ニュース
» 2016年06月17日 20時32分 公開

Google Earthに伝説の怪物“クラーケン”現る!?

本物だったら全長100メートルはありそう。

[沓澤真二,ねとらぼ]

 GoogleEarthの座標「63° 2'56.73S 60°57'32.38W」に、巨大生物らしきものが写り込んでいることが発覚しました。UFO目撃情報などを掲載するWebサイトUFO SIGHTINGS DIARYが発見したもので、北欧の伝説に残る怪物、クラーケンではないかと指摘しています。


座標 問題の座標(画像はGoogleEarthより)

 クラーケンはノルウェー近海やアイスランド沖に出現したとされる海の怪物。ファンタジー作品にもしばしば登場し、巨大なタコやイカのような姿で描かれています。南米大陸と南極大陸の間に位置する、問題の座標を見ると、確かにイカの胴体のようなものが……。


拡大図 拡大してみると、横向きのイカらしきものが、波を立てて水中から現れているように見える(画像はGoogle Earthより)

全体地図 GoogleMapで見ると、所在地は南極半島の北方

 Google Earthの距離測定機能で測ると、見えている部分だけで約40メートルもあります。クラーケンのモデルとされるダイオウイカの場合、触腕を含めた全長は胴体の2倍以上となることが多いようです。そこから類推すると、この怪物が本物であれば、全長は100メートルにも及ぶことに。概算とはいえ、ちょっとした高層ビルのサイズですね。


計測 測定機能(地図上で右クリックし、「距離を測定」を選択)で測ると、見えている部分は約40メートル。あくまでも地図上の測定であり、大きな誤差が出ることと思われますが、水中に長い触腕が隠れているとも想像できます

 もちろんこの低解像度の画像で、巨大生物の存在を断定できるものではありません。しかしネットでは、古代の水棲は虫類説や水中から発進したUFO説など、さまざまな想像が飛び交っているようです。


(沓澤真二)


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先週の総合アクセスTOP10

  1. 自分のことを“柴犬”だと思っている猫ちゃん!? 犬猫4きょうだいの息ピッタリな「いただきます」がお見事
  2. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  3. 仕事のLINEに「洗濯たたみましたほめてほめて!」 応募総数8000件の「LINE誤爆」最優秀作品が決定
  4. セーラームーンを自分の絵柄で描く「sailormoonredraw」チャレンジ 漫画家やイラストレーターの美麗なイラストが集まる
  5. ありま猛『連ちゃんパパ』がなぜか突然ネットで流行 「スナック菓子感覚で摂取できる地獄」など悪夢のような感想が集まる
  6. 特別定額給付金の郵送申請は「給付対象者」欄を要チェック うっかり給付金を「希望しない」に印をつけていませんか?
  7. 「家出少女を保護して数年」 有吉弘行、HKT48現役時代から投稿してきた指原莉乃との2ショットをまたも更新(2年ぶり4回目)
  8. 母「とりあえず離婚したよ」 ハッシュタグ「あなたに来たとんでもないLINE」に衝撃ツイート続々
  9. 存在しないはずの“むつ小川原コイン”の謎を追う 「陸上自衛隊で購入した」情報提供者が出現、八戸駐屯地を取材
  10. 「とがったツイートは問題視していません」 小湊鐵道公式Twitter担当者なぜ解任? 小湊鐵道に聞いた