ニュース
» 2016年02月26日 19時45分 公開

超高画質の日本刀ドキュメンタリー「4K Katana Project」が撮影完了、クラウドファンディングで支援募集中

本物の刀を入手できるコース(920万円)も。

[誠場涼,ねとらぼ]

 日本刀がどのようにして作られるかに密着した超高解像度ドキュメンタリー「4K Katana Project」が、クラウドファンディングサイト「Makuake」で支援者を募っています

4K Katana Project 4K Katana Project

 「4K Katana Project」は、一振作るだけでも1年近くかかる日本刀の制作過程に密着して、職人とその技を深掘りする試み。「4K」と呼ばれる高解像度の機材で撮影していることも特徴です。2015年5月に映像の一部をネットに公開しましたが(関連記事)、先日全ての工程の撮影が終了。密着期間は計1万5000時間(約2年)に及んだそうです。


4K高画質はyoutubeでも画質「2160p」で体験できます。

 今回のクラウドファンディングは制作費の一部を集めることが目的で、目標金額は300万円。リターンとしては、「DVD(4000円)」「Blu-ray(6000円)」「Blu-ray+エンドロールのクレジット(1万円)」などが用意されています。映像には、刀身を作る「積沸かし・火造り・下地研ぎ」、鞘を作る「下地塗り・柄巻き」といった行程が収録される予定です。


刀身制作

4K Katana Project 小割りにした玉鋼をテコに積み上げて炉で熱する「積沸かし(つみわかし)」の行程。折れず曲がらずよく切れる刀とするため、鋼を繰り返し鍛え約3万3000枚の鉄の層を作る

4K Katana Project 鍛えられた鋼を金槌一つで刀の形にする「火造り」。精確にかつ高速なスピードで刀身を完成させる。

4K Katana Project 刀身を研ぎ、刃を付ける「下地研ぎ」。全体を砥石で整えてから磨きの工程に移り、磨き上げられた刀身は鏡のように光を反射する

鞘制作

4K Katana Project 生漆を塗って下地を作る「下地塗り」。完成まで短くても約2カ月かかる作業で、湿度の管理を24時間体制で行っている

4K Katana Project 柄(グリップ部)に革を巻く「柄巻き」。革を巻く柄は戦国時代に多かったらしく、革の下には鮫皮(エイ)が貼られ、革紐のズレ防止や握りやすさを担っている

 このほか、刀匠による脇差し(500万円)、日本刀(920万円)といった超高額なコースも設けられています。

 なお、そもそもは「高解像度ならば“刃文”など細かい部分が美しく見えて面白いかも」という発想から始まった同プロジェクト。刀の美しさを存分に味わえるとあれば、「刀剣乱舞」で刀に興味を持った方も手にとりやすいかもしれません。


密着した刀匠

吉原義人氏(無鑑査)

伊勢神宮の御神刀やメトロポリタン美術館、ボストン美術館に作品が所蔵されている程の、国際的にも知名度の高い刀鍛冶。

吉原義一氏(無鑑査)

36歳という異例中の異例で史上最年少無鑑査になった刀匠。

※無鑑査とは、ある特定の展覧会や団体・同人から、過去の実績を元に「(主催者側の)審査・鑑査なしで出品が可能」と認められること。無鑑査の刀鍛冶は十数人しか存在しない。


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2205/21/news063.jpg 北斗晶、長男結婚で嫁・門倉凛と“親子デート”を満喫 「娘が欲しいと思ってた」と念願叶ってウキウキ
  2. /nl/articles/2205/20/news170.jpg 「だめだお腹痛い」「大爆笑しました」 榎並大二郎アナ、加藤綾子に贈った“ガチャピン人形”が悲惨な姿になってしまう
  3. /nl/articles/2205/20/news183.jpg 博麗神主・ZUNさん「ゆっくり茶番劇」商標登録騒動について見解 「東方」二次創作としての「ゆっくり茶番劇」使用は問題なし
  4. /nl/articles/2205/20/news123.jpg 「ゆっくり茶番劇」商標取得者の所属コミュニティーが声明 商標権の完全放棄を要求
  5. /nl/articles/2205/04/news030.jpg 門倉凛、北斗晶の長男との“初夫婦ショット”が超お似合い 「絵になる」「末永くお幸せに」と祝福の声
  6. /nl/articles/2205/21/news005.jpg おやつを前にした柴犬が「ちっちゃくしてください……」と猛アピール 飼い主に全力で甘える様子がかわいい
  7. /nl/articles/2205/20/news134.jpg 壮大なフリだったのかよ……! ピース綾部、ついに明かした5年間の“渡米の真実”に「最初の計画は失敗です」
  8. /nl/articles/2205/19/news169.jpg 「志摩スペイン村」がトレンド入り→公式ホテルの予約が急増とさらなる展開へ 広報「すごいことが起こっているぞと思った」
  9. /nl/articles/2205/21/news062.jpg 「ゆっくり茶番劇」商標取得の柚葉さん、所属コミュニティーから「無期限の会員資格停止」処分 権利放棄の報告も?
  10. /nl/articles/2205/21/news065.jpg 名画「牛乳を注ぐ女」を3Dモデル化してみたら……? 高度なCG動画が破壊力抜群で牛乳噴きそう

先週の総合アクセスTOP10

  1. 人気動画ジャンル「ゆっくり茶番劇」を第三者が商標登録し年10万円のライセンス契約を求める ZUNさん「法律に詳しい方に確認します」
  2. 華原朋美、“隠し子”巡る夫の虚言癖に怒り「私はだまされて結婚」 家を飛び出した親に2歳息子も「もうパパとはいわなくなりました」
  3. フワちゃん、指原莉乃同乗のクルマで事故 瞬間を伝える動画が「予想の10倍ぶつけてる」「笑い事ではない」と物議
  4. 「ゆっくり茶番劇」商標取得者の代理人が謝罪 「皆様に愛されている商標であることを存じておらず」「爆破予告については直ちに通報致しました」
  5. YOSHIKI、最愛の母が永眠 受けた喪失感の大きさに「まだ心の整理ができず」「涙が枯れるまで泣かせて」
  6. 「ディ、ディープすぎません?」「北斗担、間違いなく命日」 “恋マジ”広瀬アリス&松村北斗、ラストの“濃厚キスシーン”に視聴者あ然
  7. 有吉弘行、上島竜兵さんへ「本当にありがとうございますしかなかった」 涙ながらの追悼に「有吉さんが声を詰まらせるとは」
  8. 岩隈久志、高校卒業式でドレスをまとった長女との2ショットが美男美女すぎた 「恋人みたい」「親子には見えません」
  9. キンコン西野、勝手に婚姻届を出される 「絶対コイツなんすよ」“妻になりかけた女性”の目星も
  10. 子猫のときは白かったのに→「思った3倍柄と色出た」 猫のビフォーアフターに「どっちもかわいい!」の声