ニュース
» 2016年07月22日 22時53分 公開

やっぱり超楽しそう! 新感覚サバゲー「アーチェリーハント」が8月14日大阪で開催

弓矢、射ってみたいよね。

[三本樹聖,ねとらぼ]

 6月に東京へ上陸して話題になった欧米で人気の新感覚サバイバルゲーム(関連記事)、「アーチェリーハント」が、8月14日から大阪で開催されます。運営は東京と同じASOBIBAで、「大阪でも体験したい!」という声を受け実現しました。

笑顔になるしかない面白さ

 会場は大阪府八尾市の「XEBIO SPORTS TOWN」にあるノア・フットサルステージ久宝寺。高校生以上から参加でき、動きやすい服装、運動靴さえ準備していけばOK。参加費は前売券3500円、当日券4000円(ともに税込)となっています。

アーチェリーハント 新感覚アクティビティー「アーチェリーハント」が大阪上陸

 アーチェリーハントの基本は、避けて、拾って、撃つ! 「アーチェリー×サバゲー×ドッジボール」を組み合わせた感覚の、新型アクティビティーとなっています。

 2チームに分かれて、中央に置いてある弓を取り合うところからスタート。 飛んでくる矢を避けながら撃ち、矢が当たったらアウトとなりコートの外へ出ます。ゲーム終了時、残っている人数が多いチームの勝利という、ドッジボールに似たルールです。

 1ゲーム5分〜10分程度で、弓を空中でキャッチするか、中央の的を射抜けば味方を復活させられます。落ちてる矢は拾ってよいというのも、面白いルールですね。

 矢は当たっても痛くないよう、先端がスポンジ状の柔らかい素材でできています。ゲーム時は顔を守るためにマスク着用するので、安心して遊べます。

アーチェリーハント 避けて

アーチェリーハント 拾って

アーチェリーハント 狙いを定めて「撃つ」

アーチェリーハント 足に当たっちゃった! でも「痛くない」

 公式サイトでは、「アーチェリーハント」のプレイ動画も公開されています。オーストラリアで生まれ、欧米で火が付き、上陸したばかりの人気新スポーツ。弓を射る新鮮な感覚がとても楽しそうな、スポーツアクティビティーですね。

 問合せ、予約等はASOBIBAのアーチェリーハント公式サイトからできます。

 

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「産んでくれた親に失礼」「ちょっと我慢できません」 上原浩治、容姿批判のコラム記事に不快感あらわ
  2. ホワイトタイガー「あっ、落としてもうた」 うっかり子どもを落とした母と、落ちてゆく子どもの表情がじわじわくる
  3. がん闘病の大島康徳、肝臓に続いて肺への転移を告白 息苦しさに悩まされるも「大して成長してない」
  4. 「目パッチリです」 宮迫博之、最高難度の美容整形を決行 クスリ疑惑もたれたクマやほうれい線の一掃で“別迫”に
  5. 石橋貴明の娘・穂乃香「お父さん大好き」 幼少期キスショット公開し「愛されてますね〜」「ステキな写真!」と反響
  6. 大島康徳、ステージ4のがん闘病でげっそり顔痩せ 相次ぐ通院に「正直かなりしんどかった」
  7. 山に捨てられていたワンコを保護→2年後…… “すっかり懐いたイッヌ”の表情に「爆笑した」「かっこよすぎ」の声
  8. 「ブス、死ね」 りゅうちぇる、心ない言葉への返答が感銘を呼ぶ 「心もイケメン」「りゅうちぇるのおかげで自己肯定感上がった」
  9. 『はらぺこあおむし』の版元、毎日新聞の風刺漫画を批判 「おそらく絵本を読んでいない」
  10. 小林礼奈、4歳娘を連れて夕食中に客とトラブル 痛烈コメント受けて「私たち親子を悪にしたい人がいる」