ニュース
» 2016年07月08日 09時00分 公開

南極大陸のアデリーペンギンが2099年までに60パーセント減少の見通し  米デラウェア大学の研究チームが発表

衛星写真技術の向上などにより正確な調査が可能となりました。

[福田瑠千代,ねとらぼ]

  米デラウェア大学の研究チームが、地球温暖化の影響により南極のアデリーペンギンの数が2060年までに約30パーセント減少し、2099年までに約60パーセント減少するとの見通しを発表しました。同研究をまとめた論文が英科学誌ネイチャーのWebサイトに公開されています。


 アデリーペンギンは南極大陸全域に生息していますが、現在特に減少数が顕著なのが南極大陸西部に位置する「南極半島」です。南極半島は現在、地球上で他に類を見ないほど温暖化が進行中。同論文では2099年までにかけて、「アデア岬」をはじめとする温暖化が比較的緩やかな場所がペンギンの減少を抑える「レフュジア(退避地)」として重要な役割を果たすだろうとしています。

 研究に参加した米ストーニーブルック大学のHeather J. Lynch助教授は、過去数十年の間にペンギンの生態研究が進歩を遂げた大きな理由として、衛星写真によってペンギンの生息の有無や、コロニー(生息地)の存在の有無が正確に把握できるようになったことを挙げています。同研究チームはNASAのBiodiversity programから出資を受け、衛星写真に加え、1981年から2010年の海面温度、海氷や岩肌の位置情報を元にした全球気候モデル(流体力学・物理学・生物学などの方程式を用いておおまかな気象現象を再現したモデル)を組み合わせて、将来の南極大陸におけるアデリーペンギンの数を算出しました。

 ペンギンのコロニーは寒冷化が進みすぎた場合にも失われてしまうため、かつて温暖化で氷河が溶けたのはペンギンたちにとってむしろ好都合だったとする説があります。しかし同論文では温暖化がペンギンたちに悪影響を及ぼすまでに進行してしまっていると指摘。論文の筆頭筆者であるMegan Cimino博士は同研究の意義について、「こうした研究に価値があるのは、環境変化に対して生物が最も対応困難な地域に着目しているためです。ここで得られた成果は同環境下にいる他の生物にだけでなく、他の地域の生態系のあり方について考える上でも参考となるのです」としています。

関連キーワード

ペンギン


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先週の総合アクセスTOP10

  1. 誰にもバレずに20年 別荘を解体中にバスルームから“とんでもないモノ”が見つかる 「わけがわからない」と困惑
  2. 「チコちゃん」マナー講師が炎上で、エガちゃんの株が上がってしまう 「エンタメの見本」「エガちゃんはやっぱり偉大」
  3. 「だめだお腹痛い」「大爆笑しました」 榎並大二郎アナ、加藤綾子に贈った“ガチャピン人形”が悲惨な姿になってしまう
  4. ジャガー横田、愛車・BMWが高速手前でエンスト 九死に一生も原因不明の故障に「新車でまだ一年半なのに…」
  5. 「志摩スペイン村」微塵も人がいないのに突如トレンド入り 「にじさんじ」周央サンゴの“正直すぎるレポ”で話題に
  6. キンコン西野、“勝手に出された婚姻届”にまさかの展開 証人欄にはお世話になっている「森田一義って名前が」
  7. 「ゆっくり茶番劇」商標取得者の所属コミュニティーが声明 商標権の完全放棄を要求
  8. 中村江里子、174センチの長女&181センチの中学生長男に驚く声 「足ながっ!!」「モデルになれそう」
  9. 「志摩スペイン村」がトレンド入り→公式ホテルの予約が急増とさらなる展開へ 広報「すごいことが起こっているぞと思った」
  10. 華原朋美、デザイン手掛けた黒ミニドレスを披露 「本当に痩せて綺麗になって」「全てが可愛すぎました」と反響