ニュース
» 2016年05月14日 12時20分 公開

奈良県に金魚の入った電話ボックスがある! 誕生秘話を聞いてみた

ちゃんと生きている金魚です【追記】

 奈良県大和郡山市「やなぎまち商店街」の一角には、金魚が入った電話ボックスがあるという。それはオブジェではなく、本物の金魚。電話ボックスの形をした水槽に、たくさんの金魚がゆらゆらと泳いでいるのだ。


画像 ウワサの電話ボックス型の金魚水槽

 場所は、ガソリンスタンドの跡地のよう。なぜここに金魚が? それも、電話ボックスの中に? そんな疑問が浮上してくる人も多いだろう。そこでさっそく調べてみると、敷地の奥にガソリンスタンドの事務所だったと見える建物がある。そこには「K COFFEE」の文字。あ、カフェだ。ということは、この水槽はカフェのものなのか? 話を伺ったのは「K COFFEE」オーナー・森和也さん。


画像 奥にあるカフェ「K COFFEE」

 森さんによると、電話ボックスの金魚水槽はカフェのものではなく、商店街に属しているものなんだとか。この元ガソリンスタンド跡地の建物以外の部分は地域の共有の場で、以前ここで地域活性のためのアートイベントが開催された。「電話ボックスの金魚水槽は、その時の展示品です。イベントが終了するころ、ボックスの保管や撤去をイベント担当者が検討していたのを知ったんですね。それで、同じ敷地内でコーヒー屋を開こうとしていた僕が金魚の世話をしてみようと思い、そのまま置いてもらいました」。


画像 水槽の中にはレゴの電話機が!

 これだけの数の金魚の世話をしてみようなんて、なかなか度胸のいること。イベント展示の短期間管理とは違い、通年管理なのだから、かわいい、かわいいとエサをあげてるだけじゃないはずだ。そこで、さらに詳しく話を聞くと、森さんは当時を振り返り話してくれた。「最初はたいへんでしたね(笑)。イベント時はエサも少量だったし、時間も短かったので水も汚れなかったのですが、長く置けば、当たり前ですが日光で水槽の中に藻が発生し、毎日エサをあげれば糞で水が汚れる。だから、掃除。水槽の水を全部変えると、水質が突然変わり金魚が弱ってしまうため、半分だけ水を交換。しかし、すぐに水が濁ってしまってね。掃除をしてもすぐ濁る……の繰り返し。でも今は商店街が購入してくれたろ過器のおかげで、水が安定して透明になっています。濾過器の威力はすごいです。とても助かりました」。


画像 クリアな水槽は金魚も楽しそう

 やはり、生物の世話にはそれなりの苦労はつきものだったようだ。だが、掃除は、どんな風に行うのか? 尋ねたところ、まず金魚屋さんにトロ箱を借り、そこに水と金魚を移して、電話ボックスの中に入る。下に排水溝があるので、風呂掃除の時のようにゴシゴシと豪快に洗浄!

 「洗いにくい箇所では手をひっかけたり、水槽内が臭かったり、冬場は寒かったりと、まぁ、最初のうちは労力を要しましたが、今は慣れました」と笑いながら話す森さん。


画像 まずは水抜き作業


画像 1トン以上の水と金魚がトロ箱に移された


画像 それでは水槽へIN! 上からいきます


画像 よくこすって汚れを除去

 これだけ丹念に清掃しているとは、金魚もさぞかしうれしいはず。その甲斐あって金魚もなつき、エサはあげるときに上のフタを開けると、上の方に寄ってくるとか。


画像 ごはんの時間だよ〜

 そんな電話ボックスの金魚水槽は、赤ちゃんを連れて毎日立ち寄る方などの地元の人々や、ツーリングなどの遠方からの人々にも徐々に人気を博し、やなぎまち商店街の日常に溶け込んでいる。見た人は、「金魚の街、郡山らしい」「電話でけへんのかい」「入れると思っていたわー」「もーきたななってるわ」とさまざまな感想を教えてくれるのだそう。


画像 まるで観光スポット!


画像 さすが元ガソリンスタンド、バイクが似合う

 ところで、「K COFFEE」は、森さんの愛する豆で入れたコーヒーが自慢の店。しかし、森さんはもともとコーヒーを飲まない人だったそうだ。

「たまたま飲んだコーヒーが飲めて、コーヒー教室に行ってみたんです。徐々にコーヒーについて知るようになり、コーヒー単体で甘さがあるコーヒーに興味が湧きました。そこで店では、ほどよい酸味で飲んだ後に甘さが残る、そんなコーヒーが好きで、販売をしています」


画像 アイス/ホットコーヒー 350円

 特に店で焙煎した豆で作った「K COFFEEオリジナルのドリップバック」や、それと豆をセットにした商品は、自分使いにもプレゼントにも最適と喜ばれているそうだ。


画像 地方発送ももちろんOK

 電話ボックスで優雅に泳ぐ金魚を眺めながらコーヒーでホッとくつろぐ、――そんな至福のひとときを送れる場所が、やなぎまち商店街のこの一角。奈良県に行ったら、ぜひ立ち寄りたいスポットである。


画像 金魚とコーヒーで和みタイムを!

(茂木宏美/LOCOMO&COMO)


【追記:2018年4月12日】

 金魚電話ボックスは、福島県の現代美術作家の作品と似ているとの指摘を受け、商店街が撤去する方針を固めた。4月12日現在、金魚電話ボックスの水は抜かれた状態となっている。

【追記:2021年1月14日】

 福島県の現代美術作家の男性が記事の金魚電話ボックスが自作の著作権侵害にあたるとして、奈良県の商店街側に損害賠償を求めた訴訟の控訴審判決で、大阪高裁は1月14日、請求を棄却した一審・奈良地裁判決を変更し、商店街側に55万円の支払いを命じた。作家の逆転勝訴となる。

 商店街側に損害賠償を求めたが奈良地裁は請求を棄却。現代美術作家の男性は大阪高裁に控訴していた。金魚電話ボックスは作家からの抗議を受け2018年に撤去されている。

【追記:2021年8月30日】

 最高裁は8月25日、商店街側による上告を棄却。商店街側のオブジェを著作権侵害と認定し、オブジェの破棄や55万円の支払いを命じた大阪高裁の判決が確定した。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2402/25/news016.jpg 8人目の赤ちゃんが誕生、兄姉たちとの初対面が愛にあふれている 300万再生の光景に「号泣です」「素敵すぎて、尊くて……」
  2. /nl/articles/2402/24/news060.jpg 小泉進次郎、生後3カ月の長女を抱く姿に「貴重なパパの顔」 2023年末には小泉元首相の“幸せじいじ姿”も話題に
  3. /nl/articles/2402/24/news009.jpg かなり危ういほど小さく、獣医師から「育たないかも」と告げられた子猫が豪快に成長し…… 現在の姿に感嘆「あー涙出ちゃう」
  4. /nl/articles/2402/25/news065.jpg 「ほんと愛でしかない」「心から尊敬します」 “6男7女の大家族”うるしやま家のスーパーママ、“15人分のお弁当作り”が神業レベルで称賛の声
  5. /nl/articles/2311/24/news117.jpg 小泉純一郎元首相、進次郎&滝クリの第2子“孫抱っこ”でデレデレ笑顔 幸せじいじ姿に「顔が優しすぎ」「お孫さんにメロメロ」
  6. /nl/articles/2402/24/news017.jpg 雑草で荒れた庭を柴犬のために劇的ビフォーアフター 約2万円で実現した夢の自宅ドッグランが「イイお買い物」と話題に
  7. /nl/articles/2402/25/news014.jpg 母が帰宅したと思って出迎えた猫、ふと顔をあげたら…… 想定外の事態へのリアクションに「いいねを一万個ぐらいあげたい」
  8. /nl/articles/2402/25/news059.jpg 「吉本の給料上がらず」 山田花子、“リアルな台所事情”さらし共感の嵐 割引駆使する“ママの顔”に「親近感」「見切り品も買って偉い」
  9. /nl/articles/2402/24/news007.jpg “幻の錦鯉”を入手→開封して見てみると…… 素人目でも分かる“他の鯉とは明らかに違う”姿に「こんな鯉いるのかよ」
  10. /nl/articles/2402/25/news028.jpg 赤ちゃんの目の前で横になってみたら……? 思わぬ展開に「泣いていい?」「号泣」と780万いいね【海外】
先週の総合アクセスTOP10
  1. 8歳兄が0歳赤ちゃんを寝かしつけ→2年後の現在は…… 尊く涙が出そうな光景に「可愛すぎる兄妹」「本当に優しい」
  2. 犬が同じ場所で2年間、トイレをし続けた結果…… 笑っちゃうほど様変わりした光景が379万表示「そこだけボッ!ってw」
  3. 宿題する8歳娘と、邪魔しつづける猫を1年記録したら…… 490万再生の愛がつまったやりとりに「最強の名コンビ」
  4. 真田広之の俳優息子、母の手塚理美がエール「彼なりに頑張ってる」 両親ゆずりのルックスに「イケメン」「男前」の声
  5. 野生の鯉を稚魚から育て4年後、判明した事実に飼い主「僕は今まで何を…」 激変した姿に「爆笑してしまいました」
  6. 1歳妹を溺愛する18歳兄、しかし妹のひと言に表情が一変「ちがうなぁ!?」 ママも笑っちゃうオチに「かわいいし天才笑」「何度も見ちゃう」
  7. 食用でもらった車エビ、4歳息子に「育てたい」と懇願され…… 水槽で飼育した貴重な記録に「可愛い姿見せてくれてありがとう」
  8. 2歳娘とパパ、愛と平和しかないやりとりに「100億年分のストレスが消滅した」 涙が出るほど幸せな会話に称賛の声
  9. 3歳双子姉妹、17歳お姉ちゃんを修学旅行で見送ったら…… 寂しくて号泣する様子に「もらい泣きです」「愛されてますね」
  10. 1人遊びに夢中な0歳赤ちゃん、ママの視線に気付いた瞬間…… 100点満点のリアクションにキュン「かわいすぎて鼻血出そう!」
先月の総合アクセスTOP10
  1. 「天までとどけ」長女役、芸能界の「負の連鎖」訴え 主演俳優の“お誘い”拒否し「他の演者やスタッフからも無視」「本当の事なんか誰も話さない」
  2. 田代まさし、南部虎弾さん通夜で“一団”に絡まれる騒動へ……にらみ合いの末に「ちょっと来い」「止めろよお前」
  3. 妊娠中の英俳優、授賞式での“金太郎”ドレスが賛否両論 「半裸の妊婦なんて見てられない」「ホットなママ」
  4. 「変わんないもん俺のと」 所ジョージ、ホンダ軽を超速カスタムで高級外車と“まったく同じ”外見に 「朝から楽しいよ」「完璧!」
  5. 「ごめん母さん。塩20キロ届く」LINEで謝罪 → お母さんからの返信が「最高」「まじで好きw」と話題に
  6. 「意識もうろう」「何も食べられない」 すい臓がんステージ4の森永卓郎、痩せた顔出しで“最悪の時期”告白 息子は「『死ぬ』が冗談に聞こえなかった」
  7. 授業参観の度に「かっこいい」と言われた父親が10年後…… 「時間止まってる?」と驚愕の声がやまない父子の姿が870万再生
  8. 65歳マドンナ、ワールドツアー中のダンスが“おばあちゃん”だと視聴者衝撃 「もうやめなよ」「こんなふうに終わりを迎えるなんて」
  9. 人気ブロガー医師が4年の闘病の末に42歳で逝去 夫が伝える「素敵な女性がいたということを皆様の心に残していただければ」
  10. 能登半島地震により海底が“隆起”→すさまじい様子を収めた写真に「自然の脅威を感じる」