「バイオハザード」のリアルすぎるPR画像が中国の人肉輸出を疑う騒動に発展 政府機関が捜査へ乗り出す展開に

「中国がアフリカのスーパーマーケットへ人肉の缶詰を輸出している」というSNS投稿が話題になりましたが、使われていた画像は以前カプコンが「バイオハザード」のPR用に作成した偽の人肉画像でした。

» 2016年05月24日 09時31分 公開
[Ritsuko KawaiAUTOMATON]
AUTOMATON


バイオ人肉 Image Credit: Eurogamer(※モザイク加工は編集部によるもの/クリックでモザイクなし画像になります)

 2012年にカプコンが「バイオハザード」シリーズのプロモーション用に制作した偽の人肉画像が、中国がアフリカのスーパーマーケットへ人肉の缶詰を輸出しているとうわさするSNSの投稿に使用され、メディアや政府を巻き込む大きな騒動に発展している。問題の書き込みは既に削除されているが、一部のタブロイド紙が事実として報じてしまったためにあらぬ疑惑を招いたようだ。事態を重く受け止めた中国政府は公式声明を発表。国営メディアを通じて遺憾の意を表明するとともに、SNSの投稿者やうわさを流布したメディアを痛烈に批判した。同時に、取引先とされた友好国ザンビアも情報元の解明に乗り出している。騒動の背景には、近年同国で悪化する対中感情が、思いもよらない形で煽られたことも考えられる。


人肉コンビーフ疑惑と悪化する対中感情

 事の発端となったのは先日、FacebookにBarbara Akosua Aboagyeという名のユーザーが投稿した人肉を思わせる画像。中国がアフリカのスーパーマーケットに向けて、人肉を使用したコンビーフの缶詰を輸出していると批難する内容だった。投稿は2万6000回以上シェアされ、英タブロイド紙Independentが取り上げたことで一気に世間へ知れわたった。地元メディアMsanzi LiveやDaily Postに至っては、中国の人口過剰により埋葬用の土地が不足している問題を解消するために、人間の肉を輸出しているのではないかという大胆な推測に走った。しかし、実はこの画像、4年前にカプコンがPR目的で用意した偽の人肉を写したものである。

バイオ人肉 発端となった偽の人肉写真 Image Credit: Eurogamer(※モザイク加工は編集部によるもの/クリックでモザイクなし画像になります)

 カプコンは2012年9月、英国・東ロンドンにあるスミスフィールド肉市場にて、「バイオハザード」をテーマにしたアート展「Wesker & Son Resident Evil Human Butchery」を開催した。展示品は全て精肉を加工して人体をかたどったもので、その場で商品として販売された。また、売上金は慈善団体「Limbless Association」(手足を失った人々を支援する英国の組織)へ全額寄付されている。その際に業界メディアEurogamerが掲載したイベント写真が、中国の疑惑を流布するSNSへの投稿に使われたというわけだ。偽の人肉商品があまりに精巧に作られていたことから、写真の出どころを知らない一部メディアが事実確認を怠ってしまったようだ。なお、発端となったFacebookの投稿は既に削除されている。

 これに対し、事態を重く見た駐ザンビア中国大使は現地時間17日、国営メディアXinhuaを通じて声明を発表。「今日、中国人が人肉を使用したコンビーフをアフリカに輸出販売しているとして、地元タブロイド紙がうわさを公に流布している。明らかに悪意に満ちた中傷行為であり、断固として容認できない。このような行為に対して最大限の憤りと非難の意を表明する」とコメントした。また、中国大使館の特命全権公使は、タブロイド紙とうわさの発信元についてザンビア政府の関係機関に捜査を要請。疑惑の解消に乗り出している。本件に関して、ザンビア国防相代理Christopher Mulenga氏は、次のようにコメントしている。「ザンビア政府は両国の友好関係を考慮して本件に遺憾の意を示します。政府関係機関が調査に着手するとともに、包括的な声明を発表いたします」。

 ザンビア共和国は、1964年にイギリスから独立して以降、中国とは友好関係にある。独立後に国際連合に加盟したザンビアは、当時アパルトヘイト政策を理由に国連から経済制裁を受けていた南アフリカとの経済関係を断絶。翌年、独立を宣言したローデシアの封じ込めにも加わったことで、両国に大きく経済依存していたザンビアは大打撃を受けた。世界的な銅の産地として知られるカッパーベルトが産業の中枢を担っていたが、ローデシア鉄道が使用できなくなったことで、内陸国であるザンビアの銅輸出は完全に停止した。その際、ローデシアを経由しない銅輸出を実現するために、タンザニアと並んでタンザン鉄道の建設を援助したのが中国である。しかし、近年、鉱山を買い取った中国人による弾圧や、賃金の未払いを訴えてデモを起こした労働者たちを中国人監督が射殺するなど、ザンビア国民の対中感情は徐々に悪化しているとも言われている。今回の人肉コンビーフ疑惑もまた、両国間に生じる摩擦に端を発しているのかもしれない。


関連記事

関連キーワード

中国 | バイオハザード | カプコン | | SNS


Copyright (C) AUTOMATON. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2404/16/news016.jpg 結婚式で乾杯音頭をとる3歳息子、口癖になるほど練習して…… 大好きなおじのために頑張る姿が580万再生「天才!」「可愛い過ぎて涙出ました」
  2. /nl/articles/2404/15/news025.jpg 悪さばかりする猫に小型カメラを装着→映像を確認してみたら…… 衝撃の光景に「ヤバい最高」「こういうの見たかった」
  3. /nl/articles/2404/16/news014.jpg 築54年団地の狭いキッチン、洗った食器はどこに置く? プチプラ&すっきり片付くアイデアに「私の理想!」「そのセンスが欲しい」
  4. /nl/articles/2404/16/news015.jpg 8歳娘が描いた“志村けん”に「うますぎてびっっっっくり」「間違いなく天才」と絶賛の嵐 才能あふれるペンさばきが128万再生
  5. /nl/articles/2404/16/news006.jpg 元野良猫たちの家の庭に野良猫が現れた→ガラスを隔てた熱い攻防戦が…… それぞれの反応と予想外のオチに爆笑
  6. /nl/articles/2404/15/news081.jpg 【今日の計算】「13+8×2−11」を計算せよ
  7. /nl/articles/2404/15/news156.jpg 豊田章男会長、マクドナルド「ハッピーセット」のおもちゃに大喜び→「天下のトヨタ会長がハッピーセットって」「ほんとお茶目で好き」と話題
  8. /nl/articles/2404/16/news033.jpg 小麦粉を変えてクッキーを作ってみたら…… 5種類の焼き比べが100万表示「こんなに変わるのねぇ〜〜〜」「みんな違ってみんな良い!」
  9. /nl/articles/2404/15/news132.jpg 「仮面ライダーゼロワン」出演俳優、脳梗塞の後遺症続き活動休止 「右半身の麻痺が回復せずこの度の決断に」
  10. /nl/articles/2404/03/news161.jpg 橋爪淳、大河ドラマ出演終了で「大腸に5センチ程のガン」公表 “病院嫌い”だったと明かし「命を繋いで頂きました」
先週の総合アクセスTOP10
  1. 生後2カ月の赤ちゃんにママが話しかけると、次の瞬間かわいすぎる反応が! 「天使」「なんか泣けてきた」と癒やされた人続出
  2. 車検に出した軽トラの荷台に乗っていた生後3日の子猫、保護して育てた3年後…… 驚きの現在に大反響「天使が女神に」「目眩が」
  3. 安達祐実、成人した娘とのレアな2ショット披露 「ママには見えない!」「とても似ててびっくり」と驚きの声
  4. 兄が10歳下の妹に無償の愛を注ぎ続けて2年後…… ママも驚きの光景に「尊すぎてコメントが浮かばねぇ」「最高のにいに」
  5. “これが普通だと思っていた柴犬のお風呂の入れ方が特殊すぎた” 予想外の体勢に「今まで観てきた入浴法で1番かわいい」
  6. 「虎に翼」、新キャラの俳優に注目が集まる 「綺麗な人だね」「まさか日本のドラマでお目にかかれるとは!」
  7. 「葬送のフリーレン」ユーベルのコスプレがまるで実写版 「ジト目が完璧」と27万いいねの好評
  8. お花見でも大活躍する「2杯のドリンクを片手で持つ方法」 目からウロコの裏技に「えぇーーすごーーい」「やってみます!」
  9. 弟から出産祝いをもらったら…… 爆笑の悲劇に「めっちゃおもろ可愛いんだけどw」「笑いこらえるの無理でした」
  10. 3カ月の赤ちゃん、パパに“しーっ”とされた反応が「可愛いぁぁぁぁ」と200万再生 無邪気なお返事としぐさから幸せがあふれ出す
先月の総合アクセスTOP10
  1. フワちゃん、弟の結婚式で卑劣な行為に「席次見て名前覚えたからな」 めでたい場でのひんしゅく行為に「プライベート守ろうよ!」の声
  2. 親が「絶対たぬき」「賭けてもいい」と言い張る動物を、保護して育ててみた結果…… 驚愕の正体が230万表示「こんなん噴くわ!」
  3. 水道検針員から直筆の手紙、驚き確認すると…… メーターボックスで起きた珍事が300万再生「これはびっくり」「生命の逞しさ」
  4. フワちゃん、収録中に見えてはいけない“部位”が映る まさかの露出に「拡大しちゃったじゃん」「またか」の声
  5. スーパーで売れ残っていた半額のカニを水槽に入れてみたら…… 220万再生された涙の結末に「切なくなった」「凄く感動」
  6. 桐朋高等学校、78期卒業生の答辞に賛辞やまず 「只者ではない」「感動のあまり泣いて10回読み直した」
  7. 「これは悲劇」 ヤマザキ“春のパンまつり”シールを集めていたはずなのに…… 途中で気づいたまさかの現実
  8. 「ふざけんな」 宿泊施設に「キャンセル料金を払わなくする方法」が物議 宿泊施設「大目に見てきたが厳格化する」
  9. がん闘病中の見栄晴、20回以上の放射線治療を受け変化が…… 「痛がゆくなって来ました」
  10. 食べ終わったパイナップルの葉を土に植えたら…… 3年半後、目を疑う結果に「もう、ただただ感動です」「ちょっと泣きそう」