ニュース
» 2016年06月09日 14時55分 公開

Google Playに「スーパーマリオブラザーズ」なるド直球のパクリアプリが登場して物議

説明文も別ゲームのコピーという大胆さ。

[たろちん,ねとらぼ]

 Google Playに「スーパーマリオブラザーズ」というタイトルのアプリが登場して物議を醸しています。もちろん任天堂がリリースしたものではなく、全く無関係のパクリアプリと見られるものです。

スマホマリオパクリ 「スーパーマリオブラザーズ」を名乗るアプリ

 アプリのPVに「スーパーマリオブラザーズ3」のBGMが使われていたり、マリオやクリボー風のキャラクターが出てくることから、一見するとスマホゲーム版のマリオが登場したのかと勘違いしてしまいそうな内容。ただし、提供元の名前が「スーパーマリオブラザーズ。」という怪しげなものだったり、不自然なほど大量の「星5」評価ばかりがついていたりと、よく見ると不審な点が多く見られます。

スマホマリオパクリ マリオに酷似したキャラが登場

スマホマリオパクリ 明らかに不自然な「星5」評価の多さ

 また、アプリの説明文ではなぜか主人公の名前が「レップ」というものに。実はこれはスーパーマリオ風の別アプリ「Lep's World 3」の説明文をほぼそのままコピーした内容。しかもこの偽アプリ「スーパーマリオブラザーズ」は、提供元やアイコンを一部変えただけのものがGoogle Playに複数公開されています。

スマホマリオパクリ スーパーマリオオマージュの別ゲームアプリ「Lep's World 3」

スマホマリオパクリスマホマリオパクリ 説明文まで流用しています

スマホマリオパクリスマホマリオパクリ 同様の偽アプリ「スーパーマリオブラザーズ」は現在複数公開されています

 人気タイトルの「スーパーマリオブラザーズ」を堂々とかたったことで多くの人の目に触れることとなっていますが、こうした偽アプリは他にも多くあり、Google Playでも問題視されているもの。中には単なる「パクリ」にとどまらず、マルウェアが仕込まれているような悪質なものもあるため利用にはくれぐれも注意が必要です。

たろちん

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 田中将大、石川佳純ら卓球女子との集合ショットに反響 「夢の共演」「どちらから声を掛けたのか気になる」
  2. 田中将大の五輪オフショット集、最後は柔道・阿部詩との2ショットでシメ! “モテ男”の期待裏切らず「美女好きですね〜」
  3. 「マジで恥ずかしいです」 中川翔子、数年ぶりの“水着披露”に恥じらいつつもマネジャー大絶賛「スタイルめっちゃいいすね!」
  4. 里田まい、楽天ユニフォーム姿の長男に「違う、そうじゃない」 父・田中将大選手そっちのけの推し愛にツッコミの嵐
  5. 野々村真、動画で退院を報告 やつれた姿に衝撃広まる「コロナがより怖くなった」「ガリガリで衝撃を受けたわ」
  6. 「薬を問われ、アル中だと言われ」 西山茉希、“うわさ”ささやかれる痩せ体形に「懸命なもんでご了承願います」
  7. 柴犬「メシ、よこさんかーい!!(激怒)」 ごはんを忘れた飼い主に皿をぶん投げる柴犬、荒ぶる姿に「爆笑した」
  8. レイザーラモンRG、コロナ療養で“10キロ減”を告白 「顔が変わっちゃいました」とやつれた姿で復帰報告
  9. 海外記者「最高のコンビニアイスを発見した」 森永チョコモナカジャンボ、ついに世界に見つかってしまう
  10. 「ついついキレイな部分ばかり載せたくなりますが」 小倉優子が公開したインスタの“現実”に「勝手に親近感が」「共感しかない」