「1999年が近づいてきてヤバいと思った」 伝説の漫画「MMR」を作った男たち タナカ・イケダ・トマル隊員インタビュー(後編)(2/4 ページ)

» 2016年03月11日 10時00分 公開
※本記事はアフィリエイトプログラムによる収益を得ています

1999年が近づいてきてヤバいと思った

イケダ ただ「X-ファイル」の事情も、僕らはよく分かるんですよ。やってるうちにだんだんインフレして、そこまで行かざるを得ない。はじめは大学で起きた事件とか小さい話を扱っていたのに「南極にUFO」になっちゃったんでしょうね。

―― その意味で、ブレーキをかけてくれるレジデント・オブ・サンはありがたいですね。

タナカ さすがにネタに詰まったときには「レジデント・オブ・サンのキャラを実際に出そうか」って話も出ましたね。アノニマス(仮面を被ったハッカー集団)みたいな感じで姿を現して、諸君! と呼びかける。でもそれじゃ仮面ライダーの悪の組織だろう、ということで却下になったんです。頭が飽和状態になるとそういう案に流れがちになりますね。

イケダ もう1つやりにくくなったのは、小さい話ができなくなっちゃった。あまりにもノストラダムスが受けちゃったから、地味な話をやると読者にそっぽを向かれてしまう。コンパクトにまとめられないし、飛躍にも限度があるし、その幅の中で作るのが厳しかったです。


MMRタナカ・イケダ・トマル隊員インタビュー ノストラダムスが受けすぎたせいでハードルがあがってしまった側面も

―― 今さらミステリーサークルや金縛りを調べても、読者は満足しないですよね。

イケダ 雪男とかネッシーとか釧路湖のクッシー(恐竜)とかやっても、やはり難しいなと。「そこにクッシーがいるかいないか分からない」で終わると消化不良になっちゃうので。

―― ムー大陸は、あるかないか分からないことがロマンですもんね。

イケダ 本当は、昔話ものをやりたかったんですよ。日本の昔話に実は怖い謎があるとか、「かごめかごめ」の歌に恐ろしい意味が隠されているとか。でも、話を作っても地味になっちゃうんですね。あと財宝伝説をやろうと思ったんですが、ダメでしたね。結局のところ財宝を陰謀によるDNA操作につなげてしまって、ただの宝探しがなかなかできなくて。


MMRタナカ・イケダ・トマル隊員インタビュー 最初はソロモン王の財宝を追っていたはずが……(3巻94、95ページ)

―― 後半はいくつもの理論や仮説を組み立てて、人類滅亡やノストラダムスにパスを繋ぐまでが大変そうでしたよね。

イケダ だから、打ち合わせも長くなっちゃったんですね。もっと地味なことで読者が満足してくれたなら、やりようはあったかもしれませんが。

―― ノストラダムスが人類滅亡を予告しているのが1999年だったので、そこがタイムリミットですよね。連載を続けるうち、どんどん近づいてくるのをどう感じました?

イケダ それはヤバいなと思いました(笑)。黙って時が過ぎるのを待つか、片を付けにいくか、すごい悩んだんですよ。キバヤシさんは「どっちでもいいよ」と話されていたんですが、カウントダウン連載にして、終わる形を選びました。そこでレジデント・オブ・サンを立てながら、最後のあの話にして。MMR解散の報を知った読者からのハガキに励まされて「人間の可能性は無限大なんだ」と前向きに終わる形にしたんです。でも、あのやり方が中途半端ゆえに終わってないって捉え方もできるので、こうして復活しやすかったのかもしれませんね。



予言が当たってしまった狂牛病のプリオン

―― お話を作るうえで、オカルト雑誌の「ムー」などは意識されてました?

タナカ 僕は学生のころ、読んでた時期がありましたね。ただ、漫画作りのときは参考にはしなかった。やっぱり、転載許可を取らなきゃいけなくなりますし。

イケダ 私は読んでました、好きだったので。ただ「MMR」の考え方はオリジナルにこだわりました。

―― やはりお話の原型を作られたのはキバヤシさんだった?

イケダ 私が入ったころは、キバヤシさんとタナカさんがやっていて。作り方としては、フィクションなので最後は大きな仮説を立てる。そこに至るまでになるべく本当のことを並べていくのが、仮説を面白くするコツであると。ただ、話が飛躍する段階では本当のことだけでは無理なので、いくつか小さな仮説を入れていく。その仮説を本物っぽくするために、リアルな情報も混ぜていく感じが多かったですね。

―― さっきの「時々、本物の写真を放り込む」ですよね。

イケダ 「ムー」の話が出ましたが、あっちの世界は昔から確立されていて、オカルト的な論理もある程度できあがってるんですね。それに乗っかると同じような話ができちゃうので、こちらはまったく違った論理を組み立てて行って、あえて違うようにしていましたね。「これこれこういう形で人類が滅亡する」という定石があるなら、もっと違った論理を寄せ集めて滅亡まで持って行ったり(笑)。

―― 詰将棋ですよね。それに「MMR」は最新の学説を取り入れてました。

タナカ 例えば「ネオテニー(幼形成熟)を人工的に起こしてネオ・ヒューマノイドを造り上げる」とか飛躍はするんですが(第8巻)、そこでウイルス進化説をそのまま漫画の中に生かしたんです。すると、学者の方から電話がかかってきまして。怒られるかなと思ったら、「ありがとうございます、私のウイルス進化論を取り上げてくれて」と感謝されましたね。

イケダ 今ではウイルス進化説って有力とされてますけど、昔はあまりメジャーじゃなかったんでしょうね。それを広めたことで、喜んでいただけたと。

―― 予言を連発している「MMR」ですが、実は当たったものもありますよね。

トマル 狂牛病(BSE)のプリオン(DNAを持たないのに感染する、特殊なタンパク質。第8巻)のときもそうでしたね。

イケダ まだ日本で報告例がなくて、イギリスではじめて発見されたぐらいのころでした。

―― 「MMR」のほうが先だったんですね(日本でBSEの疑いがある牛が発見されたのが2001年)。

イケダ 時期的には、狂牛病の原因がプリオンだと断定される前ですよね。「一部の学者がそう分析している」というタイミングで、タナカさんがネタを持ってきて。僕らはプリオンって言葉に熱中して、響きがいいねって。プリオンっていいな、面白いということで使ったら、その後に日本に入ってきたんですね。

―― 「MMR」が日本にプリオンの警鐘を鳴らしていたという。

イケダ それが本当かウソか分からない段階で引っ張ってきた情報がたくさんあるので、中には当たったものがあるんでしょうね。「電磁波で人間のDNAが破壊される」(第9巻)話のときも色々調べていくなかで、(電磁波は)危ない派と大丈夫派がいて、ネタにしてみました。当時、電磁波で医療機械が暴走するって話があって。その後、政府が公式に「医療機器やペースメーカーの近くで携帯電話を使わないように」と発表してました。そういう「少しだけ先を行く」は「MMR」ではすごく大事なんですね。


MMRタナカ・イケダ・トマル隊員インタビュー いち早く「プリオン」の危険性を指摘していたMMR(8巻36ページ)


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2404/15/news019.jpg 4カ月赤ちゃん、おねむのひとり言が止まらず…… 心とけそうなおしゃべりに「とてつもなく可愛すぎる!」「ウルウルした」
  2. /nl/articles/2404/15/news020.jpg 1歳妹が11歳姉に髪を結んでもらうやさしい光景が160万再生 喜ぶ妹のノリノリのリアクションに「可愛すぎて息できない」「ねぇね髪の毛結ぶの上手」
  3. /nl/articles/2404/13/news014.jpg 車検に出した軽トラの荷台に乗っていた生後3日の子猫、保護して育てた3年後…… 驚きの現在に大反響「天使が女神に」「目眩が」
  4. /nl/articles/2404/14/news013.jpg 海岸を歩いていたら「めっちゃ緑のヨコエビがおって草」 作りものと見まごうほどの色合いに「ガチャの景品みたい」と驚きの声
  5. /nl/articles/2404/11/news165.jpg 遊び疲れた子猫を寝かしつけてみた 絵本のような光景に「きゃーあ」「可愛すぎて変な声出た!」
  6. /nl/articles/2404/15/news038.jpg ダイソーの材料を“くっつけるだけ”で作れる、高見え「カフェコーナー」 今流行りのジャパンディな風合いに「天才的に美しい」「まねする!」
  7. /nl/articles/2404/15/news103.jpg 「ケンタッキー」新アプリ、不具合や使いづらさに不満殺到…… 全面的刷新も「酷すぎる」「歴史に名を残すレベル」
  8. /nl/articles/2404/15/news014.jpg 100均大好き起業ママが「考えた人天才すぎる」と思わず興奮 ダイソー&キャンドゥの優秀アイテム5選が参考になりすぎる
  9. /nl/articles/2404/14/news006.jpg 兄が10歳下の妹に無償の愛を注ぎ続けて2年後…… ママも驚きの光景に「尊すぎてコメントが浮かばねぇ」「最高のにいに」
  10. /nl/articles/2404/15/news021.jpg 下っ腹に合わせて購入したGUデニムで50代女性に悲劇→機転を利かせたコーデに称賛!! 「笑って楽しんで60代、70代を迎えたい!」
先週の総合アクセスTOP10
  1. 「歩行も困難…言動もままならず」黒沢年雄、妻・街田リーヌの病状明かす 介護施設入所も「急激に壊れていく…」
  2. 500円玉が1つ入る「桜のケース」が200万件表示越え! 折り紙1枚で作れる簡単さに「オトナも絶対うれしい」「美しい〜!」
  3. 赤ちゃんがママと思ってくっつき爆睡するのはまさかの…… “身代わりの術”にはまる姿に「可愛いが渋滞」「何回見てもいやされる!」
  4. 「虎に翼」、新キャラの俳優に注目が集まる 「綺麗な人だね」「まさか日本のドラマでお目にかかれるとは!」
  5. 日本地図で「東京まで1本で行ける都道府県」に着色 → まさかの2県だけ白いまま!? 「知らなかった」の声
  6. 中森明菜、“3か月ぶりのセルフカバー動画”登場でネット沸騰 笑顔でキメポーズの歌姫復活に「相変わらずオシャレで素敵」「素敵な年齢の重ね方」
  7. 「葬送のフリーレン」ユーベルのコスプレがまるで実写版 「ジト目が完璧」と27万いいねの好評
  8. もう別人じゃん! 「コロチキ」西野、約8カ月のビフォーアフターが「これはすごい」と驚きの声集まる
  9. 娘がクッションを抱きしめていると思ったら…… 秋田犬を心ゆくまで堪能する姿が440万再生「5分だけ代わっていただけますか?」「尊いなぁ…」
  10. 業務スーパーの“高コスパ”人気冷凍商品に「基準値超え添加物」 約1万5000個販売……自主回収を実施
先月の総合アクセスTOP10
  1. フワちゃん、弟の結婚式で卑劣な行為に「席次見て名前覚えたからな」 めでたい場でのひんしゅく行為に「プライベート守ろうよ!」の声
  2. 親が「絶対たぬき」「賭けてもいい」と言い張る動物を、保護して育ててみた結果…… 驚愕の正体が230万表示「こんなん噴くわ!」
  3. 水道検針員から直筆の手紙、驚き確認すると…… メーターボックスで起きた珍事が300万再生「これはびっくり」「生命の逞しさ」
  4. フワちゃん、収録中に見えてはいけない“部位”が映る まさかの露出に「拡大しちゃったじゃん」「またか」の声
  5. スーパーで売れ残っていた半額のカニを水槽に入れてみたら…… 220万再生された涙の結末に「切なくなった」「凄く感動」
  6. 桐朋高等学校、78期卒業生の答辞に賛辞やまず 「只者ではない」「感動のあまり泣いて10回読み直した」
  7. 「これは悲劇」 ヤマザキ“春のパンまつり”シールを集めていたはずなのに…… 途中で気づいたまさかの現実
  8. 「ふざけんな」 宿泊施設に「キャンセル料金を払わなくする方法」が物議 宿泊施設「大目に見てきたが厳格化する」
  9. がん闘病中の見栄晴、20回以上の放射線治療を受け変化が…… 「痛がゆくなって来ました」
  10. 食べ終わったパイナップルの葉を土に植えたら…… 3年半後、目を疑う結果に「もう、ただただ感動です」「ちょっと泣きそう」