ニュース
» 2016年08月05日 21時30分 公開

ポケモンGO「第三者のサーバアクセスで中南米に配信が遅れた」 不正ユーザーのBANも示唆

「ポケモンGO」の中南米への配信が遅れた理由を米ナイアンティック社が発表。

[黒木 貴啓,ねとらぼ]

 米ナイアンティック社は8月4日(現地時間)、開発している「ポケモンGO」の配信が中南米地域に遅れたのは、第三者からさまざまな方法でサーバにアクセスされたからだったと発表しました。

ポケモンGO 米ナイアンティック社の発表文

 同社はCEOのジョン・ハンケ氏が7月30日に、「POKEVISION」をはじめとする第三者のポケモン探索ツールが ポケモンGOのデータをシステムから取得しており規約違反だと明言(関連記事)。将来的にはツールが動作しなくなることを示唆していました。

 今回の発表によると、ポケモンGOは世界規模で運営し続けるのはただでさえ難しいことにも関わらず、第三者のサイトやアプリがサーバにアクセスしていたことで、サーバリソースが多く消費されてしまっていたとのこと。8月3日13時ごろにアクセスをブロックすることでサーバリソースが開放されたことをグラフで示しながら、これによって中南米への配信が進められるようになったそうです。

ポケモンGO アクセスをブロックすることでサーバリソースの消費量の低下したことを示すグラフ

 同社は「データを盗み取るためにサーバにアクセスしていたツールには価値は何もない」とアクセス側を非難。ポケモンGOのシステムに侵入してソーシャルメディアをのっとり、サービスダウンさせるといったあからさまなハッカーがいたことも取り上げ、「我々はこれらの企てが止まるとは思っていない。けれども、どうして我々がこのような手段をとったか、なぜゲームを安定かつ完全な状態にし続けるようこのような手段をとり続けるのか、強く理解して欲しい」と訴えました。

 またジョン・ハンケ氏は同日にTwitterで、一般ユーザーからの「ジョン、お願いだから、偽装GPSを使ってブラジルですごく強いポケモンを捕まえている不公平なアカウントを凍結してくれよ」という語りかけに対して、「That's coming. (そろそろだよ)」と返答。ポケモンGOでは位置情報を偽装して、実際にその場にいないのにゲーム内ではその場にいるよう不正行為を働くユーザーがいるのですが、彼らはゲームをプレイできなくなるかもしれません。

黒木貴啓


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2105/13/news131.jpg 「なんて品の無い番組だろう」 光浦靖子、手作りした作品を笑い飛ばした番組演出にファンから怒りの声
  2. /nl/articles/1607/05/news111.jpg TBS、「行き過ぎた編集」で謝罪 バラエティー番組で出演者の姿を意図的に消すなどしていた問題
  3. /nl/articles/2105/13/news008.jpg 「子猫とは思えない」「前世はゴルゴかな?」 飼い主を起こしに来た子猫の表情が“必殺仕事人”の貫禄
  4. /nl/articles/2105/13/news014.jpg サーバーに魔よけのお札を!? 神頼みのIT企業描くギャグ漫画に「案外ウソでもない」と業界から証言
  5. /nl/articles/2105/12/news162.jpg 「USB 3.0機器はゆっくり差すと2.0、素早く差すと3.0として認識される」って本当? →メーカー「本当です」
  6. /nl/articles/2105/13/news011.jpg 夜にキッチンの窓から見た人影 振り返ってみると恐ろしかった出来事を描いた漫画がゾクッとする
  7. /nl/articles/2104/30/news103.jpg TBS「クレイジージャーニー」“ヤラセ発覚”から1年半ぶりに復活 「めっちゃ嬉しい!」「レギュラー復活を」と喜びの声あがる
  8. /nl/articles/2105/13/news105.jpg 【ぞっとする実話】泥酔したとき友だち面したおじさんに連れていかれそうになるも、介抱してくれた人が放った一言で見事に追い払った
  9. /nl/articles/2105/13/news015.jpg なぜ猫は何年たってもかわいいのか?→“猫に記憶を消されている説” 飽きない理由を描いた漫画に「すげえ納得した」の声
  10. /nl/articles/2105/12/news019.jpg トイレから戻ったら「猫がオンライン会議してた」 真剣な表情で参加するエリート猫ちゃんがかわいい

先週の総合アクセスTOP10