ニュース
» 2016年03月11日 07時00分 公開

スマホと連動、世界中のプレイヤーと対戦できるハイテクけん玉「電玉」

大技を決めると振動で相手を妨害できます

[大場巧揮,ねとらぼ]

 家にいながら離れた人と対戦できるハイテクけん玉「電玉」が、クラウドファンディングサイトMakuakeにて資金調達をしています。


動画が取得できませんでした

 日本だけでなくアメリカをはじめ世界で人気を誇るけん玉(関連記事)が、IoT(インターネットオブシングス)技術でへ進化しました。「電玉」はBluetoothでスマートフォンアプリと連携し、世界中のけん玉プレイヤーと遊ぶことができます。


家にいながら離れた人と対戦できるIoTけん玉「電玉」 Makuakeで資金調達

 他のプレイヤーと対戦するモードでは、技を決めると相手のけん玉が振動して妨害するなど、まるでゲームのように楽しめるそう。けん玉の各部分に搭載されたセンサーで技を判別し、さらにLEDや振動モーターも付いているというなんとも未来的なけん玉になっています。他にも、協力プレイやスクリーンを使った対戦モードも用意されています。電玉対戦を大画面で上映し、観客と楽しむという使い方も想定されています。


家にいながら離れた人と対戦できるIoTけん玉「電玉」 大技を決めて相手を妨害


家にいながら離れた人と対戦できるIoTけん玉「電玉」 センサーを搭載

 対戦だけでなく、1人で練習するモードも用意。アプリでステータスを確認しながら練習できます。1人で技術を磨いて対戦を繰り返せば、自然とうまくなっていきそうです。


家にいながら離れた人と対戦できるIoTけん玉「電玉」 ひとりで練習するモードも

 支援する金額に応じてもらえるコースには電玉「早期割引プラス1割引電玉8910円コース」などが用意されています。一般発売では予定価格1万3000円となっています。

 もともとこのアイデアはau未来研究所ハッカソンから生まれたもの。KDDI∞Laboハードウェアプログラム1期に選ばれて開発しています。今後は電玉で遊べるアプリを増やしていく予定です。


家にいながら離れた人と対戦できるIoTけん玉「電玉」 電玉

※画像、動画は参考イメージです。


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. Excel上で「ドラクエ3」を再現した勇者に「最大の変態」「控えめに言って天才」と称賛 一体どうやって?
  3. 「降板を言い渡されて……」 小林麻耶、「グッとラック!」でのいじめを“笑顔”で主張 事務所とも突然の契約終了
  4. オンラインクレーンゲーム「トレバ」、景品獲得されそうになると“スタッフが裏操作”していたと発覚 被害者と運営会社を取材
  5. 加藤紗里、カフェ店員の前でパンケーキをたたきつぶす 衝撃動画に「これは笑えない」「何がしたいのか分からない」
  6. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  7. 「落選が内定」と開き直る金爆に「不甲斐ない」とAKB、謝罪する演歌歌手も 紅白出場逃した歌手の嘆き
  8. タイツメーカーのアツギ、「タイツの日」PRイラストで炎上 絵師25人以上とコラボ 「性的搾取」など関連ワードがTwitterトレンド席巻
  9. 「とうとうその日が来た」 AKB48、紅白落選で衝撃 メンバーは“言い訳のできない現実”を受け止める
  10. Koki,&cocomi、若かりし父・木村拓哉とのラブラブショットで48歳バースデーを祝福 「いつまでもカッコイイ父上でいてください」