ニュース
» 2016年06月10日 15時00分 公開

黒板アートの巨匠“れなれな” 今度はティム・バートンの世界観を表現

作品完成までを追ったタイムラプス映像も。

[あいひょん,ねとらぼ]

 7月1日より全国公開予定の映画「アリス・イン・ワンダーランド/時間の旅」。これを記念して6月4日から開催されている「アリスと時間のアート展」に同作の黒板アートが出品されています。

「アリス・イン・ワンダーランド/時間の旅」黒板アート 白いチョークと黒板消しだけで描かれたとは思えないほどの華やかさ

アリス・イン・ワンダーランド/時間の旅 「アリス・イン・ワンダーランド/時間の旅」

 同アート展には、作品のテーマである“時間”を題材とした時計アートなどのほか、「アナと雪の女王」の黒板アートで話題となったアーティスト・れなれなさんによる作品「ワンダーランドの追憶」も。巨大な黒板をキャンバスに、同作の世界観や流れていく時間のはかなさが表現されています。

「アリス・イン・ワンダーランド/時間の旅」 れなれな 黒板アート 白いチョークと黒板消しで描かれたとは思えないほどの華やかさ

 「世界観を一番大事にして書いた」と語るれなれなさん。奥行き感や質感に気を付けたと1色で描く作品ならではの苦労を振り返りつつ、「画面の空気感を感じてほしい」とコメントしています。

 この作品の制作は2日間に分けて約15時間掛かったとのこと。その軌跡がみられるタイムラプス映像では、見る見るうちにワンダーランドの世界ができあがっていく圧巻の様子がみられます。

動画が取得できませんでした
「アリス・イン・ワンダーランド/時間の旅」黒板アートタイムラプス映像

 れなれなさんはこのほかにも、完成までに1カ月を要したという横幅14メートルの超巨大「ドラゴンクエスト」黒板アートや(関連記事)、「DARK SOULS III」の黒板アートを完成試遊会のうちに描き上げたりするなど(関連記事)、チョークと黒板消しで表現するアーティストとして精力的に活動しています。

(C) 2016 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved. / Disney.jp/Alice-Time

関連キーワード

芸術 | アーティスト | ディズニー | 映画


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. Excel上で「ドラクエ3」を再現した勇者に「最大の変態」「控えめに言って天才」と称賛 一体どうやって?
  3. 「降板を言い渡されて……」 小林麻耶、「グッとラック!」でのいじめを“笑顔”で主張 事務所とも突然の契約終了
  4. オンラインクレーンゲーム「トレバ」、景品獲得されそうになると“スタッフが裏操作”していたと発覚 被害者と運営会社を取材
  5. 加藤紗里、カフェ店員の前でパンケーキをたたきつぶす 衝撃動画に「これは笑えない」「何がしたいのか分からない」
  6. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  7. 「落選が内定」と開き直る金爆に「不甲斐ない」とAKB、謝罪する演歌歌手も 紅白出場逃した歌手の嘆き
  8. タイツメーカーのアツギ、「タイツの日」PRイラストで炎上 絵師25人以上とコラボ 「性的搾取」など関連ワードがTwitterトレンド席巻
  9. 「とうとうその日が来た」 AKB48、紅白落選で衝撃 メンバーは“言い訳のできない現実”を受け止める
  10. Koki,&cocomi、若かりし父・木村拓哉とのラブラブショットで48歳バースデーを祝福 「いつまでもカッコイイ父上でいてください」