ニュース
» 2016年07月25日 19時57分 公開

弐瓶勉の傑作SF「BLAME!」、アニメはNetflixの独占配信に

何となくそうなんじゃないかと思ってた。

[西尾泰三,ねとらぼ]

 劇場アニメ化が発表されている弐瓶勉さんのSFアクション漫画「BLAME! 端末遺構都市」が、ストリーミング配信大手のNetflixの独占配信となることが発表されました。同作と「シドニアの騎士」の両作品はHDR(ハイダイナミックレンジ)で配信されることも明かされています。

「BLAME!」第1弾キービジュアル 「BLAME!」第1弾キービジュアル (C)弐瓶勉・講談社/東亜重工動画制作局

 同作は弐瓶さんの初連載作品で、1997年〜2003年に「月刊アフタヌーン」(講談社刊)で連載。人類が「違法居住者」として駆除・抹殺される暗黒の未来を舞台に、無限に増殖を続ける超巨大な「階層都市」を行く探索者・霧亥(キリイ)の孤独で危険な旅路の物語です。

 弐瓶さん原作のSFアニメシリーズ「シドニアの騎士」と同じく、弐瓶勉×瀬下寛之監督×ポリゴン・ピクチュアズのタッグで製作される同作。瀬下監督はNetflixで配信中のサスペンスアニメ作品「亜人」でも総監督を務めています。

「BLAME! 端末遺構都市」ティーザーサイト 「BLAME! 端末遺構都市」ティーザーサイト

 Netflixでの独占配信決定に、ポリゴン・ピクチュアズの塩田周三代表取締役社長は、「待望の『BLAME!』映画化作品が、Netflixで独占配信されることを非常に喜んでいます」とコメント。「映像の一部を観ましたが、大変革新的な作品に仕上がっており、特にHDRで見ると際立って素晴らしいです。全世界のファンが本作を体験する日を心待ちにしています!」とコメントしています。


関連キーワード

Netflix | アニメ | 独占提供 | 講談社 | SF | アニメ化 | 漫画 | HDR


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2007/05/news018.jpg ひぇ……! 橋がポッキリ折れる インドで重機を積んだトラックが巻き込まれた崩落事故の映像がこわい
  2. /nl/articles/2007/05/news023.jpg 「玄米2合はやべえ」 つけもの、汁物、手前みそ、塩、玄米2合――社会学博士が作った「江戸時代のごはん」がとんでもない破壊力
  3. /nl/articles/1808/22/news101.jpg 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  4. /nl/articles/2007/05/news026.jpg 「ダメだ、どんどん不気味なものが出来ていく」 こしあんを注射器で注入したら閲覧注意な水まんじゅう誕生
  5. /nl/articles/2007/04/news037.jpg 「寝かしつけあるある」「再現度高すぎて笑う」 エヴァ初号機がシルバニアの赤ん坊を寝かしつけるコマ撮りアニメがリアル
  6. /nl/articles/2003/29/news017.jpg 2台のクルマが事故……と思いきや トヨタ製ピックアップトラックが起こした事故がえげつない 米コロラド
  7. /nl/articles/2007/05/news010.jpg 「姉が小説をpixivに上げてる」 従姉妹からの相談に笑うことしかできなかった実録漫画に「血は争えない」
  8. /nl/articles/2007/05/news027.jpg 帰宅してお父さんがいるのを見た女の子は……? 娘さんに仕掛けたドッキリのリアクションが最高にかわいい
  9. /nl/articles/2007/03/news009.jpg 彼女にフラれては飼い猫に泣きつく男子 ラブコメ漫画と思いきや……思わぬ展開にゾクッ
  10. /nl/articles/2007/04/news023.jpg 「俺はガンダムで行く!」で公式アカウントたちがガンダムで行き過ぎた 「レディ・プレイヤー1」の地上波放送に合わせて歴代ガンダムが参戦