ニュース
» 2016年08月05日 21時30分 公開

ポケモンGO「第三者のサーバアクセスで中南米に配信が遅れた」 不正ユーザーのBANも示唆

「ポケモンGO」の中南米への配信が遅れた理由を米ナイアンティック社が発表。

[黒木 貴啓,ねとらぼ]

 米ナイアンティック社は8月4日(現地時間)、開発している「ポケモンGO」の配信が中南米地域に遅れたのは、第三者からさまざまな方法でサーバにアクセスされたからだったと発表しました。

ポケモンGO 米ナイアンティック社の発表文

 同社はCEOのジョン・ハンケ氏が7月30日に、「POKEVISION」をはじめとする第三者のポケモン探索ツールが ポケモンGOのデータをシステムから取得しており規約違反だと明言(関連記事)。将来的にはツールが動作しなくなることを示唆していました。

 今回の発表によると、ポケモンGOは世界規模で運営し続けるのはただでさえ難しいことにも関わらず、第三者のサイトやアプリがサーバにアクセスしていたことで、サーバリソースが多く消費されてしまっていたとのこと。8月3日13時ごろにアクセスをブロックすることでサーバリソースが開放されたことをグラフで示しながら、これによって中南米への配信が進められるようになったそうです。

ポケモンGO アクセスをブロックすることでサーバリソースの消費量の低下したことを示すグラフ

 同社は「データを盗み取るためにサーバにアクセスしていたツールには価値は何もない」とアクセス側を非難。ポケモンGOのシステムに侵入してソーシャルメディアをのっとり、サービスダウンさせるといったあからさまなハッカーがいたことも取り上げ、「我々はこれらの企てが止まるとは思っていない。けれども、どうして我々がこのような手段をとったか、なぜゲームを安定かつ完全な状態にし続けるようこのような手段をとり続けるのか、強く理解して欲しい」と訴えました。

 またジョン・ハンケ氏は同日にTwitterで、一般ユーザーからの「ジョン、お願いだから、偽装GPSを使ってブラジルですごく強いポケモンを捕まえている不公平なアカウントを凍結してくれよ」という語りかけに対して、「That's coming. (そろそろだよ)」と返答。ポケモンGOでは位置情報を偽装して、実際にその場にいないのにゲーム内ではその場にいるよう不正行為を働くユーザーがいるのですが、彼らはゲームをプレイできなくなるかもしれません。

黒木貴啓


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2008/04/news130.jpg レディー・ガガ、渡辺直美の「Rain On Me」パロディーMVを絶賛 早くも“1000万回再生”に迫る勢いに
  2. /nl/articles/1808/22/news101.jpg 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  3. /nl/articles/2008/03/news017.jpg 母犬「私の赤ちゃんを助けて……」 真冬の排水管で暮らすワンコ親子を保護→元気に成長した姿に涙があふれる
  4. /nl/articles/1809/03/news057.jpg 「稟議=りんぎ」「消耗=しょうもう」ではない? 現代人には分からない“漢字の本来の読み方”
  5. /nl/articles/2008/04/news071.jpg 「何で顔を隠すの?」 安藤美姫、娘とテレビ初共演 “顔出し”解禁は娘の一言が転機に
  6. /nl/articles/2008/03/news094.jpg 「子どものため」って何だろう? 手作りの食事にこだわりすぎてうつ病になったお母さんが、「ポテサラ事件」に思うこと
  7. /nl/articles/2008/03/news020.jpg ブロックたたき骨折、謎キノコ食べて下痢 無謀過ぎる男を描いた4コマ「マリオになりたかった男」ラストで感動が押し寄せる
  8. /nl/articles/2008/03/news109.jpg 「半沢直樹」大和田、再び“土下座”なるか? 伊佐山と裏で結託するも……怒濤の展開にネット考察盛り上がる
  9. /nl/articles/2008/03/news064.jpg LINEヘルスケア、悩む人に「死ぬのが正解」「低レベル」「ガキンチョ」と言い放ち炎上 登録医師の「利用規約違反」があったと謝罪
  10. /nl/articles/1906/06/news080.jpg 「顔はお父さん、全体はお母さんの遺伝子が」 仲村トオルの娘・ミオが初グラビア、“176センチ”の抜群なスタイル披露