ニュース
» 2016年05月24日 09時31分 公開

「バイオハザード」のリアルすぎるPR画像が中国の人肉輸出を疑う騒動に発展 政府機関が捜査へ乗り出す展開に

「中国がアフリカのスーパーマーケットへ人肉の缶詰を輸出している」というSNS投稿が話題になりましたが、使われていた画像は以前カプコンが「バイオハザード」のPR用に作成した偽の人肉画像でした。

[Ritsuko Kawai,AUTOMATON]
AUTOMATON


バイオ人肉 Image Credit: Eurogamer(※モザイク加工は編集部によるもの/クリックでモザイクなし画像になります)

 2012年にカプコンが「バイオハザード」シリーズのプロモーション用に制作した偽の人肉画像が、中国がアフリカのスーパーマーケットへ人肉の缶詰を輸出しているとうわさするSNSの投稿に使用され、メディアや政府を巻き込む大きな騒動に発展している。問題の書き込みは既に削除されているが、一部のタブロイド紙が事実として報じてしまったためにあらぬ疑惑を招いたようだ。事態を重く受け止めた中国政府は公式声明を発表。国営メディアを通じて遺憾の意を表明するとともに、SNSの投稿者やうわさを流布したメディアを痛烈に批判した。同時に、取引先とされた友好国ザンビアも情報元の解明に乗り出している。騒動の背景には、近年同国で悪化する対中感情が、思いもよらない形で煽られたことも考えられる。


人肉コンビーフ疑惑と悪化する対中感情

 事の発端となったのは先日、FacebookにBarbara Akosua Aboagyeという名のユーザーが投稿した人肉を思わせる画像。中国がアフリカのスーパーマーケットに向けて、人肉を使用したコンビーフの缶詰を輸出していると批難する内容だった。投稿は2万6000回以上シェアされ、英タブロイド紙Independentが取り上げたことで一気に世間へ知れわたった。地元メディアMsanzi LiveやDaily Postに至っては、中国の人口過剰により埋葬用の土地が不足している問題を解消するために、人間の肉を輸出しているのではないかという大胆な推測に走った。しかし、実はこの画像、4年前にカプコンがPR目的で用意した偽の人肉を写したものである。

バイオ人肉 発端となった偽の人肉写真 Image Credit: Eurogamer(※モザイク加工は編集部によるもの/クリックでモザイクなし画像になります)

 カプコンは2012年9月、英国・東ロンドンにあるスミスフィールド肉市場にて、「バイオハザード」をテーマにしたアート展「Wesker & Son Resident Evil Human Butchery」を開催した。展示品は全て精肉を加工して人体をかたどったもので、その場で商品として販売された。また、売上金は慈善団体「Limbless Association」(手足を失った人々を支援する英国の組織)へ全額寄付されている。その際に業界メディアEurogamerが掲載したイベント写真が、中国の疑惑を流布するSNSへの投稿に使われたというわけだ。偽の人肉商品があまりに精巧に作られていたことから、写真の出どころを知らない一部メディアが事実確認を怠ってしまったようだ。なお、発端となったFacebookの投稿は既に削除されている。

 これに対し、事態を重く見た駐ザンビア中国大使は現地時間17日、国営メディアXinhuaを通じて声明を発表。「今日、中国人が人肉を使用したコンビーフをアフリカに輸出販売しているとして、地元タブロイド紙がうわさを公に流布している。明らかに悪意に満ちた中傷行為であり、断固として容認できない。このような行為に対して最大限の憤りと非難の意を表明する」とコメントした。また、中国大使館の特命全権公使は、タブロイド紙とうわさの発信元についてザンビア政府の関係機関に捜査を要請。疑惑の解消に乗り出している。本件に関して、ザンビア国防相代理Christopher Mulenga氏は、次のようにコメントしている。「ザンビア政府は両国の友好関係を考慮して本件に遺憾の意を示します。政府関係機関が調査に着手するとともに、包括的な声明を発表いたします」。

 ザンビア共和国は、1964年にイギリスから独立して以降、中国とは友好関係にある。独立後に国際連合に加盟したザンビアは、当時アパルトヘイト政策を理由に国連から経済制裁を受けていた南アフリカとの経済関係を断絶。翌年、独立を宣言したローデシアの封じ込めにも加わったことで、両国に大きく経済依存していたザンビアは大打撃を受けた。世界的な銅の産地として知られるカッパーベルトが産業の中枢を担っていたが、ローデシア鉄道が使用できなくなったことで、内陸国であるザンビアの銅輸出は完全に停止した。その際、ローデシアを経由しない銅輸出を実現するために、タンザニアと並んでタンザン鉄道の建設を援助したのが中国である。しかし、近年、鉱山を買い取った中国人による弾圧や、賃金の未払いを訴えてデモを起こした労働者たちを中国人監督が射殺するなど、ザンビア国民の対中感情は徐々に悪化しているとも言われている。今回の人肉コンビーフ疑惑もまた、両国間に生じる摩擦に端を発しているのかもしれない。


関連記事

関連キーワード

中国 | バイオハザード | カプコン | | SNS


Copyright (C) AUTOMATON. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2206/30/news099.jpg 「ハイヒール」モモコ、27歳・長男と顔出し2ショット 27年前の“お宮参り3ショット”も公開「若かったなー」
  2. /nl/articles/2206/30/news039.jpg パンダ「ヤダヤダ〜」 絶対に部屋に帰りたくないパンダvs.帰って欲しい飼育員のやりとりがコミカルでほほえましい
  3. /nl/articles/2206/30/news025.jpg 柴犬たち、超えてはいけない境界線から飼い主を監視 怒られないギリギリのラインを攻める姿に「一歩出てるのかわいい」
  4. /nl/articles/2206/28/news167.jpg 「こんなに絵が上手いなんて」 中川翔子、1時間で『SPY×FAMILY』アーニャを17体生み出してしまう
  5. /nl/articles/2206/30/news149.jpg 故・神田沙也加さんと交際公表の2.5次元俳優・前山剛久、所属事務所を退所 心身不調で1月から活動休止状態
  6. /nl/articles/2010/08/news157.jpg “イエモン”吉井和哉の息子・吉井添、姉との2ショットに驚きの声 「めちゃくちゃ美形」「イケメン芸能人の遺伝子ってすごい」
  7. /nl/articles/2206/27/news166.jpg 「ラーメン二郎」へ“表敬訪問”したジョージア駐日大使に話を聞いた 「次回は『ニンニク ヤサイ マシマシ、ブタ抜き、アブラ多め』を頼みたい」
  8. /nl/articles/2206/30/news131.jpg アスリート夫婦・増嶋竜也&潮田玲子、ペアコーデでゴルフをエンジョイ ゴルフ仲間の狩野舞子も「オソロ可愛いー」と反応
  9. /nl/articles/2206/24/news167.jpg 耳付きのランチパックが見つかり「得した気分」「運がいい」 “当たり”があるのか山崎製パンに聞いてみた
  10. /nl/articles/2206/28/news102.jpg しまむらに「SPY×FAMILY」グッズがやってきた! アーニャのアクスタからインテリアまで、豊富なラインアップにわくわくっ

先週の総合アクセスTOP10

  1. めちゃくちゃ目立ちそう! 元俳優・成宮寛貴、ほぼ変装なしのディズニーシーに現れた姿がオーラだだ漏れ
  2. 尼崎市が全市民情報流出の会見でUSBのパスワード桁数を言ってしまいネット総ツッコミ 「情報セキュリティの教材か?」「やらかし重ねてるの面白かった」
  3. 1匹の子猫を保護すると……草むらから子猫の群れが! 助けを求める様に寄ってくる姿がいじらしい【米】
  4. 入院中の堀ちえみ、クレーム電話連発する“心ない人物”に苦悩 顔も知らない相手に「人生を阻まれてしまいます」
  5. よそ者には厳しい甲斐犬が、家族と認めた子柴犬を…… 全力で守る姿に「深い愛情に泣ける」「誠実さがかわいい」
  6. パパ、10時間ぶりの帰宅でワンコの感情が…… 大爆発!!→体当たりするゴールデンレトリバーがいとおしい
  7. YOSHIKI、母親の四十九日で生まれ故郷へ 喪服姿で悲しみを吐露「I miss my mother」
  8. 「私はどん底に居ました」 小林麻耶、妹・麻央さんの命日に思い吐露「真実を伝えるしかないと死を考えたことも」
  9. ちょっと窓を閉めただけで、ゴールデンレトリバーの表情が…… この世の終わりのようなお顔が抱きしめたくなる
  10. 柴犬が散歩中、ノラの子猫たちに囲まれて…… 迫力におされて全く進めない姿が応援したくなる

先月の総合アクセスTOP10

  1. 有料スペースに乱入、道具を勝手に持ち出し…… 関電工労組の関係者がキャンプ場でモラルを欠く行為、Twitterでユーザーが被害を投稿
  2. 「皆様のご不満を招く原因だった」栗山千明、“百万石まつり”の撮影禁止騒動を謝罪 観客は「感謝しかありません」
  3. ダルビッシュ有&聖子、14歳息子のピッチングがすでに大物 「球速も相当出てる」「アスリート遺伝子スゴい」
  4. 息子を必死で追いかけてきた子猫を保護→1年後…… 美猫に成長したビフォーアフターに「幸せを運んできましたね」の声
  5. 野口五郎、20歳になったピアニストの娘と乾杯 「娘はカシスソーダ! 僕はハイボール!」
  6. 「めっちゃ恥ずかしい」 平嶋夏海、魅惑の「峰不二子スタイル」で橋本梨菜とお色気ツーリング 「すごいコラボやなぁ」の声
  7. ニコール・キッドマン、ネットで酷評された“54歳の女子高生”スタイルの真相を語る 「何考えてたんだろう?」
  8. 坂口杏里さん、夫の鍛え上げた上腕に抱きつくラブラブ2ショット 「旦那は格闘技もやってるから、ムキムキ」
  9. 大家に「何でもしていい」と言われた結果 → 台所が隠れ家バー風に! DIYでリフォームした部屋の変化に驚きの声
  10. 猫にボールを投げた飼い主さん、“1時間全力謝罪”する事態に!? 顔面直撃した猫の表情に「笑っちゃいました」