ニュース
» 2016年03月11日 07時00分 公開

スマホと連動、世界中のプレイヤーと対戦できるハイテクけん玉「電玉」

大技を決めると振動で相手を妨害できます

[大場巧揮,ねとらぼ]

 家にいながら離れた人と対戦できるハイテクけん玉「電玉」が、クラウドファンディングサイトMakuakeにて資金調達をしています。


動画が取得できませんでした

 日本だけでなくアメリカをはじめ世界で人気を誇るけん玉(関連記事)が、IoT(インターネットオブシングス)技術でへ進化しました。「電玉」はBluetoothでスマートフォンアプリと連携し、世界中のけん玉プレイヤーと遊ぶことができます。


家にいながら離れた人と対戦できるIoTけん玉「電玉」 Makuakeで資金調達

 他のプレイヤーと対戦するモードでは、技を決めると相手のけん玉が振動して妨害するなど、まるでゲームのように楽しめるそう。けん玉の各部分に搭載されたセンサーで技を判別し、さらにLEDや振動モーターも付いているというなんとも未来的なけん玉になっています。他にも、協力プレイやスクリーンを使った対戦モードも用意されています。電玉対戦を大画面で上映し、観客と楽しむという使い方も想定されています。


家にいながら離れた人と対戦できるIoTけん玉「電玉」 大技を決めて相手を妨害


家にいながら離れた人と対戦できるIoTけん玉「電玉」 センサーを搭載

 対戦だけでなく、1人で練習するモードも用意。アプリでステータスを確認しながら練習できます。1人で技術を磨いて対戦を繰り返せば、自然とうまくなっていきそうです。


家にいながら離れた人と対戦できるIoTけん玉「電玉」 ひとりで練習するモードも

 支援する金額に応じてもらえるコースには電玉「早期割引プラス1割引電玉8910円コース」などが用意されています。一般発売では予定価格1万3000円となっています。

 もともとこのアイデアはau未来研究所ハッカソンから生まれたもの。KDDI∞Laboハードウェアプログラム1期に選ばれて開発しています。今後は電玉で遊べるアプリを増やしていく予定です。


家にいながら離れた人と対戦できるIoTけん玉「電玉」 電玉

※画像、動画は参考イメージです。


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 葉月里緒奈、美人な元マネジャーと“再会2ショット” 「共演した俳優さん達は私ではなく彼女を口説いてました」
  2. docomo×進撃の巨人キャンペーンの商品「リヴァイ兵長フィギュア」が悲惨な出来だと話題に → 公式が謝罪「対応方法を検討しております」
  3. 有吉弘行、妻・夏目三久との“イラストショット”を公開 蛭子能収からのプレゼントに「下書きも消さずにうれしい!!」
  4. 「印象が全然違う!」「ほんとに同じ人なの!?」 会社の女性に勧められてヘアカットした男性のビフォーアフター動画に反響
  5. 梅宮アンナ、父・辰夫さんの看板が黒塗りされ悲しみ 敬意感じられない対応に「残酷で、余りにも酷い行為」
  6. 子猫が、生まれたての“人間の妹”と初対面して…… 見守るように寄り添う姿がキュン死するほどかわいい
  7. 工藤静香、バブルの香り漂う33年前の“イケイケショット” ファンからは「娘さんそっくり」「ココちゃん似てる」
  8. 板野友美、エコー写真とそっくりな娘の顔出しショットを公開 ぱっちり目の美形な姿に「こんな美人な赤ちゃん初めて見た」
  9. 後藤晴菜アナ、三竿健斗との2ショット写真で結婚を報告 フジ木村拓也アナ、鷲見玲奈アナからも祝福のコメント
  10. 「とりあえず1000個買います」 水嶋ヒロ、妻・絢香仕様の“白い恋人”に財布の紐が緩みまくる