ニュース
» 2016年06月20日 17時00分 公開

「生かされている」ことに感謝 新田恵利、脳動脈瘤手術を受けていた

6月15日に手術。その週の日曜日には早速仕事をしたそう。

[西尾泰三,ねとらぼ]

 元おニャン子クラブの新田恵利さんが脳動脈瘤(りゅう)の手術を受けていたことを自身の公式ブログで明かしました。

 新田さんは2013年に放送されたテレビ番組「主治医の見つかる診療所」の企画で初めての人間ドックを体験。そこで、軽度の心臓疾患と脳動脈瘤が発見されていました。

ハート型になっていた新田さんの腫瘍(画像は新田恵利さんのブログより)

 そのときの腫瘍の大きさは3〜4ミリ。新田さんはその後、年に1回経過観察を行ってきましたが、今年の検査で腫瘍が大きくなっていることが分かり、今回の手術へ。ハート型になっている腫瘍の写真を添えて報告しました。事後報告となったことには、「100%安全な手術などありません。なので、やはり『もしも…』を考えて、皆さんにお伝えするのは、退院してからにしました」と説明しています。

 手術は6月15日に行われ、担当医から「難しい手術でした」とされたものの、その週の土曜日に退院、日曜日は仕事をしたことを報告。このことから開頭手術ではないとみられます。ブログの最後では、「『死』というものとの距離が縮まった時、そしてその時が過ぎ去った時、あらためて『生かされている』ことに感謝です」と心境をつづっています。


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2011/29/news029.jpg 漫画版「幼女戦記」作者が職業を隠し漫画教室に通う話が喜劇 先生「あなたはKADOKAWAに向いてそう」
  2. /nl/articles/2011/28/news042.jpg 「ぺりかんになりたい」「キングコブラを飼育してほしい」 無茶ぶり質問にガチ回答する「イングランドの丘」の飼育員さんが話題に
  3. /nl/articles/2011/29/news007.jpg 鍵を閉めずに出かけて帰ってきたらナイフを持った友人が…… 施錠の大事さが分かる漫画に鳥肌が立つ
  4. /nl/articles/2011/28/news034.jpg もし「鬼滅映画キャラが実は全員俳優だったら」を描いた撮影現場漫画にほっこり 「好きな世界観」「優しい世界」と話題に
  5. /nl/articles/2011/29/news005.jpg 「リアル岩合さん」「すごいニャンコがあらわれた!」 ファインダーをのぞく子猫カメラマンに才能があふれている
  6. /nl/articles/2011/28/news003.jpg 「そこにいないはずの弟の呼び声」「体をまたがれる感覚」……怪奇現象に見舞われた漫画家の体験談漫画にぞっとする
  7. /nl/articles/2011/29/news009.jpg 視力を与える代わり、10年後に命をもらう―― 悪魔と契約した盲目の少女、暖かくも切ない結末に涙
  8. /nl/articles/2011/29/news038.jpg 『クッキングパパ』塩盛りサラミを酒で流し込む“内臓破壊飲み”回話題に → 公式が即座に無料公開
  9. /nl/articles/1907/22/news088.jpg 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  10. /nl/articles/2011/29/news002.jpg ゾンビになったおじいちゃん(享年22歳)が孫のためにがんばる 笑えてホロリとくるコメディ漫画がステキ