ニュース
» 2016年07月07日 14時37分 公開

ボトムズ(最低野郎)からスーパースターまでリアルに体験! バンダイナムコのVR施設に新アクティビティ登場

ある世代にはパイルバンカーのごとく突き刺さるコンテンツ。

[沓澤真二,ねとらぼ]

 バンダイナムコエンターテインメントがお台場で営業している、VRエンターテイメント研究施設「VR ZONE Project i can」(関連記事)。7月15日から新アクティビティ「装甲騎兵ボトムズ バトリング野郎」と「マックスボルテージ」が追加されます。

 「バトリング野郎」は、アニメ「装甲騎兵ボトムズ」が題材。作中に登場する代表的な機体、スコープドッグに乗り込み、1対1のバトルを体験できます。シートには操縦桿とフットペダルが各一対装備されており、操作系統も本格的。


ボトムズ 体験料金は電子マネー「バナコイン」で支払い。ボトムズは651バナコイン(700円)

シート スコープドッグのコックピット。ツインレバーとフットペダルを装備

 「マックスボルテージ」では、バンドのボーカルになりきってライブを演じられます。箱形のブースの中に、360度全方位に動けるステージを再現。かけ声や手を振るなどのパフォーマンスをすると、目の前の観衆がテンションアップ。歓声を浴びる快感を味わえます。楽曲には、「リンダ・リンダ」と「夏祭り」を使用。


マックスボルテージ マックスボルテージの体験料金は930バナコイン(1000円)

ブース ステージライトが配されたブースの中でスーパースター気分に

 同施設は、10月中旬までの期間限定オープン。ほかにも高所渡りや高難度のスキーコースなど、5種類のアクティビティが体験できます。完全予約制なので、行きたくなったらまず公式サイトへ。

(C)サンライズ
(C)BANDAI NAMCO Entertainment Inc.

(沓澤真二)


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 自分のことを“柴犬”だと思っている猫ちゃん!? 犬猫4きょうだいの息ピッタリな「いただきます」がお見事
  3. 圧倒的疾走感ッ! 深田恭子、ドローン撮影のサーフィン動画が「うわぉ カッコいい!」「水を得た魚のよう」と反響
  4. セーラームーンを自分の絵柄で描く「sailormoonredraw」チャレンジ 漫画家やイラストレーターの美麗なイラストが集まる
  5. 印刷した紙がプリンタから次々消失 → 原因を突き止めた動画に爆笑 「紙隠し」「ピタゴラスイッチだ」
  6. 「イチャイチャ感半端ない」 ヒロミ、妻・松本伊代をヘアカットする動画が130万回再生超えの大反響
  7. 「パワポで作った」 離れると意味が分かる岐阜新聞の「Stay Home」広告が話題、制作したのはデザイン経験のない営業社員
  8. 仕事のLINEに「洗濯たたみましたほめてほめて!」 応募総数8000件の「LINE誤爆」最優秀作品が決定
  9. 「私も撮りたい、貸して!」と言われて娘にカメラを渡したら―― 26万いいねを集めた衝撃写真を御覧ください
  10. 「レターパックプラスがボロボロの状態で郵便受けに入ってた」 受領印必須のサービス、明らかな過失でも補償なし? 日本郵便に聞いた