ニュース
» 2016年07月07日 14時37分 公開

ボトムズ(最低野郎)からスーパースターまでリアルに体験! バンダイナムコのVR施設に新アクティビティ登場

ある世代にはパイルバンカーのごとく突き刺さるコンテンツ。

[沓澤真二,ねとらぼ]

 バンダイナムコエンターテインメントがお台場で営業している、VRエンターテイメント研究施設「VR ZONE Project i can」(関連記事)。7月15日から新アクティビティ「装甲騎兵ボトムズ バトリング野郎」と「マックスボルテージ」が追加されます。

 「バトリング野郎」は、アニメ「装甲騎兵ボトムズ」が題材。作中に登場する代表的な機体、スコープドッグに乗り込み、1対1のバトルを体験できます。シートには操縦桿とフットペダルが各一対装備されており、操作系統も本格的。


ボトムズ 体験料金は電子マネー「バナコイン」で支払い。ボトムズは651バナコイン(700円)

シート スコープドッグのコックピット。ツインレバーとフットペダルを装備

 「マックスボルテージ」では、バンドのボーカルになりきってライブを演じられます。箱形のブースの中に、360度全方位に動けるステージを再現。かけ声や手を振るなどのパフォーマンスをすると、目の前の観衆がテンションアップ。歓声を浴びる快感を味わえます。楽曲には、「リンダ・リンダ」と「夏祭り」を使用。


マックスボルテージ マックスボルテージの体験料金は930バナコイン(1000円)

ブース ステージライトが配されたブースの中でスーパースター気分に

 同施設は、10月中旬までの期間限定オープン。ほかにも高所渡りや高難度のスキーコースなど、5種類のアクティビティが体験できます。完全予約制なので、行きたくなったらまず公式サイトへ。

(C)サンライズ
(C)BANDAI NAMCO Entertainment Inc.

(沓澤真二)


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 嫌がらせ急ブレーキで追突 トラクターの進路を妨害した「あおり運転」ベンツ、ぶつけられたと運転手がブチギレ
  3. 猫「雪なんてへっちゃらニャー!」 雪の中を豪快に突き進む猫ちゃんに「ラッセル車みたい」「ワイルドかわいい」の声
  4. 「Lチキひとつ」 → 買った物をよくみると? コンビニで犯したありがちな間違いを描いた4コマに「あるある」「逆もある」
  5. 柴犬「きゃほほーーい!!」 初めての雪に“喜びが限界突破した”ワンコの駆け回る姿がかわいい
  6. 「ホント太るのって簡単!」「あっという間に70キロ」 内山信二の妻、夫に生活リズムを合わせた“ふとっちょ時代”公開
  7. ルーフから赤色灯がひょっこり 埼玉県警、スバル「WRX S4」覆面パトカー3台を追加導入!? Twitterにアップされた目撃情報が話題に
  8. 益若つばさ、YouTubeで12歳息子と共演 礼儀正しい振る舞いに「教育がちゃんとされてる」
  9. トップの座を奪われ……美大生が天才の編入生を刺し“殺す”漫画に「泣きそう」「同じ経験した」の声
  10. タイからバズーカ砲をかかかえたようなミニバイク「GUNNER50」が日本上陸 思わずキュンと来ちゃうやばいデザイン