ニュース
» 2016年06月10日 15時00分 公開

黒板アートの巨匠“れなれな” 今度はティム・バートンの世界観を表現

作品完成までを追ったタイムラプス映像も。

[あいひょん,ねとらぼ]

 7月1日より全国公開予定の映画「アリス・イン・ワンダーランド/時間の旅」。これを記念して6月4日から開催されている「アリスと時間のアート展」に同作の黒板アートが出品されています。

「アリス・イン・ワンダーランド/時間の旅」黒板アート 白いチョークと黒板消しだけで描かれたとは思えないほどの華やかさ

アリス・イン・ワンダーランド/時間の旅 「アリス・イン・ワンダーランド/時間の旅」

 同アート展には、作品のテーマである“時間”を題材とした時計アートなどのほか、「アナと雪の女王」の黒板アートで話題となったアーティスト・れなれなさんによる作品「ワンダーランドの追憶」も。巨大な黒板をキャンバスに、同作の世界観や流れていく時間のはかなさが表現されています。

「アリス・イン・ワンダーランド/時間の旅」 れなれな 黒板アート 白いチョークと黒板消しで描かれたとは思えないほどの華やかさ

 「世界観を一番大事にして書いた」と語るれなれなさん。奥行き感や質感に気を付けたと1色で描く作品ならではの苦労を振り返りつつ、「画面の空気感を感じてほしい」とコメントしています。

 この作品の制作は2日間に分けて約15時間掛かったとのこと。その軌跡がみられるタイムラプス映像では、見る見るうちにワンダーランドの世界ができあがっていく圧巻の様子がみられます。

動画が取得できませんでした
「アリス・イン・ワンダーランド/時間の旅」黒板アートタイムラプス映像

 れなれなさんはこのほかにも、完成までに1カ月を要したという横幅14メートルの超巨大「ドラゴンクエスト」黒板アートや(関連記事)、「DARK SOULS III」の黒板アートを完成試遊会のうちに描き上げたりするなど(関連記事)、チョークと黒板消しで表現するアーティストとして精力的に活動しています。

(C) 2016 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved. / Disney.jp/Alice-Time

関連キーワード

芸術 | アーティスト | ディズニー | 映画


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2105/13/news131.jpg 「なんて品の無い番組だろう」 光浦靖子、手作りした作品を笑い飛ばした番組演出にファンから怒りの声
  2. /nl/articles/1607/05/news111.jpg TBS、「行き過ぎた編集」で謝罪 バラエティー番組で出演者の姿を意図的に消すなどしていた問題
  3. /nl/articles/2105/13/news008.jpg 「子猫とは思えない」「前世はゴルゴかな?」 飼い主を起こしに来た子猫の表情が“必殺仕事人”の貫禄
  4. /nl/articles/2105/13/news014.jpg サーバーに魔よけのお札を!? 神頼みのIT企業描くギャグ漫画に「案外ウソでもない」と業界から証言
  5. /nl/articles/2105/12/news162.jpg 「USB 3.0機器はゆっくり差すと2.0、素早く差すと3.0として認識される」って本当? →メーカー「本当です」
  6. /nl/articles/2105/13/news011.jpg 夜にキッチンの窓から見た人影 振り返ってみると恐ろしかった出来事を描いた漫画がゾクッとする
  7. /nl/articles/2104/30/news103.jpg TBS「クレイジージャーニー」“ヤラセ発覚”から1年半ぶりに復活 「めっちゃ嬉しい!」「レギュラー復活を」と喜びの声あがる
  8. /nl/articles/2105/13/news105.jpg 【ぞっとする実話】泥酔したとき友だち面したおじさんに連れていかれそうになるも、介抱してくれた人が放った一言で見事に追い払った
  9. /nl/articles/2105/13/news015.jpg なぜ猫は何年たってもかわいいのか?→“猫に記憶を消されている説” 飽きない理由を描いた漫画に「すげえ納得した」の声
  10. /nl/articles/2105/12/news019.jpg トイレから戻ったら「猫がオンライン会議してた」 真剣な表情で参加するエリート猫ちゃんがかわいい

先週の総合アクセスTOP10