ニュース
» 2016年03月16日 07時04分 公開

鳥類いっぱいの富士花鳥園、「ふくろうの森」とインコとのふれあいスペースをリニューアル これは鳥さん天国の予感

鳥好きにはたまりませんな。

[今藤祐馬,ねとらぼ]

 富士山のふもとにあるフクロウやインコと一緒にいられるスペースが、リニューアルしてパワーアップしました。できることなら一日中フクロウに見つめられていたい。


富士花鳥園 手乗りコノハズク、かわいい

 今回リニューアルされた「ふくろうの森」と、インコとふれあえる「ロリキートランディング」がある「富士花鳥園」は、フクロウやインコのほかにもペンギンやフラミンゴといった鳥類がいっぱいの観光スポット。1日3回行われるバードショーや、エサをもとめて活発になるペンギンなども魅力の一つです。


富士花鳥園富士花鳥園 バードショーにはフクロウが出演。一緒に写真撮影も可能

 リニューアル後の「ふくろうの森」では、ガラスや網越しではなく、森の中でフクロウと出会ったような体験ができるようになったとのこと。自分の下を通る物を観察する習性があるため、止まり木の下を通ると視線が合う瞬間もありそうです。

 同じくリニューアルされた「ロリキートランディング」はスペースが増設され、現在5種類のインコたちを約10種類に増やして触れあえるようにするそう。フクロウに見つめられるのもいいですが、インコまみれになるのも体験してみたい。

 バードショーや花鳥園にいる鳥類の様子は公式Twitterブログにてチェックできます。でも実際に行ってみたい……! 富士花鳥園へは、車でのアクセスはもちろん、バスでの来園も可能です。

バスでのアクセス

「富士丘入り口」 下車 徒歩約10分

「道の駅朝霧高原」下車 徒歩約10分

車でのアクセス

東名富士インターより   約45分

新東名 新富士インターより 約45分

中央道河口湖インターより 約40分


(今藤祐馬)

関連キーワード

かわいい | ペンギン



Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2104/19/news022.jpg ハムスター「あっ……」 食べているキャベツがどこかに飛んでしまった瞬間の“ぼうぜんとした顔”がいとおしい
  2. /nl/articles/2104/18/news019.jpg 武田真治、世界限定500台の愛車「ダッジチャレンジャー MOPAR10」を初公開 “ゴジラ怪獣”仕様のテールランプに「後ろ姿カッコいい」とご満悦
  3. /nl/articles/2104/18/news032.jpg 納豆に付いてるあの「からし(2g)」がリュックに! ユニークな手作りキッズリュックがニヤけるかわいさ
  4. /nl/articles/2104/19/news016.jpg 「下手ですいません」はNG 自分を安く見せる“自虐”がなぜダメか解説する漫画
  5. /nl/articles/2104/18/news003.jpg ごみ袋から保護された瀕死の子猫たち 新しいおうちで幸せになるまでを描いた漫画が切なくもあたたかい
  6. /nl/articles/2104/17/news044.jpg 夜泣きに悩む母が、赤ちゃんと街をさまよっていると…… 謎の「よなきごや」に救われる漫画があたたかい
  7. /nl/articles/2104/18/news007.jpg 「生後8カ月でこの大きさ!?」「おっきい猫ちゃん最高ですね」 デカモフに成長した子猫のビフォーアフターに称賛集まる
  8. /nl/articles/2104/19/news018.jpg “ぬるま湯”で保守的な職場に嫌気が差して…… 退職を伝えて初めて聞いた“ムカつく上司”の本音、実体験を描いた漫画が話題に
  9. /nl/articles/2104/18/news023.jpg サンシャイン池崎、「エヴァQ」3分解説が空前絶後の分かりやすさ “碇シンジ=小島よしお”の謎設定が天才的
  10. /nl/articles/2104/19/news070.jpg 狂気の動画「海原雄山登場シーンまとめ」(2時間)を『美味しんぼ』公式YouTubeが公開 なんちゅうもんを見せてくれたんや…