ニュース
» 2016年04月17日 23時00分 公開

アイコンを指差すだけ! 世界中どこでも言葉が通じるTシャツ「iconspeak」登場

Tシャツ・ランゲージの時代。

[Glycine,ねとらぼ]

 日本語はもちろん、英語も通じない国を旅するとき、電子辞書や翻訳アプリが結局役に立たなかった経験はありませんか? そんな「文明の利器」よりもはるかにスマートな、超アナログなコミュニケーション・ツールが登場しました。

 今年2月に生まれたばかりのTシャツブランド「iconspeak」です。


アイコンTシャツ 40点のユニバーサル・アイコン付き(画像はiconspeakのFacebookより)

 きっかけは、3人のスイス人がベトナムの奥地をバイクで旅していたときのこと。1人のバイクが故障し、現地の人々とまったく言葉が通じない状況を打開したのは、紙切れに描くシンボルやアイコンなどの図形でした。この体験から、指さすだけで誰でも理解できるようなアイコンを、常に身につけていられる方法を着想するに至ったのです。


白T 定番のシンプルな白T(画像はiconspeakのWebサイトより)

 Tシャツなら、電源チャージやネット環境に依存することなく、ただ着ているだけで十分。Tシャツに限らず、キャップやバッグなど、身近な小物も活用できます。


赤ノースリーブ 赤いノースリーブもかわいい(画像はiconspeakのWebサイトより)

バッグ バッグやキャップなどの小物も(画像はiconspeakのFacebookより)

 暑い、寒い、食べる、寝る、飛行機に乗る、など、旅に不可欠な最低限の行動や形容詞を、40点のアイコンに凝縮しました。

 これ1枚あれば、アイコンを指さすだけで、ホテルを探したり、料理を注文したり、自転車や車をレンタルしたり、言葉がまったく通じない国でも旅を楽しめます。


とうがらし よく知らない食材も理解できる(画像はiconspeakのFacebookより)

サイクリング 海辺でレンタサイクルも問題なし(画像はiconspeakのFacebookより)

コミュニケーション アナログなのにスマートなコミュニケーション(画像はiconspeakのFacebookより)

 Tシャツ33ドル、バッグ22ドルと値段も手ごろ。日本を含む世界各国から注文可能です。ボディ・ランゲージやジェスチャーも交えながらの「Tシャツ・ランゲージ」で、異国の旅の思い出はいっそう忘れがたいものになりそう。


関連キーワード

Tシャツ | アイコン | 語学


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 嫌がらせ急ブレーキで追突 トラクターの進路を妨害した「あおり運転」ベンツ、ぶつけられたと運転手がブチギレ
  3. 猫「雪なんてへっちゃらニャー!」 雪の中を豪快に突き進む猫ちゃんに「ラッセル車みたい」「ワイルドかわいい」の声
  4. 「Lチキひとつ」 → 買った物をよくみると? コンビニで犯したありがちな間違いを描いた4コマに「あるある」「逆もある」
  5. 柴犬「きゃほほーーい!!」 初めての雪に“喜びが限界突破した”ワンコの駆け回る姿がかわいい
  6. 「ホント太るのって簡単!」「あっという間に70キロ」 内山信二の妻、夫に生活リズムを合わせた“ふとっちょ時代”公開
  7. ルーフから赤色灯がひょっこり 埼玉県警、スバル「WRX S4」覆面パトカー3台を追加導入!? Twitterにアップされた目撃情報が話題に
  8. 益若つばさ、YouTubeで12歳息子と共演 礼儀正しい振る舞いに「教育がちゃんとされてる」
  9. トップの座を奪われ……美大生が天才の編入生を刺し“殺す”漫画に「泣きそう」「同じ経験した」の声
  10. タイからバズーカ砲をかかかえたようなミニバイク「GUNNER50」が日本上陸 思わずキュンと来ちゃうやばいデザイン