ニュース
» 2016年03月19日 13時58分 公開

被災地から88歳おばあちゃんがラッパーデビュー 空襲に震災、波乱万丈の人生をリリックに

「サランラップなら知ってっけど……」米寿でまさかのラップ初挑戦。

[黒木 貴啓,ねとらぼ]

 宮城県仙台市で東日本大震災の復興住宅に住む88歳のおばあちゃんが、新人ラッパーとしてデビューしました。本名は藤沢匠子(たつこ)さん、MC名は「TATSUKO★88」。仙台空襲から現在に至るまでをリリックにつづった1stシングル「俺の人生」をiTunesなど各音楽ストアで配信しています。

 藤沢さんは仮設住宅の暮らしを経て去年から仙台の復興住宅で生活。足しげく通っていた集会所でその波乱万丈な人生を何日にもわたって話し、「な、俺の人生、すごいべ。だから本にでもしようかと思って口にしたら、そんなの誰も読みたくないって言われた」と言ったところ、周囲からラップにしようと提案が。「サランラップなら知ってっけど……」と88歳にしてラッパーに挑戦することになりました。

TATSUKO★88 デビューシングル「俺の人生」

 完成した楽曲「俺の人生」は、「青春時代は戦争だった 月謝払って弾丸つくった」と始まるすさまじいものに。駆け落ちしてまで一緒になった旦那が5年で他界したこと、息子が脳血栓で半身不随になったこと、そして震災など、幾度も訪れる困難を淡々とラップしていきます。壮絶なエピソードを1つ語るたびに口ずさむフレーズ「あれ考えればなんでもない どんなことだって乗り越えていける」。藤沢さんの生命力に奮い立たされます。

TATSUKO★88TATSUKO★88 ヘッドフォンをつけリリックを口ずさむMC・TATSUKO★88

 音楽ストアではオリジナル、Hip-Hopバージョン、80s mixの3曲を配信中。4月下旬にはCDも発売されます。ミュージックビデオの最後、収録を終えて「ここまでやるとは夢にも思わなかった。90にもなって馬鹿みたい(笑)」と頭をかきながら吹き出す藤沢さん。愛嬌にほっこりしつつ、88歳にしてラップへの挑戦を乗り越える姿にまた「何でもできる」というエールをもらいます。

黒木貴啓


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「産んでくれた親に失礼」「ちょっと我慢できません」 上原浩治、容姿批判のコラム記事に不快感あらわ
  2. ホワイトタイガー「あっ、落としてもうた」 うっかり子どもを落とした母と、落ちてゆく子どもの表情がじわじわくる
  3. がん闘病の大島康徳、肝臓に続いて肺への転移を告白 息苦しさに悩まされるも「大して成長してない」
  4. 「目パッチリです」 宮迫博之、最高難度の美容整形を決行 クスリ疑惑もたれたクマやほうれい線の一掃で“別迫”に
  5. 石橋貴明の娘・穂乃香「お父さん大好き」 幼少期キスショット公開し「愛されてますね〜」「ステキな写真!」と反響
  6. 大島康徳、ステージ4のがん闘病でげっそり顔痩せ 相次ぐ通院に「正直かなりしんどかった」
  7. 山に捨てられていたワンコを保護→2年後…… “すっかり懐いたイッヌ”の表情に「爆笑した」「かっこよすぎ」の声
  8. 「ブス、死ね」 りゅうちぇる、心ない言葉への返答が感銘を呼ぶ 「心もイケメン」「りゅうちぇるのおかげで自己肯定感上がった」
  9. 『はらぺこあおむし』の版元、毎日新聞の風刺漫画を批判 「おそらく絵本を読んでいない」
  10. 小林礼奈、4歳娘を連れて夕食中に客とトラブル 痛烈コメント受けて「私たち親子を悪にしたい人がいる」