ニュース
» 2016年04月03日 11時40分 公開

呪符の歴史が学べる展覧会「おふだにねがいを―呪符―」が開催!

歴史学、考古学、民俗学などから多角的にまじないについてを学ぶ真面目な展覧会です

[伊佐治龍/LOCOMO&COMO,ねとらぼ]

 昔から人々が願を掛けてきた「呪符(おふだ)」の展覧会が新潟県立歴史博物館で4月23日から6月5日まで開催される。


画像

 展示は同博物館研究員がこれまで行ってきた、古代の遺跡から出土する呪符木簡や現代のおふだに関する研究成果に基づいているという。展覧会には貴重な“出土品”や“民俗資料”としてのおふだが多数展示されている。そして、祈りやまじない、信仰が、古代から現代まで形を変えながら連綿と続いてきたという展示品の歴史が学べるのが特徴とのこと。

 問い合わせた担当者によると、「例えば、『蘇民将来』というおふだは、家内に災いや伝染病などが入り込まないよう門口に掲示されたもので、なかにはその後、本来の意味が変わって、招福や五穀豊穣の願いが込められた事例もあるんです」とのこと。


画像 おんたけさんのお札「急々如律令蚕守」(個人蔵)

画像 「蘇民将来符」(南魚沼市浦佐・千手院)

 また関連イベントも多く、歴史学・考古学・民俗学など、さまざまな視点から迫るのも魅力の一つとなっている。

 おふだと呪物崇拝や人形(ヒトガタ)に関する講座や、文字文化とまじないに関する講演会、また朝のラジオ「モーニングゲート」(FM PORT)のナビゲーター遠藤麻理さんを迎えて「おふだトーク」など開催される予定だ。


画像 「秘符 弘法大師御作」(個人蔵)

  • 会期:4月23日〜6月5日
  • 時間:9時30分〜17時(観覧券の販売は16時30分まで)
  • 場所:新潟県立歴史博物館 企画展示室
  • 休館日:毎週月曜日(ただし5月2日は開館)
  • 観覧料:一般720円(570円)、高校・大学生500円(400円)、中学生以下無料 ※(  )は20人以上の団体料金

(伊佐治龍/LOCOMO&COMO)


関連キーワード

歴史 | 博物館


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 「彼氏に撮ってもらった」→窓ガラスに写った真実は…? アクロバティックな詐欺写真に「笑った」「器用な彼氏」
  2. 「俺も昔はワルだった」「へぇ〜 今日は当時の被害者を呼んでます」 女子高生がかわいさ全開で鉄槌をくだす漫画「正義のミカたん」
  3. 叶恭子、美女に擬態した『鬼滅の刃』鬼舞辻無惨コス マーベラスな着物姿に「すごい…妖艶すぎる」「完璧」
  4. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  5. 「助かりました」「早速実践します」 小児科医が教える“はがれにくい絆創膏の貼り方”が使えると話題に
  6. ステキな週末のパパ……! 荒ぶる子猫たちに囲まれたパパ猫の“無”の表情に「わかる」「私だ」と共感の声
  7. ClariS、デビュー10周年でメディア初の顔出し ファンからは「やっぱり美人さんやん!」「かわいい〜〜!!!!」
  8. 鮭ってこんなに種類あったのか! サーモン会社が投稿した「鮭の比較」画像が「買い物に便利」と話題
  9. 「貴方ならもっといける」「絶対に神絵師になれる」 応援コメント糧に10カ月で神絵師へと成長した人が話題に
  10. 中村江里子、フォロワー10万超のインスタが消滅 「どうにもならない気持ちでいっぱい」「一体、何の目的で?」