもかんでもパンに挟んでは新商品を開発し、Twitterに投稿しているのだ。お正月にはおせち料理をパンに挟んだ「おせちパン」を作り、年末には年越しそばをパンに挟んで「年越しそばパン」を作る。季節のイベント時期以外にも、「カルボナーラパン」や「麻婆豆腐パン」といった妙な惣菜パンを定期的に売り出している。


翠玉堂のおせちパン翠玉堂の年越しパン 左が「おせちパン」、右が「年越しそばパン」


翠玉堂のカルボナーラ翠玉堂の豆腐 左が「カルボナーラパン」、右が「麻婆豆腐パン」

 1月末からの数日間は毎年「節分パン」が売り出されるという。節分の豆がパンの間に挟まれている代物だ。2016年の「節分パン」の売り出し開始は1月31日から。1月31日11時の開店を待って、さっそく買いに行ってみた。


翠玉堂翠玉堂


翠玉堂 この貼り紙は定期的に内容が変わるが、特に意味はない。店の前を通りがかった人をモヤッとさせたいから貼っているのだそう

 行田市駅から歩いて5分ほど、瓦屋根の建物が「翠玉堂」だ。店内に入ると、ちょうどお客さん3〜4組が次々と節分パンを買っているところだった。


翠玉堂が混雑 そこそこ混み合っている

 私が買った時点で「節分パン」は残り4つ。10個作ったうち、開店から30分ほどでこれほど売れるのは異例のことだという。


翠玉堂の節分パン 一番下に「節分パン」が


翠玉堂 私が買ったことで残り4つに


翠玉堂は普通のパンもある ちゃんと普通のパンも売っている

 事前に電話で聞いたときも、「開店は11時ですが、売り切れることはないと思うので何時に来ていただいても大丈夫です」と言われていた。だが、決しておいしくはないそうだ。店主はお客さんに、「あの、別にこれ、おいしくはないと思いますよ? 大丈夫ですか?」と言いながら売っている。


翠玉堂で実食 さあ食べよう

 店主がそこまで言うなら、本当においしくないのだろう。あまり期待せずに、買ったばかりの節分パンをかじってみる。


翠玉堂でいただきます いただきます


翠玉堂 ……うん

 ……うん。豆。すごく、豆である。豆、食べてる〜、パン、食べてる〜、という感じだ。それ以上に言いようがない。通常、惣菜パンとは、パンと何か別の食べ物が合わさることでよりおいしさが増すようにできている。挟まれているのが卵なら、味の付いた卵と合わさっておいしい、といった具合に。だが、この節分パンは、豆は豆、パンはパン、と完全に各々が各々の道を突き進んでいる。合わさることで何らかのおいしさが増した気配はゼロ。本当に、どうして挟んでしまったんだろう……。

 店主に聞いてみると、こういったおかしなパンを最初に作ったのは5年前の正月。もともと「翠玉堂」は営業日が毎週木曜〜日曜で、月曜〜水曜は定休日。営業日が少ない代わりに、年末年始も月曜〜水曜でなければ例外なく営業している。お正月からわざわざ買いに来てくれるお客さんのために、せっかくなら正月らしいものを、と作ったのが「おせちパン」だったのだという。


翠玉堂の店主 店主の平川真之さん

 ちなみに、今までに売った創作パンは、冒頭で紹介した「おせちパン」「年越しそばパン」「カルボナーラパン」「麻婆豆腐パン」のほかにも、「お雑煮パン」「七草粥パン」「ひなあられパン」「鯉パン」「うなぎパン」「かに玉パン」「クリスマスパン」「おはぎパン」「コロッケの中身パン」「ナムルパン」「ポトフパン」と多岐にわたる。


翠玉堂のお雑煮パン翠玉堂の七草粥パン 左が「お雑煮パン」、右が「七草粥パン」

 「お客さんからの感想は、案外大丈夫。大丈夫じゃない。悪くはないが良くもない。無理。意味不明。まずい。きれい。とかです」と店主。やはり、ストレートに「おいしい」との感想を抱いた人は今までに一人もいないようだ。さらに店主は続ける。


翠玉堂のひなあられパン翠玉堂の鯉パン 左が「ひなあられパン」、右が「鯉パン」

「皆さんよく買っていかれますよね。ありがたいですけれども、僕、お客さんに『おいしくないと思いますよ?』といつも伝えていますが、本当においしくないと思っているんですよ。大丈夫なんですかね? 僕は絶対食べたくないです。自分で食べたこともないです」

 なんと、店主自身は食べたこともなければ、食べる気もさらさらないという。だが、一番の食べない理由は、おいしくなさそうだから、というわけではない。

「この変わり種の惣菜パン、原価が高くて、味見のために自分で1個食べてしまうと、即赤字になるんですよ。全部売ってトントンの値段設定にしています。値段の問題以外にも、自分の作ったものは自分の味しかしないし、分かりきっているから、という理由もあります。中に挟むものの味は、料理した時点で味見していますし、挟むためのコッペパンの味も分かっているので」


翠玉堂のうなぎパン翠玉堂のかに玉パン 左が「うなぎパン」、右が「かに玉パン」


翠玉堂のクリスマスパン翠玉堂のメガクリスマスパン 左が「クリスマスパン」、右が「メガクリスマスパン」

 なお、1月31日に売り始めた「節分パン」は、開店から約3時間後には完売してしまっていた。「最初の頃は、近所の人に押し売りをしてどうにか売り切っていたのに、Twitterなどを見て知らない人がわざわざいらっしゃっているみたいなんですよね」と店主。

 節分までの間に追加生産するかは不明。話題を呼んでいることはうれしくもあり、同時にプレッシャーにもなっているようだ。

「最初に作り始めた頃は、ほかの食パンなどの普通のパン以外のものを作ることで気分転換になっていたのですが、最近では新作を考えることが難儀になっていて、なんだか本末転倒です……」


翠玉堂のおはぎパン翠玉堂のコロッケ 左が「おはぎパン」、右が「コロッケの中身パン」


翠玉堂のナムルパン翠玉堂のポトフパン 左が「ナムルパン」、右が「ポトフパン」

 次は3月に「ひなあられパン」を作る予定とのこと。「翠玉堂」のおかしなパンは、控えめに言っておいしくない。だがそれがいい。まずいわけでもない。そもそものパンや、その中身自体はおいしいのだから。持ち帰った残りの「節分パン」を豆とパンに分けて、今、食べている私が言うのだから間違いない。

朝井麻由美(@moyomoyomoyo)。フリーライター・編集者・コラムニスト。ジャンルは、女子カルチャー/サブカルチャーなど。ROLa、日刊サイゾー、マイナビ、COLOR、ぐるなび、等コラム連載多数。一人行動が好きすぎて、一人でボートに乗りに行ったり、一人でBBQをしたりする日々。近著に『ひとりっ子の頭ん中』(KADOKAWA中経出版)。構成書籍に『女子校ルール』(中経出版)。ゲーム音楽と人狼とコスプレが好き。


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2406/13/news123.jpg 「最初から最後まで全ての瞬間がアウト」 Mrs. GREEN APPLE、コカ・コーラとのタイアップ曲に物議 「誰かこれを止める人いなかったのか」
  2. /nl/articles/2406/13/news046.jpg 飼い主のことが好きすぎる超大型犬、最後は勢い余って…… 直視できないレベルの一撃に「何回見ても笑っちゃう」「襲われてる人がいます!!」
  3. /nl/articles/2406/13/news014.jpg これは知らなかった! 現役清掃員が教える“タバスコのびんの捨て方” 意外な盲点に「そうだったんだ」「タメになる」
  4. /nl/articles/2406/13/news151.jpg 「全ての瞬間がアウト」と物議 Mrs. GREEN APPLEが“差別的”と炎上のMVを削除&事務所謝罪…… 「深くお詫び」
  5. /nl/articles/2406/12/news050.jpg 「俺溶接うまいからな!」と調子に乗ったら…… “きれいな溶接”が続々集結し、Xが「うまい溶接博覧会」状態に
  6. /nl/articles/2406/12/news126.jpg 185センチ木村沙織、生放送で櫻坂46メンバーの横に立つと……朝8時51分に驚きの光景 「あれ? 子供が混じってる?」「親子すぎる」
  7. /nl/articles/2406/12/news033.jpg 「その手があったか!」 「シャア専用ズゴック」にモデラーが仕込んだ“まさかの仕掛け”に驚きの声
  8. /nl/articles/2406/11/news164.jpg 道路で死にかけていた巨大カメを保護、好物をあげると……? さらされていた危機的状況に「良かった〜!」「危なかった」
  9. /nl/articles/1611/04/news117.jpg 「ヒルナンデス!」で道を教えてくれた男性が「丁(てい)字路」と発言 出演者が笑う一幕にネットで批判続出
  10. /nl/articles/2406/12/news176.jpg 「分かっててこんなに産んだ」にハァ〜? 8児の母・美奈子、弱音許さない“声”にイライラ 愚痴解禁で即号泣「こんだけ育児してきてるはずなのに」
先週の総合アクセスTOP10
  1. 「虎に翼」、共演俳優がプライベートで旅行へ “決別中”の2人に「ドラマではあまり見ることが出来ない全力笑顔」
  2. 「ハードオフには何でもある」 → 4万4000円で売られていた“とんでもないモノ”に「これは草www」「見てるだけでワクワクする」
  3. 釣りから帰宅、持ち帰った謎の“ニュルニュル”を水槽に入れてたら…… いつの間にか誕生した意外な生き物に「すごおー」「どこまで育つかな!?」
  4. 「この家おかしい」と投稿された“家の図面”が111万表示 本当ならばおそろしい“状態”に「パッと見だと気付けない」「なにこれ……」
  5. 「さざれ石に苔のむすまで」何日かかる? 毎日欠かさず水やりし続けてまもなく1年、チャレンジの結果に「わびさび」「継続は力」
  6. 朝ドラとは雰囲気違う! 「虎に翼」留学生演じた俳優、おなかの脇がチラ見えな夏らしいショットに反響「とてもきれい」
  7. フードコートでふざけたパパ、1歳娘に怒られる→8年後の“再現”が1185万再生 笑えるのに涙が出る光景に「大きくなった!」「泣ける」
  8. 1歳妹「ん」だけで19歳兄をこきつかい…… 「あれで分かるにいに凄い」「ツンデレ可愛い」マイペースな妹にほんろうされる姿が280万再生
  9. 「ベランダは不要」の考えを激変させた“神建築”が200万表示 夢のような光景に「こんな家に帰りたい」「うっとり」
  10. 三重県沖であがった“巨大マンボウ”に漁港騒然…… 人間とサイズ比較した驚愕の光景に「でっか!!」「口から何か出てますね」
先月の総合アクセスTOP10
  1. 「今までなんで使わなかったのか」 ワークマンの「アルミ帽子」が暑さ対策に最強だった 「めっちゃ涼しー」
  2. 「現場を知らなすぎ」 政府広報が投稿「令和の給食」写真に批判続出…… 識者が指摘した“学校給食の問題点”
  3. 市役所で手続き中、急に笑い出した職員→何かと思って横を見たら…… 同情せざるを得ない衝撃の光景に「私でも笑ってしまう」「こんなん見たら仕事できない」
  4. 「思わず笑った」 ハードオフに4万4000円で売られていた“まさかのフィギュア”に仰天 「玄関に置いときたい」
  5. 「ごめん母さん。塩20キロ届く」LINEで謝罪 → お母さんからの返信が「最高」「まじで好きw」と話題に
  6. 「二度と酒飲まん」 酔った勢いで通販で購入 → 後日届いた“予想外”の商品に「これ売ってるんだwww」
  7. 幼稚園の「名札」を社会人が大量購入→その理由は…… 斜め上のキュートな活用術に「超ナイスアイデア」「こういうの大好きだ!」
  8. 釣れたキジハタを1年飼ってみると…… 飼い主も驚きの姿に「もはや、魚じゃない」「もう家族やね」と反響
  9. JR東のネット銀行「JRE BANK」、申し込み殺到でメール遅延、初日分の申込受付を終了
  10. サーティワンが“よくばりフェス”の「カップの品切れ」謝罪…… 連日大人気で「予想を大幅に上回る販売」